NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売 2年が過ぎた炭酸飲料10円などアルファルファモザイク
痛いニュース(ノ∀`)「捨てるのモッタイナイ」 賞味期限切れ品(2年過ぎ等)、スーパーで格安販売中 …東京・亀戸
捨てるのモッタイナイ!賞味期限切れ品、スーパーで格安販売(読売新聞) - Yahoo!ニュース
21cc1f8d.jpg

 賞味期限が切れて2年が過ぎた炭酸飲料が10円、1年過ぎたチューブ入り調味料は38円--。東京都江東区の食品スーパーが、「モッタイナイ商品」と称して賞味期限切れの格安商品を専用コーナーに陳列している。

 保健所から指導を受けても、「まだ食べられるものを捨てる方がおかしい。今の日本人は無駄をしすぎ」と撤去を拒否。「期限切れ」と明示しているので、日本農林規格(JAS)法違反には問えないという。

 この店は同区亀戸の「サンケイスーパー」。経営者の水野二三雄さん(76)によると、賞味期限切れの商品専用のコーナーは4、5年前、店舗の2階奥に設置した。

 1畳ほどのスペースには、ケニアの女性環境活動家でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんの名前と共に「平和賞バンザイ モッタイナイ商品棚」と記された看板が掲げられる。「期限切れ品」「試飲済みです。風味OK」と添え書きもある。

 置かれているのは2006年11月が賞味期限の紅茶パックや炭酸飲料など。半年~1年以上経過したジュース類や缶詰、生産が終了した商品も。大半は100円未満で売られ、06年10月が期限のどくだみ茶は98円だった。

 ◆食品廃棄は「犯罪に等しい」、保健所は弱り顔◆

 水野さんによれば、いずれも正規に仕入れたが、売れ残ってしまった商品。本人が味見もし、品質に問題がないことを確認しているという。水野さんは、「戦時中は落ちているものも食べた。今の日本人はまだ食べられる食品を大量に廃棄しているが、犯罪に等しい行為」と話す。

 だが、各メーカーは取材に対し、「ブランドイメージに傷がつく」と困惑している。

 厚生労働省や農林水産省によると、細菌類の検出や健康被害がなければ食品衛生法には触れず、賞味期限を偽装していなければJAS法上も問題ないという。

 区保健所は度々、文書や口頭で撤去を指導してきたが、店側は従わなかった。同保健所は「品質がすぐ落ちるわけではないが、2年オーバーは想定外。商売人としてのモラルに訴えるしかない」と弱り顔だ。

 激安スーパーで知られる同店は地元では人気で、「数日ならまだしも、2年とは……」と驚く女性客(57)も、「安いから文句は言えない」と苦笑い。常連客という別の女性(56)は「買う側の責任で判断すればいい。食べる物にも困っている人なら背に腹は代えられないと思う」と話していた。


これって結構難しい話ですよね。


肯定的に言えば…
賞味期限が切れたからと言ってすぐに食べられなくなる訳ではありません。
店は表示を偽っている訳でもなく、そういった商品を安く提供してくれています。
買う側がそれを理解し自己責任で購入し食すのならば確かに問題無いです。


否定的に言えば…
賞味期限からあまりにも長く経過した商品の劣化は在庫時の温度や直射日光の有無、さらには商品一つ一つの個体差、目に見えないパッケージの破損など、一概には言えないような状態になっています。
健康を害するものも含まれる可能性もあります。
この商品が原因で健康被害が発生した場合に購入者の自己責任であると納得してくれているならば良いのですが、昨今の論調ではどこまでそれが通用するのか…

製造メーカーからすれば、風味の劣化した商品を販売される事は迷惑でしかないでしょう。
その上、頭のおかしい極左消費者団体やプロ市民にでも叩かれて訴訟でもされたら涙目です。

消費者団体は当然『監督責任』を叫び、行政側の放置を問題にするでしょうね。
『賞味期限商品を売っても表示していれば合法』という明確な判断が定着していない状態のままの販売はハゲタカ連中の格好のターゲットになるでしょう。

難しいっス。


まあ私の家の近所でもこういう商売をやってくれるスーパーが存在したならば、私はガンガン利用するでしょう。当然自己責任で物を選びます。
トラブルが起きても、間違っても訴訟なんかしませんし。
アメリカにはこういった商品を扱う専門の安売り店が存在していると報道で見たことがあり、羨ましく思ったものです。

ウチの近所にも出来ないかな?

( ^ω^)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/12/06(土) 22:29 | URL[ 編集]
    賞味期限と消費期限の違いを調べもしないでメーカーを叩く似非消費者団体は消えて欲しい。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/980-7eea882f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。