NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キリンちゃんねる 医師「毒キノコ食べた?」「食べるわけないじゃないこのやぶ医者!」→キノコ食中毒で女性死亡→県を提訴
久慈病院訴訟:毒キノコ中毒死 「医師に過失なし」 遺族の請求棄却--判決 /岩手 - 毎日jp(毎日新聞)
735-25.jpg

 05年10月に毒キノコを食べて中毒死した洋野町の女性(当時67歳)の夫(72)ら遺族4人が「医師が適切な治療を怠ったのが死亡原因」として、県立久慈病院を管理する県に慰謝料など約4630万円の賠償を求めた訴訟の判決で、盛岡地裁は28日、遺族の請求を棄却した。田中寿生裁判長は「原告の主張に理由はなく、医師の診断や治療に過失はない」とした。

 判決によると、女性は採取したドクツルタケをツルタケと思って食事。その後嘔吐(おうと)などをしたため同病院で受診したが、容体が悪化して転院先の病院で死亡した。田中裁判長は、医師は初診で食あたりと診断したが、カルテにドクツルタケの摂取を疑う記述をしており、措置に不自然な点はない▽ドクツルタケの写真を見せて否定されたことなどから、確実に毒キノコを食べたと認識できず、それを前提に過失があるとはいえない--などとし、医師らに過失はないと判断した。


家族を失った遺族の悲しみは相当なものでしょう。ご冥福をお祈りします。
しかしなぜこれで遺族は医師を訴えてお金を取ろうと思ったのかが不思議ですね。
弁護士がそそのかしたのでしょうか?それともまたマスコミが煽ったのでしょうか?

当時の記事を探してみると…
損賠訴訟:久慈病院で「中毒見逃し妻死亡」 遺族が県を提訴 /岩手 毎日新聞
気になる記事・保存庫 - いのげちゃんねる

 洋野町の女性(当時67歳)が急性肝不全で死亡したのは医師が適切な措置を怠ったためだとして、女性の夫(71)ら遺族4人が22日までに、県立久慈病院を管理する県を相手に、慰謝料など約4630万円を支払うよう求める訴訟を盛岡地裁に起こした。

 訴状によると、女性は05年10月6日、採取したドクツルタケをツルタケと思って食事。吐き気、おう吐に襲われたため、約16時間後に同病院救急外来を受診し、点滴を受けて帰宅した。翌日も同病院の消化器外来で受診、容態が悪化して入院。同11日に転院先の盛岡市の岩手医大で、ドクツルタケ中毒を原因とする急性肝不全で死亡した。

 遺族側は「初診時に摂食歴を説明しており、遅くとも同7日にはドクツルタケ中毒を疑い必要な治療をすべきだった」と主張している。

 女性の夫は「病院に行っても満足な説明を受けられなかった。女房の命は戻らないが、何が問題だったのか真実を知りたい」と話している。

 県医療局は「裁判を通じて事実が解明されるものと考えております」と話した。【山口圭一】


やはり『中毒見逃し妻死亡』などとタイトルに『見逃し』という言葉を入れて、あたかも医師の過失であるかのように毎日新聞は煽っていたのですね。
毎日新聞による『医療叩きキャンペーン』の一環のようです。

医師は初診でドクツルタケの摂取を疑い患者の女性にも質問しています。質問と症状から原因を見事に当てた『名医』と言えるでしょう。
しかし当の女性が写真まで見せても全否定しているのでは的確な治療など出来はしません。
本人が明確に否定したのにも拘らず医者が強引に治療を行えば、それは人権屋が言う所の『人権侵害』にあたります。インフォームドコンセントの趣旨に反します。

医者が昔のように人命を救う為に強引に治療を行う事が出来ればこの女性の命は救えたかもしれません。しかし今の医師にはその権限は無く、人権屋ルールに従わなければそれこそ裁判で有罪にされていたでしょう。
結局、人権左翼が勝手に作った人権ルールが医師の治療行為を制限し人の命を奪う形になったのです。

ドクツルタケは、英語で『Destroying Angel』(死の天使)という異名をもつ猛毒キノコです。
ドクツルタケの致死率はとても高く完全な治療法はないので、もし的確な治療を行えたとしてもこの女性が助からなかった可能性も高かった事は書いておきます。

http://www.hi-ho.ne.jp/tgoto/naiyo/165.htm

キノコによる死亡事例では、原因キノコが判明したもののうち、ドクツルタケ(シロタマゴテングタケを含む)によるものが、約半分あります。

ドクツルタケ類の毒キノコの症状とその原因 -激しい下痢・腹痛,肝・腎臓障害,10時間後に症状-
〔中毒の特徴〕このタイプの毒は細胞を破壊し,肝臓,腎臓に障害を与え死をもたらすもので,発症までに6時間以上,通常10時間かかるのが特徴である。
〔毒成分と中毒症状〕毒成分としてはは環状ペプチド(アマニチンやファロイジンなど)とモノメチルヒドラジン(ギロミトリンなど)の2種類の異なるタイプが知られている。
 中毒症状は激しいコレラ様の下痢と腹痛,嘔吐などで,このタイプの中毒がきのこ中毒の中でもっとも危険なものである。我国のきのこ中毒による年平均2名の死者はほとんどがこのグル-プのきのによる。致死量はきのこの種類にもよるが,ドクツルタケ,シロタマゴテングタケなどのテングタケ類やニセクロハツなどの大型のきのこでは1-2本が致死量と思われる。

治療法
完全な治療法はないが,入院し,吐剤,下剤の投与,胃内洗浄,かん腸などにより毒物を消化管より取り除いたり,血液の電解質バランスの確保, 血液の人工透析, あういは下痢による水分低下には水分の補給,血糖の低下にはブドウ糖の静脈注射を日に4~5回行なう。チオクト酸やビタミンCの注射などもある程度の効果がある。
(記事抜粋)


田中寿生裁判長の判決通り、『医師の診断や治療に過失はない』でしょう。

こういう訴訟が繰り返されれば、真面目な医師は訴訟を恐れて廃業したり患者受け入れに難色を示すようになります。
医師不足や患者たらい回しを糾弾する前に、我々の命を救おうと日々戦ってくれている真面目な医師の事を考えるべきです。

いつから『死に向かっている人間を必ず生き返らせてくれるのが医者』ということになったのでしょうか?
今現在の『医師は患者を完治させるのが当たり前』などという考え方は、我々患者側の人間の首を自ら締めているのと同じです。医者は魔法使いではないのですから。
医者が地域から居なくなってから、医者という存在の有り難さに気付いた所で遅すぎるのです。
私は医者不在で、治療してくれる医者を探して走り回る未来を望んではいません。

マスコミによる無責任な『医療叩きキャンペーン』によるミスリードに乗せられないようにしましょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/11/30(日) 12:00 | URL[ 編集]
    バカ遺族が
    また得意の「真実を知りたい」かよ
    お前らの知りたい真実ってのは損害賠償するのに都合のいい話だろ
    医者は逆に名誉毀損で訴えてやれ

  2. 名前:名無しさん #- | 2008/12/01(月) 07:19 | URL[ 編集]
    中毒に「幻覚症状」は含まれてないんだな。
    なら写真を見せても食べたのを否定したってのは何なんだ? 「毒キノコを食べた間抜けだと思われるのが嫌だった」とかいう理由なのかな。
    この年代は、世間体を守るのに命をかけている人が居るからな。

  3. 名前:名無しさん #- | 2008/12/01(月) 12:07 | URL[ 編集]
    なんという言い掛かり…

  4. 名前:名無しさん #- | 2008/12/07(日) 13:28 | URL[ 編集]
    「お前の給料10倍にしてやる。
    その代わり少しでもミスしたら殺人鬼呼ばわりして裁判にかけて懲役刑にして慰謝料ふんだくってやる」

    って言われたら俺はその仕事辞める。
    ってかやる奴いるのか?
    しかもこの件はミスしなくてもマスコミや遺族に殺人鬼呼ばわりされてるし。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/970-45f9fdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。