NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネット規制を競う自民・民主・総務省 - 池田信夫 blog
osakana.factory - 日本の子供たちからインターネットが消える日
18歳未満の人たちがアクセスしている「それ」は、もうthe Internetではない - 半可思惟
asahi.com:有害サイトの法規制は是か非か 自民党真っ二つ

インターネット上の有害情報規制法案について。
ネットの利点を一言で言えば、『規制無しで誰でも情報共有出来る』事だと思う。
子供にネットを使わせるかどうかは親の判断であり教育方針だ。
私なら、子供にPCを与えるとしても、ネットには一定年齢まで繋がせない。
少なくとも法律で規制する事ではない

自民党、民主党からそれぞれほとんど同じ内容のネット規制法案が作られた。
2つの法案が今国会のどさくさに紛れて提出され、両党の協議でネット規制法が今国会で成立する可能性が高いらしい。

法案の結論から言えば

18歳未満は、国にコントロールされた情報しか見る事が出来なくなる。
ネットに関わる全ての日本人は、その為の犠牲を払う事を義務化する。

という事だ。
例えば私が今書いているこの記事も、自民党法案の

青少年に対し著しく自らの心身の健康を害する行為を誘発するもの

に該当するから削除orフィルタリング、って可能性がある。
『オマエの下品で先導的な文章を読んで、子供の心が捻じ曲がり、社会悪な行為を誘発する可能性あり』ってね。

この手の怪しい法律の基本通り、『~を誘発するもの』、『~するおそれがあるもの』が多用され、曖昧な表現になっている。規制する側の解釈しだいで幾らでも改変、悪用が可能な内容だ。
おそれがある』って言ってたら、何でも当てはまってしまう。
法律に使われるべき表現じゃない。NGワードだよねぇ

『子供の健全育成の為』ってお題目だけど…
どう読んでも国家によるネット検閲じゃない?
いつから日本は中国になったのだろう。

実際に規制するのはISP、ASP事業者で、国はガイドラインを作るだけ。
だから国家によるネット検閲にはならない、って言ってるよ…
なんという屁理屈

次から次へと怪しい法律が出来上がる。
やっぱりこれも都合の良い『規制』と、新たな『利権』かな?
日本、終わったなw

皆さん、作ったやつの名前をきちんと覚えておきましょうね。
あ、そう言えば、高市早苗議員の名前でググると色々出てきて面白(以下略)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/97-bca7cae0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。