NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キリンちゃんねる “空飛ぶ車”ついに完成 2012年に販売開始予定
痛いニュース(ノ∀`)“空飛ぶ車”ついに完成 2012年に販売開始予定…1台約8100万円
【海外仰天ニュース】ついに完成。“空飛ぶマイ・カー” 2012年に販売開始予定。Techinsight Japan
986ce7c2.jpg

30年前には誰も想像しなかった、携帯電話やコンピューターの庶民への普及。なぜ“空飛ぶ車”だけは夢のままなのだろう。そんなカナダの発明家の執念が実を結び、ついに実用型の空飛ぶマイ・カーの販売に見通しがついたようだ。


カナダ人の発明家ポール・モーラー博士は、自身が運営するモーラー・インターナショナル社において、しばらく前から「一般人が空飛ぶ車を所有する時代」を夢みて、その実現のために尽力していた。

UFOのような円盤型の「M200G」も発明していたが、まだまだ課題が山積と感じたモーラー博士は、2007年に真っ赤な「M400 Skycar」を発表し、性能についてはさらに改良を進めると約束していた。

その結果「M400 Skycar」には座席が4つ用意され、1200km(750マイル)までの距離を、最高時速600km(375マイル)の速さで飛ぶ事ができるようになったという。気になる燃費についても、ランドローバーやポルシェより省エネであり、ヘリコプターより操縦ははるかに簡単だそうだ。

米国カリフォルニアのある業者は、これまで「M400 Skycar」の開発についてモーラー・インターナショナル社に170億円ほどを投じてきた。いよいよ2012年、実用化に向けて販売が開始される際には、その小売価格は日本円にして約 8100万円になると見込まれている。だが普及、競争、量産に従い、価格は徐々に下がっていくものと思われる。

しばらく前のことであるが、大きな玩具店にあるメーカーのデモンストレーターがやってきて、“空飛ぶロボット”なる珍しいおもちゃの実演販売を行っていた時のことを思い出した。幼い子から高齢者まで、家族連れが熱心に見入っていたが、お父さん世代の瞳が一番輝いていたことが印象的であった。

息子が欲しいと言い、しかし奥さんは「要らない」と一言。するとお父さんが自分のポケットマネーで買ってあげるといった光景であった。帰宅したら、息子よりお父さんが夢中になって遊んでいたことであろう。“空を飛ぶ”という夢は、男にとってやはり永遠のロマンであることは間違いないようだ。



http://www.youtube.com/watch?v=ElS9BKSsezw&eurl=&feature=player_embedded

『あれ?コレ見たことがあるなぁ』と思ったのですが、記事中に記載されている2007年に発表された物ですかね?

コレ自体は凄いと思うのですが、私のイメージする『空飛ぶ車』って言ったらあくまで車型なんですよ。
これじゃあ特殊なヘリコプターなんですよ。コンパクトでよく出来ているとは思うんですが。

この4つのエンジンの外側にでもサスペンション付きの長時間走行可能なしっかりとしたタイヤが付いていれば『空飛ぶ車』なんですけどねぇ。
動力はそのままでも良いんですけどね。

実際に実用となると、道交法の事とか事故の事とか気になる事は山のようにありますが、実際に実用可能レベルの物を作る事には大きな意味があります。

『コレが発売される未来には日本は…』なんて考えると暗くなっちゃいますので、ここは小学生男子のように『スゲー』って喜んでおきましょう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/969-60252020
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。