NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)先生「なぜ給食が床に落ちてる?」 男児「給食中喋っちゃいけないんでしょ?先生おかしい」
体罰:男性教諭、小2男児に 床に頭たたきつけ軽傷--東松山大岡小 /埼玉 - 毎日jp(毎日新聞)

 東松山市立大岡小(柳沢一喜校長)で15日の給食中、2年生担任の男性教諭(56)が男児の発言に立腹して頭を床にたたきつけ、2針を縫う1週間の軽傷を負わせていたことが分かった。学校側は男児と保護者に謝罪し、23日には教諭を担任から外した。

 市教委によると、教諭は食べ始める際に床にメニューのいなりずしが落ちているのを発見。「なぜ落ちているのか」とまわりの児童に尋ねると、男児から「給食中はしゃべっちゃいけないことになっている。先生おかしい」と言われた。教諭は男児を落ちていた場所に連れて行き、「見ろ」と言いながら男児の頭を3回床にたたきつけたという。男児は前頭部を約1センチ切った。

 教諭は普段から給食中は私語を慎むよう指導していた。市教委に対し、「児童の発言で教師を忘れた。感情に走ってしまった」と話しているという。

 学校側は22日に保護者会を開き、経緯を説明。市教委は「体罰はあってはならないことで遺憾。二度と起きないよう指導していきたい」としている。


これは結構難しいですよね。
私が小学生だった頃なら、この小学生と同じ事をすれは先生からゲンコツを喰らってこの件は終わりです。何の問題にもならなかったでしょう。
例えそれを家に帰って両親に話したところで『またお前は屁理屈ばかり言って!』ともう一度怒られるだけでしたね。
しかし今は『体罰禁止』ですからねぇ。

『食事中に無駄なおしゃべりをしない』なんてのは本来は親が子供にきちんと躾けるべき事です。それが出来ていないから先生が私語を慎むように指導していたのでしょう。指導自体には問題が有るとは思えません。
生徒の誰かがいなりずしを落としそれを放置し食べ物を粗末にした事は問題ですね。そしてその事を指導すべく事情を訊ねた先生に対しこの生徒が『給食中はしゃべっちゃいけないことになっている。先生おかしい』などと揚げ足取りをした事も問題です。

まあこの生徒の言動はどう贔屓目で見てもかなり問題があるでしょうね。私が小学生の頃にはこんな事をしたらゲンコツが来るのが解りきっていますのでやりませんでした。
やはり体罰全面禁止が叫ばれるようになってから教師は生徒から甘く見られてしまっているのでしょうかね?

何か事故がある度に、『教師がきちんと指導していればこんな事には…』と言いますが、体罰全面禁止の中での『指導』はかなり大変ですよね。
昔は良い意味でも悪い意味でも教師には『ゲンコツ』という最終兵器がありましたので子供は指導に従いました。悪さをすれば怒られる。怒られたくないから怒られないように自分で『善悪』を考えて行動するようになったものです。

と、軽傷を負った生徒の問題ばかりを取り上げましたが、この教師にも問題が無い訳ではありません。この記事の通りに本当に『男児の頭を3回床にたたきつけた』というならば『やりすぎ』なかんじです。
『児童の発言で教師を忘れた。感情に走ってしまった』という発言もねぇ…怒りで生徒を結果負傷させたのはやはりまずいでしょう。この記事が本当ならば…

ただこの毎日新聞の記事も書き方がオーバーな気がします。毎日新聞のせいではなく市教委の発表の段階で既にオーバーな表現なのかもしれませんが。
『男児の頭を3回床にたたきつけた』という表現は『たたきつけた』という言葉に含まれる『手加減無し・全力』的なイメージでミスリードさせられてしまいます。

実際、成人男性が小学2年生の頭を掴んで床に3回『叩き付けた』ならば、こんな軽傷で済むのでしょうか?教室の床ならば高確率で死んじゃうんじゃないんですかね?

1 余程生徒の運が良かった
2 石頭だったので床が破損したが生徒は軽傷で済んだ
3 実際は『床に3回ゴンゴン軽くぶつけた』程度だった
4 この教師がもの凄くパワーが無い、貧弱ぅ!


のどれかでしょう。多分3番が正解ではないでしょうかね?
実際の所はどうなんでしょう?まあ3番だとしても教師の行動が『全く問題無し』になる訳ではないでしょうが。

他のソースを調べてみたら、どうやら選択肢3番でさえ大袈裟だったかもしれません。
担任に頭を床に押しつけられる 小2男児、額にけが - MSN産経ニュース

 埼玉県東松山市立大岡小学校(150人)で今月15日、男性教諭(56)が給食時間中に、担任する2年生男児(7)の頭を教室の床に強く押しつけ、額に約1センチの切り傷を負わせていたことが23日、分かった。

 学校は男児と保護者に謝罪し、教諭を担任から外した。男児の傷は既に完治し、1日も欠席せずに登校しているという。

 同校によると、教諭は給食時間中にいなりずし1個が床に落ちているのを見つけ「誰が落としたのか」と児童に尋ねた。教諭は日ごろ、給食中は私語をしないよう指導しており、男児から「先生がしゃべった。いけないんだ」とはやし立てられ激高。「よく見ろ」と言いながら男児の後頭部をつかみ、いなりずしのそばの床に額を強く押しつけたという。東松山市教育委員会は「男児や保護者に謝罪します」としている。


コチラでは『押しつけた』という表現になっていますね。軽傷だった『結果』から考えるとコチラの産経の記事の方が正しいのではないのでしょうかね。そうなると毎日の『3回床に叩き付けた』はどこから来たのでしょうかね?
『押しつけた』と『床に叩き付けた』は全く違うのですがねぇ…はて?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/10/26(日) 07:19 | URL[ 編集]
    教師側の問題は、児童の屁理屈に逆切れしてしまったことでしょう。ここは、「問題解決のための対話は私語ではない」と教えるべきところです。
    しかし、教師に質問されても即座に「喋ってはいけない」という判断に出る辺り、相当厳しく躾けられていたのではないでしょうか。それこそ、ちょっとでも声を発するたびに「喋るな!」と怒鳴りつけるとか……。子供は悪い意味でも素直ですから、普段から抑圧されていればこういう反発も仕方が無いかと思います。
    そもそも食事中は、極端に騒いだり、口の中にものを入れて喋ったりしない限り、私語は構わないのではないかと思います。大人数がまったくの無言で食事というのは、つまらないどころか息苦しいでしょうに……。

  2. 名前:神代 #- | 2008/10/26(日) 11:43 | URL[ 編集]
    食事中の会話はダメでは無いと思います。(企業では接待などの時にお話をするでしょう。)ただ、食べ物を口の中に入れたまま話をしたり、大声でとなると話は別ですが・・・

    でも、軽くゲンコツくらいだったらPTAの方々も許してあげても良いとは思いますが・・・。

    先生も子供相手なんだから幾ら若いとはいえ、床にはねぁ。

  3. 名前:名無しさん #- | 2008/10/26(日) 16:46 | URL[ 編集]
    年齢一桁の男児の言動にマジ切れする大人っているんですね。
    しかも、けっこうベテランの教師じゃないですか。

    授業中でもないお昼休みの時間の、こんな可愛いらしい反抗でも、ゲンコツ必須ですか?
    ちょっと諭すくらいで十分だと思うんですが。

    だって7歳ですよ?
    子供なりに頭を働かせて、大人を言い負かせようとするなんて、将来有望なくらい。

    私だったら、こんな子がいたら、思わず笑っちゃうと思うけどなあ。
    もちろん注意しなきゃいけないから、笑いをこらえつつ、説教だけはするけど。
    体罰をするにしても、腕をつねるくらいですよ。

    昔は昔はっていうけど、昔ってそんなに神経質で余裕のない大人が多かったの?
    もしかして団塊の世代の犯罪が多いのはそのせい?(下のURL参考)
    そういえば、この教師も団塊世代ですね。

    ttp://psychology.jugem.cc/?eid=29

  4. 名前:名無しさん #- | 2008/10/26(日) 21:24 | URL[ 編集]
    皆が食事中会話していたら、担任教師が生徒の安全に目を光らせる事はほぼ不可能になると思うが?
    授業中と同じく静かにしている中で誰かが何かやらかしたら目立つのですぐにチェックできる。
    私語OKと安全管理の両立はかなり難しいが、私語OKの場合は安全管理責任は問われないのか?

  5. 名前:名無しさん #- | 2008/10/27(月) 14:31 | URL[ 編集]
    毎日変態新聞が自社の左寄り思想に誘導するために些細な事を大袈裟に書いているだけでしょ?
    そんなのに騙されるほど馬鹿ではないよ

  6. 名前:名無しさん #- | 2010/06/26(土) 01:24 | URL[ 編集]
    あなたのようにひとつ前の世代のひとを見ていると、まず特徴として「先生」は基本的に肯定的だということ、そして暴力肯定者であることが多く見られます。それはなぜなら昔まるで神であったかの如く先生を崇拝させられ、うけてきた暴力教育に対し何か反論や反感を持たずそれで育ち、自分の根本的なところの考えになってしまい、過去の自分の肯定のため暴力教育を認めざるを得なくなっているからです。中3でも分かる非常に稚拙な自己肯定論理ですね(笑)
    この問題は難しくありませんよ(笑)
    まず犯罪ですww
    今計算をしましたが死ぬことはありませんよww
    まず床が木なのでww
    だいたいあなとも私語厳禁を推してますけどどこの宗教ですか?ww
    あなたは非常に精神の弱い人です(断定)
    文脈からも他人の否定で自己の存在を成り立たせる人だと思います。

    そもそもお前ら団塊(てめえはどうかしらんが)はこういう「傷害事件」
    でも「先生」・「鉄拳制裁」」の2語さえはいってりゃ何の批判もしねえ、通り越して肯定さえしやがるww
    結局この教師(笑)は謝罪だけで済んでんだぞ?wwてめえらみてえな「論理力のないカス」が無駄に数多く出しゃばってるせいで犯罪を正しいとしてしまう機構をつくちまってんだよwww
    俺はいわゆる「ゆとり世代」だがな
    少なくとも俺みてえにちゃんと考えてるやつもいんだよww中にはあんたらよりもすげえ論理力をもったやつもいんだよww
    身の程知らずで無知で馬鹿で不遜で烏合の衆の糞団塊世代どもは粛清されるべきだ!!!!!!!!
    死ね!!!!!!

  7. 名前:名無しさん #- | 2010/06/27(日) 19:26 | URL[ 編集]
    >>米6
    いやいや
    そのスピード次第だけど複数回「叩きつけた」ら普通に死んでしまうでしょう

    >今計算をしましたが死ぬことはありませんよww
    >まず床が木なのでww

    床が木って・・・
    鉄筋コンクリートに木製タイルでは衝撃吸収要素はかなり低い。
    実際に衝突するスピードも不明なのにどんなデタラメ計算をしたんだか。

    これを正論であるように誇らしげに語ってしまうのが「ゆとり」なんですね。
    米6本人がデタラメを並べて「俺みたいにちゃんと考えてる」と記してるのが余計に恐ろしいです

    他の人が米6の嘘デタラメ書き込みを信じて「木なら死なない」と間違って覚えてしまわないとよいのですが。

  8. 名前:名無しさん #- | 2010/06/29(火) 01:05 | URL[ 編集]
    ここで問題なのは「もはや教師自身も加減が解らない」ということ。
    (耳に平手打ちしてしまい鼓膜を破るなど)

     「私ならつねる」という米もあるが最早それすら不可であり、教師は親にも子供にも低く見られている場合多々。


     昔の教師であれば拳骨以外にも頭頂を平手、という技もあったがそれも不可。
    背中も尻も手も足も不可。 何処も不可、大声も不可、冷たい口調なんかも割と不可、立ってなさいも何も不可。


     動物でなくとも動物的存在である子供には、拳骨は駄目でも何か『合図』的何かは必要でありましょうよ。

    口答えする生徒は、最早反逆者ではなく弱いもの虐めなのですよ。。。ゆとりじゃないから現状なんて知らないけどねっwww

  9. 名前:.. #- | 2010/06/29(火) 01:33 | URL[ 編集]
     と、大人が正しいと言うのは暴論だな。

     確かに子供の方が判っている事も大人が言動に責任を取らないこともある。 いや多い。
    が、冷静なときの大人は一応大人であり、ストレスを溜めた大人は大人でいられないのが実情だ。


     正しく叱るのは、怒っていない時でなければとても難しいのです。。。よーo

     

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/894-51c726da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。