NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)【千葉・パン窒息死】 死亡児童の両親 「校長、早食い競争隠してる。本当のこと話して」…校長「早食い競争はなかったはず」
「給食パンで窒息死、スピード競う状況」 News i - TBSの動画ニュースサイト

 千葉県船橋市の小学校で6年生の男の子が給食のパンをのどに詰まらせて窒息死した事故で、当時、子どもたちの間で食べるスピードを競い合うような状況があったことがわかりました。

 今月17日、千葉県船橋市の小学校で給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死した三橋隆憲くん(12)。小学校の校長は21日、当時の状況について、このように説明していました。

 「『このぐらいだったら早く食べられる』と(パンを)半分に切ってババッと入れた」
Q.競争のようなことをしていた?
 「いや、そういうことじゃありません」(船橋市立峰台小学校末永啓二校長)

 その夜、三橋くんの家を訪れた校長に対し、両親はこのように訴えました。

 「校長先生の話を聞くと、うちの子はただのバカじゃん。みんなが食べてる中で『オレだったらこれできるよ』って食べて、のど詰まらせて死んじゃいました。それじゃ、おれの子ただのバカでしょ。でも実際は違うんだよ」(三橋くんの父)

 実際には、事故の直前、子ども同士で食べるスピードを競い合うような状況があったのです。三橋くんの同級生の保護者もこう話します。

Q.友達からせかされるようなことは?
 「せかされてやったと聞いています。『お前は3秒で食べてみろ』というのがあったと聞いています」(同級生の保護者)

 「(三橋くんが)『何秒で食べられるかやってみれば』と持ちかけられて、それで一気に食べたという話を(子どもから)聞きました」(別の同級生の保護者)

 船橋市の教育委員会は22日、JNNの取材に対し、「両親の訴えなどを受けて、事実関係を再確認することにした」と回答。両親は「学校に真実を語ってほしい」と訴えています。




「給食パン窒息死、学校側「競争」認める」 News i - TBSの動画ニュースサイト

 千葉県で、小学6年生の男の子が窒息死した問題で、学校側が両親に対し、食べるスピードを競い合うような状況があった事実を初めて認めました。

 「正直ほっとした・・・」(三橋隆憲くんの父)

 この問題は、今月17日、千葉県船橋市の小学校で 小学6年の三橋隆憲くんが給食のパンをのどに詰まらせ、窒息死したものです。

 「(競争のようなことは?)そんなことはありません」(峰台小学校 末永啓二 校長)

 これまで、学校側は三橋くんが1人で、パンを一気にほおばったもので、早食い競争のような事実はなかったと説明していました。

 しかし、23日夕方、教頭らが自宅を訪れ、事故の直前、パンを食べるスピードを競うような状況があった事実を初めて認めました。

 「『3秒で食べられるか』とか、『前はおれが食べたことある』とか、そういうことで盛り上がっちゃって、『じゃあ、おれがやってみようか』となって、無理やりやらされたとか、そういうことじゃなくて良かったなって」(三橋隆憲くんの父)

 これまで、こうした事実を認めていなかったことについて学校側は、「事実関係があいまいだったため、説明できなかった」と話しました。

 両親は、「本当のことを知って、気持ちが楽になった。救急措置については、学校はできる限りのことをしてくれたと思う」と話しています。


千葉、給食パン窒息死事件の続報です。

私は子供をきちんと教育し、子供が命を落とす事が無いよう心がけたいと再認識しました。子供の躾は親の仕事で親の責任ですからね。

小学生の『早食い自慢』はいつの世でもあることです。私の時代でもありましたねぇ。『早食い競争』というようなはっきりしたモノではなく、子供は何でも『遊び』にするものです。親からの『遊び食べをするな。食べ物は遊び道具ではない』というきちんとした『教育』もあったおかげか幸いながら『事故』にはなりませんでした。

三橋隆憲くんのご両親の、乱暴な言葉や一方的に学校側・校長を責める態度に対し、批判が集まりました。確かに1つ1つの言葉や態度をピックアップすれば、批判されても仕方が無いものでした。ご両親が酷い態度をとったその場にマスコミをわざわざ立ち合わせた事も批判の一因になっています。
しかし両親の立場を考慮すれば『問題無い』とは言いませんが気持ちは少しだけ分かります。三橋隆憲くんのご両親も突然の『子供の死』に直面し、動揺していたのでしょう。

校長先生は本当にお気の毒でした。いきなりこのような事故が起きて、三橋隆憲くんのご両親やマスコミに吊るし上げられて一方的に叩かれて『全てを説明しろ!』『事実を隠している』『嘘つき!』と責められ怒鳴られ罵られても対応のしようが無いですよね。事実確認・把握には時間が掛かりますし、他の生徒達の心の動揺を考慮すれば『取調べ』的な行動は出来ませんからね。

実際の所は、『ご両親への批判』と言うよりは、『悪くないのに一方的に責められ続けている校長先生への同情・応援の声』なのかもしれません。

もしこのままご両親が納得して『泥沼の争い』にならないで済むならば、これ以上ご両親を責めないであげて下さい。今後もご両親やマスコミが学校側を責め続けるのであれば『応援』は必要なのかもしれませんが。
ご両親も時間が経てば、自らの『親の責任』を認識し乱暴な言動を反省してくれるでしょう。何の根拠もない、あくまで私の『希望的観測』ですが。
そうであってくれれば良いなぁと願っています。


関連エントリー
小6男児が給食のパンをノドに詰まらせ窒息死
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:都議選予定候補 田口圭 #KJt5rxSw | 2008/10/24(金) 14:49 | URL[ 編集]
    そういえば、よく、速く食べる競争やってました~
    子供は、それくらいがいいよ
    冒険心の無い子供もどうかと。
    リスクは自己責任で。

  2. 名前:  #- | 2008/10/24(金) 18:41 | URL[ 編集]
    学校を訴えることをそそのかす弁護士先生がいないことを祈ります

  3. 名前:名無しさん #- | 2008/10/26(日) 08:04 | URL[ 編集]
    甘いな
    この親が訴える方に100ジンバブエドル

  4. 名前: # | 2012/01/02(月) 08:11 | [ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/890-c4341ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。