NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒マッチョニュース 【政治】橋下知事「朝日新聞は『悪口』ばかり。一線を越えたからかい半分の批判は批判ではない。」…自衛隊式典で発言
ああ、昔にもどりたい 橋下知事「朝日新聞は『悪口』ばかり。一線を越えたからかい半分の批判は批判ではない。」
痛いニュース(ノ∀`)橋下府知事「朝日新聞がなくなれば世の中のためになる」「今すぐ廃業すべき」
7db59a7d.jpg

 大阪府の橋下徹知事が、3日付の朝日新聞の「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説を批判した問題で、橋下知事は20日、出張先の東京で報道陣の取材に応じ、「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」などと発言。“朝日批判”をさらにエスカレートさせた。

 橋下知事は、19日の陸上自衛隊記念行事の祝辞で「人の悪口を言う朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる」と述べた真意について「命がけで頑張っている自衛隊に敬意を表さないといけない場で、その対極にいる愚かな朝日を批判するのが最適だと思った」と説明。

 テレビでの発言をもとに弁護士資格の返上を提案した社説については「朝日はからかい半分で、事実誤認もあり今すぐ廃業すべきだ」と述べた。

 さらに、全国学力テストについて、大阪府内の市町村別のデータを朝日新聞が掲載しなかったことについては「自分たちが良識だと思い上がって、何でも反権力なのが朝日。だから、僕が出そうとしたデータを出さなかった」と語るなど、批判は止まらなかった。




(魚拓) NIKKEI NET:「朝日新聞無くなった方が世のため」 橋下大阪府知事が批判

 大阪府の橋下徹知事は20日、山口県光市の母子殺害事件の弁護団への懲戒請求を呼び掛けたことを巡り訴訟で敗訴した際、朝日新聞が社説で弁護士資格の返上を求めたことに対し「朝日新聞は事実誤認があったら廃業するのか。(同新聞が)無くなったほうが世の中のためになる」などと批判した。東京で開いた機関投資家向けの府債の説明会後に記者団に述べた。

 橋下知事は社説について「からかい半分で本気ではないと思う」とした上で、「全く愚かな言論機関。すぐさま廃業した方がいい。権力の悪口を言っていればいいと思っているのではないか」などとまくし立てた。

 知事は19日に兵庫県伊丹市で行われた陸上自衛隊中部方面隊の記念式典の祝辞でも「人の悪口ばかり言う朝日新聞のような大人が増えれば、日本はだめになる」などと発言していた。


まあ朝日新聞は批判されて当然な事を散々やらかし続けていますから仕方がないでしょうね。橋下徹知事は極左の巣である大阪で毎日戦い続けていますからねぇ…その苦労は並大抵のものではないでしょう。

新聞社のよって記事の内容が少しずつ違います。
風来ユーキさんが各新聞の記事を一通り掲載して比較してくれています。

アニ妻ぶろぐ。 橋下知事「朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる」「朝日新聞無くなった方が世のため」

余程耳が痛い内容なのでしょうね。

企業の些細な不祥事に対し朝日新聞は徹底的に糾弾し続け、結果廃業に追い込まれた企業も少なくありません。
しかし朝日新聞自身は記事捏造、歴史捏造、売国思想誘導、反日反米誘導、自衛隊叩き、不祥事を繰り返しながら碌に謝罪もせずに生き長らえてきました。
公正中立であるべき新聞社とはかけ離れた『政治団体』状態です。

国民が知らない反日の実態 - 朝日新聞の不祥事年表

当然そんな朝日新聞に対する批判の声は多いのですが、正当な批判であるにも拘らず全く反省せず、あまつさえ『言論弾圧だ!』と逆切れを繰り返してきました。

私も朝日新聞は今すぐ廃業した方が世の中の為に良いと思います。
朝日新聞の不祥事企業叩きの『基準』ならば間違いなく『廃業』に追い込むべき不祥事の多さ、酷さですからね。
他人は叩くが自分には甘い、無反省な人は嫌われても仕方がないでしょう。
そう言われて真っ先に浮かぶのが朝日新聞なのですよ。
さながら『独裁者』の如く権力の中心に踏ん反り返っています。


【政治】 橋下知事 「もっと言えば、朝日新聞には戦争責任だってある」「『知事発言、理解いたしかねる』って偉そうに」 まめのぐ 第二幕
橋下府知事が連日の朝日新聞批判「すぐさま廃業したほうがいい」:社会:芸能・社会:スポーツ報知大阪版

 大阪府の橋下徹知事(39)が20日、朝日新聞へのさらなる怒りを募らせた。光市母子殺害事件弁護団への懲戒請求呼びかけを巡り敗訴した際、社説で弁護士資格返上を求めた同紙を「まったく愚かな言論機関。すぐさま廃業した方がいいんじゃないですか」などと批判。19日にも同じ件で「人の悪口ばかり言ってる朝日新聞のような人が増えれば、日本はダメになる」と発言していた。

 機関投資家に府債を売り込むために都内で行った説明会を終え、橋下知事は財政や情報公開についてにこやかに話していた。しかし「朝日新聞の事ですが…」と聞かれると、一転。「論説委員か、何様か知らないけど、狭い部屋でワーワーしゃべりながら『この表題でも付けておこうかな』っていうぐらいな意気込みでやってるなら、まったく愚かな言論機関だと。すぐさま廃業した方がいいんじゃないですか」などとまくし立てた。

 発端は、朝日新聞が3日付の朝刊で掲載した「弁護士資格を返上しては」と題した社説。橋下知事は19日、兵庫県伊丹市の陸上自衛隊の記念式典の中で「人の悪口ばかり言ってる朝日新聞のような人が増えれば、日本はダメになる」と発言し、「からかい半分の批判だ」と、社説に反論した。

 朝日新聞大阪本社広報部では同日「(知事の)責任を厳しく指摘したもの。記念行事での当社に関する発言については理解いたしかねる」などと説明。橋下知事は20日「理解いたしかねるって、偉っそうに」と憤然。「素直に『ちょっと言い過ぎた』くらい言えばいいのに」と語った。

 さらに橋下知事は、光市母子殺害事件弁護団への懲戒請求を求めた自身の発言を「至らぬ発言」とした上で「人間誤ることもある。朝日は今まで事実誤認したことないのか。そんな完ぺきな人間ばっかりなんですかね、朝日は」と問いかけた。

 「朝日が弁護士資格返上しろって言うなら、これから事実誤認とかやりゃすぐ廃業しろと。全員首切れと。もっと言うなら戦争責任だってある。いますぐ廃業しろって」と、時空をも超えて猛批判を展開した。

 前日、発言の場所に自衛隊の式典を選んだ理由を聞かれると「一番敬意を表さなきゃいけない人たち(自衛隊員)に対して、反対に、一番愚かな対照として朝日新聞は最適だったのかなと」とまで言い切った。

 約9分間、朝日批判を繰り広げた橋下知事。「朝日新聞は権力に悪口を言っていればいい、と思っていることがよく分かった」。また「朝日みたいな新聞社は早くなくなってもらった方が世の中のため」とも断言し、定刻を2分過ぎてもしゃべり続けようとしたところを関係者に止められて会見は終了。怒りの収まらない府知事のバトルは、まだ続きそうだ。


すぐに『戦争責任』を持ち出す朝日新聞をはじめとする極左の『得意技』を逆手に取った発言ですね。実に皮肉が利いていますね。
盛んに戦争へ煽り続けた朝日新聞の戦争責任は大きいです。

13 :名無しさん@九周年:2008/10/21(火) 22:15:11 ID:AjAWkkEX0
新聞社はよく「戦時中は大本営の検閲や紙の配給のために本当のことが書けなかった」と言い訳するが、
そんなのは真っ赤な嘘であることが「大本営発表という権力」を読めばわかる。
新聞社は「大日本言論報国会」(徳富蘇峰会長)を結成し、
大本営発表をさらに誇張した戦意高揚報道を競って行なったのだ。
それは景気のいい戦果を載せたほうが売れるからであり、
つまり国民が戦争を求めていたからだ。
日中戦争以降の軍部の暴走の最大の要因は、新聞=世論の圧力だった。

88 :名無しさん@九周年:2008/10/21(火) 22:34:32 ID:X1O6KpdI0
日露戦争前
日々新聞→今は機が熟していない。臥薪嘗胆の時
朝日新聞→即刻開戦だ~~っ


世論を誘導し続けて戦争へと導いたのが新聞社で、朝日新聞はそのリード役でした。
その責任を取らずにまた他人に責任を押し付け責め続けるのが朝日新聞ジャーナリスト宣言。
国力を弱体化させる方向の発言・誘導を常に繰り返し続ける朝日新聞。
常に無反省で自浄努力には全く期待出来ません。
朝日新聞を規制し取り締まる事は出来ないのでしょうか?

橋下徹知事はこの発言で極左連中を完全に敵に回してしまったかもしれません。既に行われている極左の得意技の『粘着人格攻撃』がこれからますますエスカレートする事でしょう。
同じ『粘着人格攻撃』によって何人もの人が自殺をしています。
『粘着人格攻撃』をくらい続けた安倍元首相のように排除されないように気を付けて下さい。非常に心配です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/10/22(水) 00:42 | URL[ 編集]
    朝日は100年もの間、一度も反省したことがないからなw

  2. 名前:んんん #- | 2008/10/22(水) 18:01 | URL[ 編集]
    判決をきちんと読んだことありますか?

    http://wiki.livedoor.jp/keiben/d/%b9%ad%c5%e7%c3%cf%ba%db%c8%bd%b7%e8%c1%b4%ca%b8

    判決では、

    「刑事事件において被告人が主張を変更することはしばしばみかけられることであるし、本件でも原告らが選任される前め従前の弁護人の方針により上記主張をしなかったことも十分に考えられるから、原告らが創作したものであるかどうかについては弁護士であれば少なくとも速断を避けるべきことである。
     したがって、摘示された事実の重要部分について真実であることの証明があったとはいえないし、弁護士である被告において真実であると信じたことについて相当な理由があるとも認めることができない。」

    「弁護士法1条1項に、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすると規定されていることから明らかなように、弁護士は議会制民主主義の下において、そこに反映されない少数派の基本的人権を保護すべき使命をも有しているのであって、そのような職責を全うすべき弁護士の活動が多数派に属する民衆の意向に沿わない場合がありうる。多数の者が懲戒請求をしたことをもって懲戒相当性を認めるということは、弁護士が上記のような使命・職責を果たすべきこととは相容れない。また、本件が本件刑事事件における原告らの弁護活動に対する批判をめぐる事件であることに鑑み、これを刑事手続における弁護人の役割についてみても、憲法及び刑事訴訟法等の諸規定に照らせば、被告人は有罪判決が確定するまでは無罪の推定を受け、弁護人はそのような被告人の保護者としてその基本的人権の擁護に努めなけれぱならないのであっで、その活動が違法なものではない限り、多数の者から批判されたことのみをもって当該刑事事件における弁護人の活動が制限されたり、あるいは弁護人が懲戒されることなどあってはならないことであるし、ありえないことである。
     したがって、弁護士に対する懲戒事由の存否について多数決で決することは本来許されるぺきことでなく、懲戒請求の多寡が弁護士に対する懲戒の可否を判断するに当たり影響することはない。被告の主張は上記のような弁護士の使命・職責を正解しない失当なものである。」

    「本件各発言についてみると、以下のとおり、そこで摘示された懲戒事由はいずれも事実上及び法律上の根拠を欠いておりかつ被告はこのことを知っていたと判断される。」

    「憲法及び刑事訴訟法等の諸規定に照らせば、被告人は有罪判決が確定するまでは無罪の推定を受け、弁護人はそのような被告人の保護者としてその基本的人権の擁護に努めなければならない。また、弁護士法1条は、1項において、弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすると規定し、2項において、弁護士は、前項の使命に基づき、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならないと規定する。さらに、弁護士職務基本規程1条は、弁護士は、その使命が基本的人権の擁護と社会正義の実現にあることを自覚し、その使命の達成に努めると規定し、46条は、弁護士は、被疑者及び被告人の防御権が保障されていることにかんがみ、その権利及び利益を擁護するため、最善の弁護活動に努めると規定する。
     以上に照らせば、弁護士は依頼者に対するいわゆる誠実義務を負い、弁護人としては被疑者・被告人のため最善の弁護活動をする使命・職責があり、被告人の主張内容が不合理で荒唐無稽なものであったとしても、被告人がその主張を維持する限り、上記使命・職責を果たすには少なくとも被告人の主張を無視したり、これに反する主張をすることはできないと判断される。もとより、個々の事案における弁護活動の当否については弁護士倫理に関わる事柄であり正解はなく、様々な意見がありうる。しかしながら、少なくとも弁護人が被告人の意向に沿った主張をする以上、それは弁護人としての使命・職責を果たしたと評価することが可能であり、それ自体が独立した違法行為を構成するような場合は格別、その主張内容が荒唐無稽であるなどということが弁護士としての品位を損なう非行に当たるなどとはとうていいうことができない。
     甲3及び13の?によれば、原告らを含む本件弁護団がした上記?に係る主張も被告人の意向に沿ったものであったと認めることができるから、これをもって弁護士としての品位を失うべき非行であるとはいえないし、弁護士法56条1項所定のその他の懲戒事由にも当たらない。また、上記のとおり刑事訴訟制度上被告人がその主張を変更することが許されないと解する余地はないから、この点においても弁護人において被告人の意思に沿った弁護活動をすることは非難を受ける筋合ではない。」

    「被告はほかにもるる主張するが、いずれも全く失当であり理由がない。」

    って記載されています。
    橋下さんは、弁護士であるにもかかわらず、何の根拠もなく弁護団が主張を捏造したように速断し、軽率であることを認定され、「弁護士の使命・職責を正解しない」って認定され、裁判所におよそ通用しない失当な主張をしていると認定されていますよ。

    テレビで視聴者に唆し、違法行為の可能性の高い行為に関与せしめたというのは、弁護士として失格ではないですか。

    朝日新聞の社説は、何らおかしいものではないと思いますけどね。



  3. 名前:ネトウヨ見習い #eP58y5xY | 2008/10/22(水) 20:14 | URL[ 編集]
    >>米2
    光市事件懲戒請求扇動問題 弁護団広報ページてw
    この時点で貴方がある一定の先入観を持っているのか、丸分かりですよ。
    世論の逆を行く事で自分がカッコいいとでも思っていらっしゃるのでしょうかねw
    それに未だ地方裁で採決されただけですので、まだ結果なんか分からないじゃないですか?

  4. 名前:名無しさん #- | 2008/10/22(水) 20:48 | URL[ 編集]
    米2
    コメント長すぎだ
    荒らしかお前は
    内容が伴っているならまだ分かるがただコピペしやがって

    極左は常識の欠けた頭のおかしいやつばかりだな
    気持ち悪い

  5. 名前:d #- | 2008/10/28(火) 21:06 | URL[ 編集]
    >>米2

    なるほど、これが「粘着人格攻撃」かww

  6. 名前:名無しさん #- | 2008/10/28(火) 23:15 | URL[ 編集]
    > ※5

    吹いたwwww
    お茶返せwwwwww

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/885-f0760fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
橋本徹大阪府知事の発言コロコロぶり広島地裁が2日、光市の母子殺害事件の被告弁護団への懲戒請求をテレビ番組で呼びかけた橋下徹弁護士(...
2008/10/22(水) | 橋下徹 大阪府知事のマニフェスト、嫁など橋下徹知事情報ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。