NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)知日家の中国人「どうして日本は中国の悪い面ばかり報道するの?」
日本は中国人の悪いことばかり報道する、は本当か 山谷剛史の「中国IT小話」
9b8c809f.jpg

 中国人の知日家は(来日経験があればなおさらのこと)日本をよく知っている。取っ掛かりであるゲームやアニメだけでなく、日本人の性格や習慣、日本の風景にも精通している。

 そんな知日家のほとんど(親日家の場合でも)が、口をそろえて言うのは、「日本のニュースは中国の悪い面ばかりを報道する」「それは日中友好によくない」ということだ。これは具体的にどういうことだろう? ちょっと漠然としているので、もうちょっと考えてみよう。……というか、筆者自身も中国人と何度も散々討論した末、それなりにこの意味を分解できたのだが。


【中国のニュースは他国の悪口を言わない!?】

 筆者とガチンコ討論した、中国人はみな「中国のテレビのニュースでは他国についての悪いことを言わない」という。中国のテレビはNHK BSでもときどき放送されている国営放送CCTVをはじめ、各地域の省営放送、市営放送からなり、民営のテレビ局はない。

 日本人から見れば、中国にポジティブなニュースばかりを選りすぐって報道しているように見えるし、一時期は日本人を悪者にした戦争ドラマをよく流していた。

 しかしなるほど、確かにニュースは日本について悪く言っていない。日本の首相が靖国神社を参拝したときのニュースで中国の官営テレビがなんと報道したかは記憶にないが、中国人の言い分を信じるならば「日本の首相が靖国神社を参拝しました」で終わりであり、「軍国主義の足音がうんたらかんたら」といった報道はないことになる。

 また、日本の報道特集やワイドショーでは、コメンテーターが付く。「毒ギョーザ事件」をはじめとした中国の負のニュースを報じる場合、普通淡々と事実が伝えられるのではなく、「中国はああだこうだ」というコメントが入る。これが日本の視聴者に「悪いイメージを植え付けている」というのだ。

 確かに中国のテレビで国際的な話題が特集されたり、ワイドショー番組を見たことがない。ワイドショー的コンテンツがない環境で育った中国人から言わせれば、「テレビで報道されるニュースは、みな中国官製テレビよろしく淡々とするべき」で、「事実は報道していいが、イメージ悪化を促すような解説はすべきでない」ということなのだ。

 「日本のニュースは中国の悪い面ばかりを報道する」という主張には、もうひとつの側面がある。四川大地震を例にとろう。

 テレビで報道されたニュースのログは見ることは難しいが、読売なり、朝日なり、産経なり、日経なりを読めばいい。四川大地震の特集記事のバックナンバーがある。そこから筆者の会った知日派の中国人が読み取った情報は「政府(軍や地元警察など)がどれだけ助けたかも、地元の人々がどれだけ団結したかも報道されず、逆に学校がもろくて崩れたとか、学校の手抜き工事に抗議した親が捕まったとか、そういった悪い情報ばかり」とのことである。

 基本的にニュースの報道対象は「意外なこと」だ。日経平均が1日で5円動いてもトップニュースにはならないが、1日で500円動けばニュース性は高まる。

 殺人が稀有な国や地域で殺人が起きればニュースになるが、リアル北斗の拳な国や地域で1人殺害されてもニュースにはなりずらい。

 日本人にとっては、地震が起きたとき、地元民が助け合って生き延びることは当たり前だ。軍や警察が出動して被害者の救出に向かうのも当然である。だからこそニュースにならない。逆に安全な場所であるはずの学校が崩れて、多くの被害者が出たことや、抗議してしかるべき父母が逮捕されたことにニュース性がある。

 一方中国人の立場では、普段団結しない地元住民が助け合うことや中国全土の人々が一体となって募金すること、偉い人が現地入りして励ますことは、普段ないニュースだ。だから、どうしてこれを日本のメディアは紹介しないのだ、となる。

 つまり日本人と中国人で「当たり前のこと」「意外なこと」の基準が異なるため、相手方の国のニュースを見る結果、おかしな印象を受けるのだ。


【コピペ報道が横行する中で】

 外国人(中国人)でもインターネットを通して容易に読める日本のネットメディアも「中国のことを悪く言ってばかりだ」と知日派の中国人は指摘する。

 確かに日本のネットメディアや週刊誌は、日本人にとっては意外な(時として中国にとっては都合の悪い)ニュースを色々と載せている。

 では中国はどうだろう? 中国政府系のメディア「新華社」、中国共産党系のメディア「人民日報」といったメディアがあるが、それだけを見るネチズンは超少数派だ。多くはポータルサイトの「新浪」(Sina)なり「捜狐」(SOHU)なり「網易」(NetEase)なりの中国政府の許可は必要だけど民営メディアを利用している。

 前回の記事でも書いたが、これらのメディアが配信する記事で、編集局員自身が書いた記事はほとんどない。多くが意外性のあるPVが稼げそうなニュースを勝手に他所のメディアから拝借している。

 なので、中国人読者の日本のイメージ(たとえばAVのイメージからくる日本の女子学生の話とか)にあった記事ばかりが配信され、中国人読者にとっての日本の印象にバイアスがかかる(日本だけでなく全ての物事にいえるが)。中国のネットメディアには、さまざまなニュースソースがあり、いいニュースも悪いニュースも、事実もゴシップも玉石混交で配信されている。そうした環境の下にいる人々が、一方的に「日本のメディアは中国の印象を悪くしている」というのはダブルスタンダードが発動しているのではないか。


【メディアのバイアスという文化への慣れ】

 日本であれば、記事内容と、その記事を執筆したメディアの双方を加味して文章を読むことができる(「ただしソースはXX」と書けば、記事本来の視点に補正がかかるわけだ)。が、中国では丸ごとコピーするので、メディアごとに記事の色が出ない。そうした中国の環境で育ってきた中国人は、いくら日本語が流暢であっても、背景を理解できない。

 簡単に言うと、極端な日本語の反中・嫌中の記事を見たときに「ただしソースはXX」補正ができないのである。その結果「日本のメディアは反中だ、よくない」という結論に至ってしまうのは自然なことだろう。

 「中国の悪い面ばかり報道する」とは言われるが、たとえば中国限定、ないし中国をよく扱う旅行モノの番組とか、中国をテーマにしたバラエティー番組のクイズコーナーなど、外国人をひきつける中国のいい面もテレビでは放送されている。また、中国の紀行や歴史を扱った雑誌や漫画やドラマもある。

 それでもなお、「中国の悪い面ばかり報道する」という印象が強いのは、日本のニュースのあり方に対して、知らず知らずのうちに「意外性」を感じているからではないか。それぞれが当たり前と思っている報道のスタイルを理解し合わない限り、この問題を解決することは難しい。例えば日本からワイドショーをなくすのは非現実的だ。来日経験のある知日派の中国人は、ワイドショーという事件の解釈方法があるということを受け入れるしかない気がする


まず日本の報道は、基本は『事件』を報道するものであり、中国のような国民を洗脳誘導するプロパガンダ一色ではないということでしょう。日本の報道もそれなりに洗脳誘導がありますがね。
基本が事件報道ですから、報道される側から見れば悪い事が多くなるのが普通です。

中国の報道は中共のやった『功績』を称える報道が多いですよね。日本人から見ればやって当たり前でニュースにはならないような事を『これでもか!』と言わんばかりに繰り返し宣伝しています。
当然、日本ではそんな『当たり前』の事をニュースには載せませんので、『違い』が出てきます。そこが中国人の持つ『感想』に繋がっているのだと思います。

食の安全問題では『新たな被害者を出さない為に』それなりに報道されましたが、それでも日本人の目で見れば中国に『配慮』された報道でした。
四川大地震での中共の対処の悪さや環境対策の酷さ、オリンピックに絡む様々な問題やチベットを代表する虐殺や不当な処刑などについては明らかに中国寄りの報道で、それを観ていた日本人からすると『何処まで中国に媚びるのだろう…気持ち悪い』と言う感想しか持てませんでした。

中国は日本人の目から見ると問題が多すぎるのです。だから本来の日本の基準で報道すればもっとずっと『中国にとって都合の悪い事』が繰り返し報道されるはずなのです。
政府賛美報道を見せられ続けている中国人にとっては違和感を覚えるのでしょうけどね。日本人も逆な意味で中国に媚び続けるマスコミの姿勢に違和感を感じているのですけどねぇ。
一生懸命に中国寄りの姿勢で報道を続けるマスコミ各社は涙目ですねw

このすれ違いは解消しようが無いですよね。中国人が自分達の政府や報道に違和感を感じるようになるまでには時間が掛かるんじゃないですかねぇ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:  #W3zumXIw | 2008/10/11(土) 22:07 | URL[ 編集]
    所詮は他国。
    文化も思想も価値観も今までの経験も違う。
    水と油ってわけじゃないが混ざり難いのは確かだな。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/855-097279f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。