NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)知人から PC セットアップを頼まれた時、どう感じますか?
知人から PC セットアップを頼まれた時、どう感じますか?――アイシェア調べ(japan.internet.com) - Yahoo!ニュース
ac06c76c.jpg

素人にはハードルが高いと敬遠されがちなパソコンのセットアップ。その道のプロともいえる職に従事している人は、知人にどの程度設定を頼まれたりするのだろうか。また、実際に頼まれてどう思っているのだろうか。

株式会社アイシェアは携帯電話ユーザーに対し「セットアップに関する意識調査」を実施、2008年10月9日、調査結果を発表した。

調査対象は、同社が提供する無料メール転送サービス CLUB BBQ の会員412名。男女比は、男性:52.9%、女性:47.1%。年代比は、20代:11.9%、30代:47.8%、40代:29.4%、その他:10.9%。調査期間は、2008年9月22日~28日の7日間。

回答者の職業で「IT・コンピュータ関連職」は22.1%。そのうち、パソコンの設定などに関わる仕事をしている「設定従事者」は47.3%、「設定非従事者」は52.7%。

パソコンの修理やネットケーブル配線、Wi-Fi 設定などを普段どのように行っているか、との問いには「全て自分でやっている」が全体の64.1%を占めた。「全て自分でやっている」の割合は IT 関連職で85.7%と高く、特に設定従事者では90.7%だった。

知人からパソコンや Wi-Fi の設定を頼まれることはあるかと聞いたところ、全体では「よくある」が15.0%、「たまにある」が40.5%で、合わせると55.6%。「ある」としたのは IT 関連職で70.3%と高い。

設定従事別に見ると、「たまにある」の割合は設定従事者、非従事者で大差ないが、「よくある」の割合は設定従事者が39.5%、設定非従事者の16.7%と大きな差が出た。「餅は餅屋」ということか、同じ IT 関連職でも差があるのは興味深い。

では正直な話、知人からセットアップを頼まれた時にどう感じているのか。全体では「とても嬉しい」が7.4%、「どちらかといえば嬉しい」が55.9%で、合わせると63.3%が「嬉しい」と回答。

「どちらかといえば迷惑」が33.2%、「とても迷惑」が3.5%で、合わせると36.7%が「迷惑」としている。IT 関連職では「嬉しい」が65.6%で全体と比較してわずかに高く、頼りにされる快感があるようだ。

設定従事別に見ると、「とても嬉しい」の割合は設定従事者の方がやや高いものの、「どちらかといえば嬉しい」の割合は設定従事者の50.0%に対し設定非従事者が57.1%となっており、設定非従事者の方が高い結果となった。

設定非従事者にとっては専門外のセットアップだが、頼まれるのは案外嬉しいということなのかもしれない。


私は設定、サポートを頼まれることは『良く有る』人です。今までサポートしたPCの数は『多すぎて把握してない』です。
PCセットアップに限らず、自分の知人が困っているのを見て、自分がそれを解決出来るから手助けをするだけです。
見て見ぬフリをする程『薄情者』ではないですし。
あまり『嬉しい』とは思いませんね。あ、カワイイ女の子の家に行ってそれをきっかけにお近付きになれたりしたら『嬉しい』かな?w
期待していなかった『報酬』が、例え現物支給でも有ると、最初から期待していなかっただけに嬉しく感じます。
そういうのを積み重ねていって、『どちらかと言えば嬉しい』となるかもしれません。

ただ…やはりPC初心者は、設定した人間を無実の罪で責めるケースが多いですよね。
無知ゆえになのでしょうが、ボランティアのつもりでやっているコチラからすればたまったものではありません。
そういう事が有る度に、後悔しますね。『もう二度とやらねぇ』と決心しますw

でも頼まれるとまた行っちゃうんですけどね。馬鹿ですねぇ。
断る勇気が無いだけなのかもしれませんw
『アイツはケチ』やら『使えねぇ』とか思われたくない『自己保身』が有るのかもしれません。私の人生の基本は『断れない』人生ですねw

損得だけで言えば、PCセットアップを頼まれた時にやってあげる行為は、損の方が明らかに多いです。圧倒的といっても差し支えありません。
他人には全くお勧め出来ません。無料出張24時間サポートとして生きる『覚悟』が無ければ止めておきましょう。

助け舟を出して順調に上手く解決した時に『ありがとう』と感謝された時は『やって良かった』と思います。しかし助け舟は泥で出来ているので気を付けましょう。
相手は何の知識も無いのに『直せて当たり前』と思っているのですから。元々調子の悪いPCなのに、トラブルの原因を発見しきれずに解決出来なかったり、解決出来ても後日また調子が悪くなれば、『コッチのせい』にされてしまう事もあります。

そういう経験をすると医療事故での訴訟リスクを恐れて廃業する産婦人科・小児科の側の気持ちがわかりますよね。
他の仕事でも、常に完璧を求められる仕事は、例え報酬がきちんと貰えても大変だろうなと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/853-41dafb91
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。