NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)刻々と近づくバラエティ番組の終焉…時代はドキュメンタリーへ
livedoor ニュース - 肥留間正明の芸能斜め斬り お笑い番組からドキュメンタリー番組にシフトしたテレビ局
a2474197.jpg

 この秋の番組改編で、民放各局が、ついにお笑いに番組に見切りをつけ始めた。各局とも「視聴者の心に響く」をテーマにして、ドキュメンタリー番組をの制作に力を入れている。
 TBSは水曜日の午後9時以降を報道番組で固めた。9時には「水曜ノンフィクション」を関口宏が担当し、10時からは「久米宏のテレビってヤツは!?」を新設、11時からの「ニュース23」に流れを作る狙いだ。確かに、年金生活に突入した団塊の世代が、ひな壇タレントやバラエティー番組を求めているとは思えない。若者のテレビ離れははなはだしいが、団塊世代の高齢者は、テレビを見ようとするものの、見たいコンテンツがない。そこで、視聴者の対象を40代以上に向けようというわけだ。

 ダウンタウンをはじめとして10%を切るバラエティー番組が続出。鈍感なテレビ局も視聴者がバラエティーに、そっぽを向いていることに気づいたのだろう。さらにお笑いタレントの高額なギャラは、テレビ局の経営を苦境に陥れている。バブル全盛期のように4000万円、5000万円という高額な制作費は望めない。今ではスポンサー離れが激しく、広告費はウェブに流れている。
 TBSでは、さらに土曜日の午後10時に「情報セブンdaysニュースキャスター」という番組を設け、安住紳一郎とビートたけしが担当する。
 ドキュメンタリーといえば、テレビ朝日では月曜午後7時からのゴールデンタイムで「報道初ドキュメンタリー宣言」という報道番組を始める。司会は、古舘伊知郎と同じ所属事務所の長野智子。
 このドキュメンタリー志向の裏側には、01年9月11日のニューヨーク自爆テロがある。「事実は小説より奇なり」というが、今では事実のほうが小説よりも、数段すさまじい。サブプライム問題を皮切りにしたウォール街の株安、アメリカの銀行、証券会社の破綻、ドラマ以上の現実が展開している。親殺し、子殺し、自爆テロはこれまでフィクションの世界だったが、すでにノンフィクションだ。
 一方では完全に乗りきれないテレビ局もある。相変わらず日本テレビでは、安っぽいお涙ちょうだいの感動を呼び込もうと、火曜午後9時に「誰も知らない泣ける歌」という番組を始める。司会は西田敏行と上田晋也。果たして番組タイトルのように泣ける番組になるのか大いに疑問が残るところだ。
 フジテレビは「エチカの鏡~ココロにキクテレビ」をタモリを使って作るが、いまだに大物タレントの呪縛から抜け切れていない。
 いずれにせよバラエティー番組の終焉は近づいている。


あれ?やらせが問題になってドキュメンタリー番組が次々無くなって今の状態になったんじゃなかったっけ?
また『やらせ&思想誘導』ばかりの糞ドキュメンタリーを見せられるのか…ウンザリ。
報道とドキュメンタリーは『真実』のみが重要。偏向されたりやらせが少しでもあったりすれば、その価値は激減する。今のTV局がそれを理解し実行するとは思えないんだけどねぇ。
ますますTVの電源を入れる時間が短くなりそうです。

まあ、もしドキュメンタリー番組のスポンサーになろうと考えている企業があったら決定は慎重に。またどうせやらせ・偏向・捏造を繰り返し、不買運動の対象にされてイメージを悪くする可能性が大ですよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/10/05(日) 11:17 | URL[ 編集]
    お、TBSの「やらせ部隊」の面目躍如ですなw
    また沢山のやらせ番組を我々に提供してくれる準備ができましたね

  2. 名前:  #- | 2008/10/05(日) 20:11 | URL[ 編集]
    また自爆か!

    ドキュメンタリ→やらせ発覚

    バラエティで乗り切ろう→若者がTV離れ

    ほとぼりも醒めたしやらせでもすっか!→ジジババGet!

    またやらせ発覚→ジジババもTVを見なくなる。



    自分たちで自分達の業界を消滅させるような手を良く打てるなぁと思う。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/835-fc914fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。