NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)東大法卒、ハーバードでMBA取得、GS出身の超エリートがドーナツ屋に
livedoor ニュース - 超エリートビジネスマンが“ドーナツ屋”になったワケ

 赤坂のTBS近くに今月1日、一軒のドーナツ屋がオープンした。「Neyn」という名で、ヨーロッパ風のドーナツを売るオシャレな店だ。

 アルバイト店員に交じって、チラシを配り、接客をし、レジをこなすのは、オーナー経営者の山田善久氏(44)。東大法学部出身、興銀に入り、ハーバード大でMBAを取得。その後、ゴールドマン・サックスを経て、楽天の常務取締役へ。さらに楽天トラベルの社長になった超エリートビジネスマンだ。山田さんが楽天を辞めたのは07年3月。イロイロな会社から転職の誘いがあったというが、全部断り、ドーナツ屋を開いた。

「一緒にファンドをやらないかというお話もありました。でも、今の日本に足りないのは事業を助ける人ではなくて、事業を起こす人ではないか、と思ったんです。どうせやるなら、世界で通用するものがいい。金融、流通を経験して、日本が世界に誇れるものは何かと考えたとき、サービスではなく、モノだと思った。なかでも食品はいける。日本人の舌は肥えていますからね」

 数ある食品の中からドーナツを選んだのはこういう理由だ。

「ドーナツは人気があるけど、もともと米国のものだから、アメリカンスタイルしかない。ウチのドーナツはヨーロッパ風の手作りドーナツ。素材にこだわり、高級洋菓子のような味とデコレーションを目指した。これだけで差別化できるんです。ヨーロッパにはドーナツ屋はないが、ゆくゆくは世界中に出店したいなと思っています。米国留学して、ゴールドマンにいた僕が言うのも変だけど、時代は米国ベッタリではないですよ」

 こうした“身軽さ”が景気を押し上げる予感がする。


うーん…正直よく解りません。
この記事って、『勝ち組エリートがエリート路線から外れてドーナツ屋を開店したんだって。意外でしょ?』って意味で書かれているんだと思います。
要は、ドーナツ屋を見下している訳です。
『エリートがドーナツ屋を始めるなんてヘンだよね?』って記事なのです。

しかし私はそうは思いません。
赤坂のTBS近くにドーナツ屋を開店するなんて、誰でも出来る事ではありません。望んだって普通の人には無理です。オーナー経営者の山田善久氏は今でも明らかな『勝ち組』です。
ドーナツ屋だって経営次第では資産をいくらでも増やす事が可能です。普通の経営者よりは山田善久氏の経営手腕は上なのでしょうから、今後大成功する事だって夢ではありません。

だからこのニュースが何故ニュースとして取り上げられているのかが私には全く解らないのです。私からすると何も意外ではなく『勝ち組が起業した』だけの話としか思えないのです。
エリート社員がドーナツ屋を起業するとそんなに意外ですか?
そんなにドーナツ屋ってニュースにするほどヘンな職業ですかね?

まあ、外食産業で成功するのは大変でしょうね。
しかしこの人ほどの『実力者』なら何とかするんじゃないんですかね。

『こうした“身軽さ”が景気を押し上げる予感がする。』などという締め方をして経済のニュース風にすると余計に違和感があります。単なるPRなら普通に納得なのですけどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:masuda39 #- | 2008/09/16(火) 08:29 | URL[ 編集]
    有名な「ヤバイ経済学」に似たようなエピソードがあったので、記者が取り上げてみたくなったんじゃないかな。

    それしか思いつかないです。

  2. 名前:名無しさん #- | 2008/10/29(水) 22:02 | URL[ 編集]
    >ヨーロッパにはドーナツ屋はないが、

    大手のドーナッツ屋がいくつかあるよ。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/774-0f5936a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。