NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)「殺しに行く!」 結婚相談所に乱入して警官に撃たれた男、フェンシング剣やグルカナイフなど刃物十数本装備していた
2e36d250.jpgグルカナイフ

asahi.com(朝日新聞社):刃物10数本、男暴れる 警官発砲、取り押さえる 福島 - 社会

 9日午前11時すぎ、福島県郡山市駅前1丁目のビル5階にある結婚相談所に、刃物十数本を持った男が侵入した。110番通報で駆けつけた郡山署員3人のうち地域課の巡査部長(58)が、刃物を振りかざして威嚇する男に向けて発砲。男の左太ももに命中させ、公務執行妨害と銃刀法違反、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。男はこの結婚相談所の会員とみられ、同署が動機などについて調べている。

 結婚相談所の事務所には当時、女性事務員が2人いたが、別室に避難していて無事だった。郡山署によると、男は同県須賀川市森宿、職業不詳米倉穣容疑者(34)。命に別条はないが市内の病院に搬送するためいったん釈放し、快復次第、逮捕する方針という。

 調べでは、米倉容疑者は午前11時すぎ、フェンシング用の剣(長さ105センチ)や「グルカナイフ」と呼ばれる全長56センチの牛刀のような刃物十数本を持ち、結婚相談所の扉を破って侵入、駆けつけた警察官3人に抵抗した疑い。

 郡山署の宮川道夫副署長は、両手に刃物を持った米倉容疑者に巡査部長は「刀を捨てなければ撃つ」などと警告したが、向かってきたため発砲したと説明。拳銃の使用は「適正だった」としている。



撃たれて逮捕の牛刀男、フェンシングの剣まで ナイフ十数本で武装 福島 - MSN産経ニュース

 9日正午ごろ、福島県郡山市のJR郡山駅近くのビルに押し入り、牛刀のようなものを振り回したとして福島県警に逮捕された同県須賀川市森宿、職業不詳、米倉穣容疑者(34)が、牛刀のような「グルカナイフ」のほか、フェンシングの剣(全長約105センチ)を持ち、スローイングナイフなど計十数本をベルトに差すなどの“完全武装”をしていたことが分かった。

 郡山署の調べでは、米倉容疑者が押し入ったのは、ビル5階にある「結婚情報センター郡山支店」。あらかじめ「殺しに行く」などと電話した後、鍵のかかったドアを蹴破って押し入ったという。

 当時は女性従業員2人がいたが、けがはなかった。米倉容疑者は同センターの会員とみられ、同署はサービスをめぐるトラブルがあったとみて調べている。

 通報を受けて駆け付けた署員が米倉容疑者に刃物を捨てるよう指示したが応じなかったため、巡査部長(58)が一発発砲。弾は左ももを貫通した。同署は治療のため米倉容疑者をいったん釈放、回復後に再逮捕する方針。


詳細が不明ですので、なんとも言えませんが、解っている情報としては容疑者が『職業不詳』だと言う事。この状態で結婚相談所に行っても碌な扱いを受けないでしょうね。
そのあたりが事件を起こす『原因』になったのでしょうかね。

毎日新聞のみが容疑者の詳細に触れているのですが、本当なのかな?毎日変態新聞の件こういう件もあって、毎日単独だと信用出来るソースなのかが最近イマイチ不安なのですが…どうなんでしょうね?

男乱入:白昼の繁華街に衝撃、刃物男に警察官発砲 ナイフ収集が趣味--郡山 /福島 - 毎日jp(毎日新聞)

 JR郡山駅前のビル内の結婚情報会社で9日に起きた、フェンシング剣などを持った男に警察官が発砲した事件は、白昼の繁華街に大きな衝撃を与えた。十数本の刃物を所持し、銃刀法違反などの容疑で現行犯逮捕された須賀川市森宿、職業不詳、米倉穣(みのる)容疑者(34)は、子供のころからサバイバルナイフ収集が趣味だったという。郡山署は、結婚相談を巡るトラブルが原因の可能性もあるとみて追及している。

 家族によると、米倉容疑者は5人兄弟の次男で、岩瀬農業高を卒業後、陸上自衛隊福島駐屯地に入隊したが1年足らずで辞め、コンビニなどでアルバイト生活を送っていたという。小学生のころから手先が器用で、プラモデル作りのほか、モデルガンやサバイバルナイフに関心を持っていたという。

 兄(35)は「ため込みやすい性格で、ニュースを見た時は『やってしまったな』と思った。結婚相談していたとは知らなかった」と困惑した様子だった。

 現場は、郡山駅西口前の旧丸井ビル西側にある8階建てビルの5階。1階の画廊経営者(59)は「サイレンを聞き外に出ると、男が担架で救急車に運ばれて行った。ビルの監視カメラを見たら、サングラス姿で棒のようなものを持った男が、エレベーターに乗る所が映っていた」と青ざめた表情で話した。また、近くを通りがかった専門学校教員の女性(63)は「駅近くで刃物を振り回す事件があるなんて。最近は身近な場所でも何が起きるか分からず、怖い」と話していた。【坂本智尚、今井美津子、神保圭作】


毎日単独のソースだと『そんな事は言っていない』『そんな事実は無い』という事になりそうなので不安なんですよね。

アルバイトですか…現実問題、アルバイトでは結婚は難しいのでしょうね。
しかし企業は『コストダウン』の名の元に正社員枠を競うように減らしており、パートタイムによるワークシェアを当然の事であるかのように語る経営者も多いです。

アニ妻ぶろぐ。 派遣労働・トヨタ関連 コピペ集

奥田 碩(日本経団連名誉会長 元トヨタ自動車会長)
「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」

宮内義彦(オリックス会長 元規制改革・民間開放推進会議議長)
パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ

奥谷禮子(人材派遣会社ザ・アール社長 日本郵政株式会社社外取締役 アムウェイ諮問委員)
「格差論は甘えです」
「競争はしんどい。だから甘えが出ている。個人の甘えがこのままだと社会の甘えになる」

篠原欣子(人材派遣会社テンプスタッフ社長)
「格差は能力の差」

南部靖之(人材派遣会社パソナ社長)
フリーターこそ終身雇用

林 純一(人材派遣会社クリスタル社長)
「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」


アルバイト、派遣、パートが社会人として当たり前ならば、結婚したって良いんですけどねぇ。

勿論、刃物を持って押し入るような凶悪な行為は許されるべきではありません。しかし結婚を望む人間が正社員枠を貰えずに結婚出来ないのは、国として終わっているのではないかと思います。
コストダウン名目で人件費を削る事を『成功』であるかのように語る経営者ばかりです。しかし皆がそれをやれば雇用枠は加速度的に減り社会は破綻します。

現実、今の日本では『結婚しない』『結婚はしたいけど諦める』という選択が男にとって正解と言えるでしょう。パートナーの要求ばかりが現実離れの高望み状態で酷すぎます。それをクリア出来なければDVとして犯罪者扱い、そしてあっさり離婚されます。女性は離婚するとやたら手厚い保護が受けられる権利を得る事が出来ます。
そうならない為の雇用枠は減る一方、条件は悪くなる一方です。
現実をを知れば知る程幸せな生活など夢見る事も出来ません。
しかしそれでもあえて結婚を望んでいる人がいるならば、その人は一体どうすれば良いのでしょうね。

今の世の中で、まだ結婚を望んでいる人でさえ結婚出来ない状況なのですから、少子化の解決は大変でしょうね。まあ今まで少子化対策をフェミ・ジェンダーに任せて真逆の『少子化・離婚促進、女性優遇』を税金を使ってやっていたのですから国の責任です。

実際に事件を起こすのは『切れやすい特別な人間』かもしれません。
しかし幸せを望んでもそれは手が届かない。仕事枠はドンドン減り、『椅子取りゲーム』に負けた人間は満足な収入を得る事は出来ない。世の中に絶望する男が増え、その中の『切れやすい特別な人間』が暴れる。
この構造を何とかしなければ、根本解決は出来ません。
次の『切れやすい特別な人間』は貴方かもしれませんし、私かもしれません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:むぅん #- | 2008/09/12(金) 21:46 | URL[ 編集]
    ロスジェネと呼ばれる男性の消費は、無駄遣い・・
    女性の方が堅実で経済的にもゆとりがあるというのは、ある意味当然の帰結かと思われます。
     閉じこもったロスジェネ男性を救済するほど財政にゆとりはありませんから。

  2. 名前:名無しさん #- | 2008/09/12(金) 22:11 | URL[ 編集]
    > コメ1むぅん
    何言ってんの?
    病院行ったら?

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/751-4054ad6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。