NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)「企業努力とテクニックで」 有害米、なんと正規米にも混ぜて出荷…三笠フーズ
asahi.com(朝日新聞社):有害米2割、正規米に混ぜる 農水省、出荷先特定急ぐ - 社会
a2812356.jpg

 工業用に限定された事故米を食用に転用していた米販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が農林水産省に、「事故米を2割ほど、正規米に混ぜて出荷していた」と説明していることがわかった。農水省は、取引先に気付かれずにコストを抑える狙いだったとみて、出荷先の特定を急いでいる。政府が事故米を売却したほかの16社についても、食用に転用していないか8日以降、一斉点検する。

 農水省の調べでは、三笠フーズが正規米との混合を認めているのは、カビ毒のアフラトキシンB1が検出されたり、水でぬれたりした分で、いずれも「うるち米」。有機リン系の農薬成分メタミドホスが検出された中国産の「もち米」800トンについては、「混ぜていない」と説明しているという。

 三笠フーズの社員によると、正規米がタイ産やベトナム産であれば、同じ産地の事故米を精米機にかける前に混ぜることで、取引先に気づかれないよう細工していた。この社員は「企業努力で1円でも安くするためだった。ブレンド米は米業界では常識。味を落とさずに配合割合を考えるのが米屋のテクニックで、その手法を応用した」と話している。

 8割の正規米に2割の事故米を混ぜた米は、焼酎メーカーなどに出荷されたとみられる。三笠フーズからの流通経路は、仲介業者から別の仲介業者や米穀店へとつながり、農水省が確認できた分だけでも、加工メーカーに届くまでに最大5段階にのぼる。この過程で、何も知らない業者が、さらに他の米を混ぜてブレンド米とし、全国各地で販売されたおそれがある。

 三笠フーズ関係者は事故米の食用への転用について、「(同業者は)どこでもやっている」と証言している。このため農水省は、過去に政府の事故米を購入した、ほかの16社についても、事故米をどのように販売したか詳しく調べる。


米屋のテクニックですか…馬鹿にしてますよね。
米屋がやっていると言うその行為は『テクニック』ではなく単なる『詐欺』です。

三笠フーズの場合は、俗に言う『殺しのテクニック』ってヤツですね。分かります。


農林水産省-非食用の事故米穀の不正規流通米の回収について(第2報)

これは無差別テロ行為と言えます。『食品偽装』扱いなのが不思議です。
日本も中国の民度の低さを馬鹿にする事が出来なくなってしまいました。
この静かな大規模テロ行為により、実際どれだけの人が健康被害を起こしたのでしょうか?

本件に関しては、調査も慎重で追及も甘めな気がします。私の気のせいかもしれませんが。
政府と取り引きがある、事故米を購入出来るような会社だからですかね。

事故米を流通させたのはどこなのか…
調べてみると…農政事務所(旧食糧庁の食糧事務所)と全農林ですか。
知る人ぞ知る、左巻きが集まった民主党の選挙応援とかやってる所ですね。
これは真相究明が大変そうだw


関連エントリー
中国から輸入されたメタミドホス検出の非食用米、業者がせんべいに加工?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/09/09(火) 02:31 | URL[ 編集]
    ドクゴメテクニック

  2. 名前:優(ノ_・。) #- | 2008/09/09(火) 04:13 | URL[ 編集]
    仮免19才女子が車真っ二つの事故を起こした事件。
    三人死亡の交通事故。

    仮免19才女子が自殺したのは本当かな?

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/744-03bb296a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。