NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)図書館にも「女性専用席」、ホームレスや痴漢対策で…田嶋陽子氏は批判
「図書館にも女性専用席 ホームレス対策…「不公平」の声も」話題!‐話のタネニュースイザ!
図書館にも女性専用席 ホームレス対策…「不公平」の声も(産経新聞) - Yahoo!ニュース
0738c160.jpg

 東京都内の図書館で、女性専用・優先席を設ける動きが広がっている。現在のところ、23区内220館のうち8館で実施。女性専用車両の痴漢対策というよりは、主な理由がホームレス対策だ。「安心して使える」「使いやすくなった」と歓迎する女性の声もあるが、男性からは「不公平だ」との声もある。(安岡一成)

■苦肉の策
 台東区の中央図書館。今年4月からフロアの一角に設けられた「女性専用席」に女性が2人腰掛け、料理雑誌を読んでいた。周りの棚にはファッションや子育てなどの女性向け雑誌が並ぶ。
 いつも利用しているという主婦は(58)「ホームレスがいっぱいで利用しづらかったから、女性専用席は悲願だった。おかげで落ち着いて読めるようになった」と話す。
 台東・荒川の両区には日雇い労働者やホームレスが多く滞在する通称・山谷(さんや)地区がまたがる。雨天や暑さ寒さが厳しい時は朝から大きな荷物を持ったホームレスが図書館の前で開館待ちをしているという。
 荒川区の南千住図書館。昭和63年と都内で最も早く女性専用席を設置、平成10年に移転してからも9席の女性専用席を「女性コーナー」として継続している。
 「飲酒したホームレスが大勢くると空調では対応できないほど館内全体が酒臭くなる」と職員。移転前はさらにひどく、「ホームレスが閲覧席を占領して利用したくても近寄れなかった。ケンカ、居眠り、床に座りこむ…。声をかけるとよく殴られた」と振り返る。女性から「怖い」いう苦情が殺到したことから設置したという。
 専用席設置の理由に「ホームレス対策」を挙げたのは他5館。一方、江東区の東雲図書館などは「痴漢が出たから」とした。いずれもここ10年以内に設置しているが、「苦情がでたからといっても利用拒否はできない。多くの人に快適に利用してもらいたい」(葛飾区のお花茶屋図書館)という「苦肉の策」として設置されたのが共通している。
 しかし、疑問の声もある。女性席の割合が50席中10席と大きい中央図書館では、「不公平だ」などと男性から抗議があるという。別の図書館の職員は「個人的には反対。男女を分けることはおかしいと思う」と漏らした。

■住み分け
 ホームレスが多いといった環境にあっても女性専用席を置かない図書館もある。
 墨田区の寺島図書館はかつて女性専用席があったが4年前の館内の配置変更を機に廃止した。その代わり、男性の読者が多い新聞を2階に、女性向け雑誌を1階に配置したところ、自然に男女の棲み分けができたという。
 台東区の石浜図書館は思い切って一般用の閲覧席を全廃し、貸し出し専用の図書館にした。
 荒川区の荒川図書館は今年4月、小坂英二区議の抗議を受けたのをきっかけに女性優先席を誰でも座れる「暮らしのコーナー」と改名した。
 小坂区議は「女性専用席という名称では、男性はたとえ高齢でも障害があっても座れない。迷惑利用者を不快に思うのは男女変わらない」と指摘する。
 一方、南千住、日暮里図書館は同区議の抗議を受けたが「なくせばまた、女性が来づらくなってしまう」として現状維持の方針だ。

■解決策は
 女性専用席を実施しているのは首都圏では東京都のみだった。都内の図書館を管轄する都立中央図書館(港区)は、各図書館の独自の取り組みになるため実態は把握していないという。
 こうした取り組みについて、コラムニストの勝谷誠彦さんは、「看板を立ててトラブルから逃げようとする図書館員の事なかれ主義だ。税金を払わないホームレスを図書館に入れること自体おかしいし、女性だけの席をつくるのは公平でもない」と辛口だ。
 女性学研究家、田嶋陽子さんも「女性の言うことを聞くことが男女差別解消になると誤解した行政の典型だ。そもそも、体臭のことをいうこと自体が差別で、行政がその片棒を担いではならない。もっと工夫すべきだ」と疑問を呈する。
 利用者の女性には評価が高かった。それだけ、厳しい状況なのだろうが、専用席の設置は根本的な解決策にはならない。どうするべきか、アイデアを募る必要があると実感した。


まず『ホームレス』を図書館から排除すべきか否かですね。
ホームレスと言うと解りづらいですね。

『経済弱者は図書館利用を制限されるべきなのか?』と質問すればどう答えます?『いいえ、それを理由に制限するのは問題が有ると思います。』という答えが一般的だと思います。

では『酷いニオイをさせた人が図書館を利用する事をどう思います?』という質問してみましょう。コレはおそらく意見が分かれると思います。
『ニオイくらい我慢しろ。差別するな』という意見もあるでしょうし、臭いニオイに全く耐性の無い人は『迷惑なので止めて欲しい』と言うかもしれません。

では『迷惑行為をする人を排除すべきですか?』と聞いてみましょう。この質問の仕方なら殆どの人が『排除すべき』と答えると思います。

『ホームレス』と『迷惑行為者』は必ずしも同一ではありません。ホームレスの中にも職を得るために勉強に来る人もいますし、他人に迷惑をかけまいとする人もいます。
排除すべきは『ホームレス』ではなく『迷惑行為者』なのです。

『迷惑行為者』は図書館を管理する人間が責任をもって排除すれば良いのです。当然、図書館には警備の為の人も雇われているはずです。
『迷惑行為』の常連は出入りを禁じても良いでしょう。
あまりにも迷惑行為が酷いのならば警察を呼べば良いのです。
何故女性利用者からの苦情や暴力行為にきちんと対処しないのでしょうかね?苦情の内容が正当なものならば対処すべきです。警備員も監視しているでしょうし、施設内には監視カメラも既にあるでしょうしね。


もうひとつの疑問は、図書館側が、『女性専用席』を用意する事で男性排除をしている事です。
問題点を『ホームレス』としているのに実際にしている対策が男性差別なのは意味不明で全く同意できません。

『迷惑行為者』の排除をすれば良いだけなのに、男性全体に罪があるかの如く扱うのは納得出来ません。明らかな男性差別の理由を説明して欲しいです。


本当はホームレスが自由に使える専用の登録制シャワー施設を自治体が用意出来ると良いのですがね。その程度なら維持費も大して掛からないでしょうし、ニオイで迷惑がられる事もなくなります。同和利権や男女共同参画利権など、意味不明な利権を廃すれば余裕ですよね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:女性民主主義 #NQHiQF0E | 2008/09/15(月) 11:04 | URL[ 編集]
    ホームレス対策がいきなり三段跳び論法で女性専用席の設置ですか?誰が考えたって図書館側の対処は論理破綻してますよね。でもねえ、わたし図書館側の心の叫びが聞こえる気がするんです。「だってみんなやってるじゃん!」て。社会全体に女性専用の制度やサービスがここまでまかり通るまで黙認してきた国民全体の責任もあるでしょう。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/738-be3f1478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。