NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また児童相談所の暴走のようです。
今回の舞台は東京・墨田児童相談所です。

誘拐・拉致犯墨田児童相談所に抗議を!! のまりんの資料棚-ウェブリブログ

児童相談所による不条理な子供誘拐拉致事件。
『子供の人権・虐待防止』を謳い文句にしている為に、事情を知らない人を騙しやすく、実際に騙されている人も多く見る事が出来ます。それ故に児童相談所問題の被害者本人は『虐待加害者』扱いを恐れて声さえ挙げ辛い状態です。虐待を止める事と、児童相談所の理不尽な横暴を許すのは全く違う話なんですけどね。

子供の事に関しては既に警察ではなく児童相談所に権限があります。
例え警察に連絡したとしても、子供に関しては児童相談所に連絡が行くシステムになっています。だから児童相談所の暴走を止める権限は何処にもありません。決定権は全て児童相談所側にあり、裁判所の承認を機械的に貰えば法律上は児童相談所側が正しい事になります。
児童相談所のかなりの割合の職員がフェミニズムを隠れ蓑にした極左的危険思想に蝕まれており、『家族を解体し子供を強制的に取り上げ施設で集団で育てる』のが良いというテロ組織にも似た考え方を持っています。家族というものが連中にとっては『破壊すべき対象』なようです。

勿論、こういう事に無縁な偏向していない職員も沢山居ます。しかし児童相談所の職員は基本が役所の職員による年単位の腰掛職であり、本業に対しても無関心な職員が多く、度々問題が発生している事からも、一部偏向職員の積極的暴走を全く抑えきれない状態にあることだけは間違いないようです。

仕組みは『DV冤罪』『痴漢冤罪』と基本同じですね。
虐待が話題になる度にそれを『凶悪な父親によるもの』とミスリードし、『家族という閉鎖的な集団があるから虐待が起こる』とのカルト的な理論で『家族の解体』『児童相談所の権限強化』しかないとすり替えます。現在でも児童相談所の職員の偏向思想を止める事は誰にも出来ないのに、さらに強化された事を考えたら…恐怖で震えが止まりません。


児童相談所側に巣食う偏向思想の持ち主達は『夫・妻の争いを見せるのは、子供への虐待である』との理屈で子供を連れ去り、自らは権力を使って子供の心を平気で踏み躙り傷付けます。

幸せに暮らしている子供の意志など全く無視します。『未熟な子供の判断などあてにはならない』そうです。
『すぐ帰れるから一度預けた方が良い』などと平気で嘘を並べて子供を預かり、そのまま拉致して逢わせない、返さないのが基本です。強引に連れ去る場合もあります。

児童相談所側は自分達の決定が絶対の正義であり、それに従わない存在を徹底的に踏み躙ります。
理由は『私達がそう判断したから』で、警察のような客観的な判断基準は一切存在しません。説明責任も果たしません。
警察以外の組織に権限を持たせる事の危険性を表しています。監視の目が光る警察でさえたまに暴走するのです。監視もない、基準もない、野放し状態の児童相談所は暴走を繰り返し誰も止める事が出来ません。

子供を一人保護するごとに、自治体からの補助金が施設に払われるシステムもでっち上げを増やす要因になっています。このお金の流れのシステムは『DV冤罪』と全く同じですね。
偏向した行動を取る職員にも、歪んだ思想を推進する為の者も居れば、お金儲けのみに執着している者も居ます。

本件は、原君(11歳・小6男子)の父母は別居、父と姉が子育てしていました。しかし母が子供を強引に引き取ろうとし、しかし原君本人は父・姉と離れる気持ちが全く無かったと言う、実に単純なもめ事でした。
児童相談所に『一時預かりだから大丈夫』『すぐに帰れる』と騙されて原君を預けてしまいました。普通の人はまさか公共の機関が平気で人を騙すなどとは思っていませんから仕方がありません。実際は親子はそのまま無期限隔離されてしまいました。
騙された原君は幸せな生活の為に必死に逃げ出しますが、墨田児童相談所側は歪んだ思想による『ルール』で権力を嵩に拉致監禁を繰り返しました。今現在も拉致監禁を狙っています。
児童相談所側は己が目的の為に原君に圧力をかけ『父に虐待された』との事実と異なる証言まで取ろうとまでしました。


児童相談所による拉致監禁など、『児相問題』に取り組んでいる『DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会』代表、野牧雅子さんが助けを求めております。常識ある皆の抗議が原君を助ける事になります。

抗議先
 墨田児童相談所・・・・墨田区江東橋1-16-10
            所長 江角義男   所員 久野・増井・松崎 殿
           TEL 03-3632-4631   FAX 03-3635ー6741
           メールアドレス  S0000213@section.metro.jp

誘拐・拉致犯墨田児童相談所に抗議を!! のまりんの資料棚-ウェブリブログ

11歳原少年を救え

1~2週間で帰れますよ と騙して

連れて行き

さらに

泣き叫ぶ子供を数人の児相職員が

力づくで連れて行く



皆様、児童相談所から命がけで逃げ帰った11歳の原君を助けてください。抗議先は、誘拐・拉致犯である墨田児童相談所です。

板橋区志村警察署で「お父さん、お父さん」と泣き叫び、足をバタバタさせて抵抗する11歳の少年を、児相職員数名が力づくで拉致したのです。
父親の親権・監護権が母親側のサヨク弁護士によって父親不在中に母親に移動してしまっており、児相職員に力づくで施設に拉致されたものの、果敢にも、少年は父親のもとに逃げ帰りました。

親権がないためか、墨田児相は子供を施設に「保護」するのに、何の通知も父親に出していません。馬鹿にしきっています。

講義内容は、
「即刻、解除通知書を父親に出せ」
「誘拐・拉致」を警察に自首しろ、
或いは、「誘拐・拉致を原少年に土下座して謝れ」でもいいです。

☆墨田児童相談所
〒130-0022 東京都墨田区江東橋一丁目16番10号
電話 03-3632-4631  FAX 03-3635-6741
S0000213@section.metro.tokyo.jp
所長     江角義男
担当職員  久野、増井、松崎

☆最終の施設
西台子ども館
〒175-0045 板橋区西台1-27-10
電話 03-5920-1122  FAX03-5945-4152


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°

☆平成18年3月、父親が仕事で日本にいなかったスキに、母親が裁判所に申し立てて、原君(当時9歳か10歳)の親権と監護権が母親に移ってしまいました。父親と住めなくなることを告げられ、原君は幼いながらも自殺未遂しました

☆平成18年11月、母親は原君が頑として父親のもとを離れないので、裁判所に引渡しを申し立てました。
何回か審判期日が開かれましたが、父親はまたまた海外に出張であったため、欠席扱いとなりついに、

☆2月5日
審判がくだり、引渡しが決まりました。しかし、頑として原君は父親と、敬愛する姉と一緒に今までどおりの生活がしたいと、母親のところへ行くのを拒否し続けました。2月23日父親は即時抗告をしましたが、

☆3月20日、棄却されました。つまり、原君は何が何でも母親のところへ行け、というわけです。しかし、原君はお父さんと大好きなお姉さんがいる今の生活を続けたいと、父親の家を離れませんでした。

☆12月20日、拉致事件。
江東区の小学校に通学途中、何者かはいまだに分りませんが、4人の大人(母親の仲間らしい)が原君を取り押さえ、拉致しました。歩行困難な山中にあらかじめ用意されていた山小屋に監禁されたのです。その後3ヶ月間、母親側は通学さえさせませんでした。

☆この間、父親は子どもの人権110番に電話し、T弁護士らに相談をしていました。

☆平成20年3月21日
原君は監禁場所から逃亡し、父親の携帯電話に架電し、助けを求めました。父親は原君にタクシーを使わせ、父親、原君、子ども110番T弁護士、M弁護士と合流しました。

T弁護士らは、そのまま子どもの人権110番の当直弁護士のもとへ父と子を連れて行きました。当直弁護士は「母親による虐待」として墨田児童相談所に通報し、指示により父と子は児童相談所へ行きました。

児相職員は、母親と父親が争っているということで、原君を委託先の保護施設「カリオン」に預けることを勧めました。その時、「お母さん側にはっきりとお父さんと一緒に暮らしたいと言いなさい。そうすれば、1~2週間で帰れるから」と言いました。

しかし、その後、説明とは異なり、新宿の一時保護施設に移送されました。


☆平成20年4月~6月
児相に、原君の友達が何人か面会を求めたのですが、全て却下されました。
もちろん、父親、父親の親戚・友人達の面会、手紙、電話等、全て却下されました。一時保護施設の場所も教えてもらえませんでした。

☆平成20年5月28日
原君と父親は、父親の弁護士立会いのもとでようやく面会出来ました。一刻も早く施設から出て帰りたい、と訴えました。この後、父に電話をしたのが見つかり怒られました。

☆平成20年8月中旬
施設では課外活動をもよおしていました。原君は公衆電話で父親に連絡しました。
児相職員は原君に「お父さんには君の居場所を教えてあるよ」と聞かされていましたが、実際は全く知らされておらず、お父さんは心配して探し回っていました。電話でこのことを知った原君は逃げる決心をしました。
「お父さん、うまいこと外に出ることが出来たら、きっと助けて」電話で原君はそう父親に言いました。
しかし、児相職員が原君が電話していることに気が付くと、「脱走すると一生パパと会えなくなるよ」と悪質な脅迫をしました。

☆平成20年8月27日
原君は施設から逃げ出しました。数時間後、父親が保護しました。原君は施設から通っていた志村○○小学校に電話して、父親のもとに帰ったので安心してほしいと言いました。

☆平成20年8月28日
原君と父親が別々に警察に電話しました。このまま生活したいので、安心して欲しいという内容、場所は言えないという内容の二点を伝えました。

☆平成20年8月29日
警察が出頭して事情を聞かせて欲しいと原君親子に告げました。父親は「出来ない」と断りました。

☆平成20年8月30日
お姉さんは、保護施設の様子を原君に聞きました。
規則が厳しく、トイレに行くにも職員に報告しないと、罰を与えられるとのこと。それだけではありません。ほぼ何回も「お父さんから虐待されていただろう」という質問を受けたそうです。それも、毎回3時間以上。かわるがわる、違う人が来て、「虐待されてたな、されてたな」と恐い顔で聞かれるのだそうです。原君は施設での内容は、今は何も聞かないで欲しい、と言ったそうです。

☆27日から30日まで、父親は原君を、以前通っていたスポーツセンターに連れて行ったり、仲良しだった友達に会わせたり、一緒にジョギングなどして、子どもの心の傷を癒そうとしていました。

ところが…

☆親権を持っている母親と墨田児相が捜索願を出していたのです。志村警察署員は30日夜、自宅付近で父親に接触し、子供と一緒での任意同行を求めました。警察では親権者である母親と児相が父親を未成年者誘拐容疑で逮捕して欲しいと、強く要望していましたが、その事実はない、と判明しました。その晩、父と子は警察に泊まることになりました。

☆平成20年8月31日
警察は、子供・父親と児相との話し合いの場を署内で設けることにしました。朝の9時に児相職員が来る予定でした。そのことを父親から聞いた原君は、児相と聞いただけで恐ろしくなり、「隣のコンビニでおにぎり買ってきていい?」と署員に許可を取り、スキを見て逃げ出しました。しかし、一時間後、道を歩いているところを署員に見つかり、志村署に連れ戻されました。

父と子は引き離されて別室に入れられました。子供は数時間に渡り
「施設に戻りたくない。お父さんのところへ帰る」と泣き喚き、暴れました。父親はこのままでは子供が死んでしまう、私の所に落ち着かせてくれ、と警察署員に訴えました。

子供は数人の児相職員に取り囲まれ、「施設に戻れ」とえんえんと繰り返し言われました。時々、墨田児相の江角義男所長が父親の所へ来て、「子供の許可を得たので連れて行くけど、いいですか」と何度も言いました。

父親はスキを見て、本当にそうなのか、と別室の子供のところへ行くと、一人で抵抗している子供がいました。子供の意思を尊重してくれ、このままでは子供が死んでしまう、と父親が子供を取り戻そうとすると、警察署員に引き止められ、児相職員の「連れて行きますから」の一言で、親子は強引に引き裂かれて、少年は連れて行かれました。「やだ、やだ、施設に戻りたくない。お父さん、お父さん」少年は叫び続けました。

☆☆平成20年9月1日
朝、早く、勇敢な原君は施設を飛び出しました。
そして、色々なことが有り (夕方、小菅先生が三人とレストランで会うと、三人は仲睦まじい普通の家族でした。その他は今の所のまりんと小菅先生と原君親子の秘密です)、警察への手続きもちゃんとして、今、原君は父親と大好きなお姉さんと一緒にいます。

みなさん、どんどん抗議してください。

DV防止(家族破壊)法犠牲家族支援の会
代表 野牧雅子
幹事 小菅清


原クンの人生を寄ってたかってメチャクチャにして喜んでいる連中。
偏向思想を持った『悪意の存在』に傷付けられた心。
原クンを守れるのは常識ある人々の声のみです。


子供を取り上げられたくなければ、今の児童相談所とは距離を置いて一切係らない事をお勧めします。
虐待親にでっち上げられるきっかけで一番多いのが『児童相談所に自ら子供について相談しに行ってしまった』事です。
子育てに真剣に悩んだ真面目な親が、いつの間にか『虐待親』にされてしまいます。

児童相談所の真実 - 楽天ブログ(Blog)
児童相談所の実態(実録)

言う事を聞かないやんちゃな子供の事を『ちょっとプロに聞いてみようかな?』などと考えたり、経済的な事を相談したり…それが地獄への第一歩のようです。
連中にしてみれば、周りに相談出来る人間がいない『カモ』扱いです。
連中に1度目を付けられてしまえば難癖を付けられて子供を取り上げられてしまう危険度は急激に上がります。目をつけられる前に早く育てて、児童相談所の係る年齢を超えるしかありません。

『DV法』と拘ってしまった人などは、より警戒が必要です。
やらかしているのは同じ連中ですから。
権限を持たせてはいけない連中に持たせてしまったようです。

『正しく生きているから大丈夫』などと油断していると噛み付かれます。思想のためならば冤罪を作り出すことを全く恐れない、むしろ積極的に冤罪を量産している連中が権力を持って堂々と活動している事を忘れないで下さい。そして児童相談所はどんな時でも平気で嘘を付く事、それに対し一切責任をとらない事を覚えておきましょう。
自分に火の粉がかかった時、全く身に覚えのない虐待の罪に問われ子供を奪われそうになった時に、自らの身を守る為に必要です。
知っていれば手遅れになる前の対策・相談も可能です。

一日でも早く児童相談所が『本来の業務』に戻る事を希望します。
本当に虐待されている子供の為の施設であるべきです。自ら子供の心を踏み躙る虐待を生み出したりするような事は無いようにして下さい。お願いします。

こんな事をしているから本来の業務に支障が出ているのでは?と思います。


関連エントリー
【DV冤罪】離婚しないなら子供達を拉致監禁、横須賀市児童相談所
【DV冤罪】東京都児童相談センターに不当に抑留された子供を奪還
川崎市南部児童相談所の暴走、子供を拉致監禁、嫌がらせを繰り返す
川崎市南部児童相談所が児童虐待?…7月28日、『お願い』に行きます
【虐待冤罪】東京・墨田児童相談所による拉致監禁事件?【児相被害】
【虐待冤罪】杉並児童相談所による4歳女児拉致事件【児相被害】
DV冤罪による離婚の仕組みと利権に群がる暴走フェミニスト【1】
【DV冤罪】離婚ビジネスで大儲けのフェミと『DVチェックリスト』の矛盾

関連カテゴリー
児童相談所の暴走
フェミ・ジェンダーフリー・男女共同参画
DV冤罪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:VIPPERな名無しさん #- | 2008/09/03(水) 14:04 | URL[ 編集]
    また児童相談所のアカ連中か!
    全く反省しねーな。
    税金泥棒め。

  2. 名前:名無しさん #- | 2008/09/03(水) 14:50 | URL[ 編集]
    母親とその弁護士のやり方ヒドいね
    父親不在時を狙って裁判起こしたり
    原君を拉致って山小屋に監禁したり

  3. 名前:VIPPERな名無しさん #- | 2008/09/03(水) 18:31 | URL[ 編集]
    児童相談所に虐待を頼んだ覚えは無いです
    税金で暴れる極左の巣になってしまっているようですね
    抗議完了しました

  4. 名前:名無しさん #- | 2008/09/03(水) 22:41 | URL[ 編集]
    ごめんな、この記事だけじゃ全然判断できないや
    相手側の意見とそれ以外の意見も聞きたい

    父親欠席中の裁判など、記憶に残る出来事は嘘じゃないとは思うが、果たしてそれ以外の事実を丸呑みしていいのもなのか?

  5. 名前:名無しさん #- | 2008/09/03(水) 23:10 | URL[ 編集]
    親権については小学校6年ならば本人の意思を優先させるべき。

    児童相談所の所業は虐待そのもの。
    私は墨田児童相談所に抗議します。

  6. 名前:名無し超速報! #- | 2008/09/04(木) 00:15 | URL[ 編集]
    父親側の意見を汲み取りすぎている。第三者として他人に意見を求めるのなら、母親側の意見も載せるべき。


    だが、
    左翼共が日本の仕組みや家庭、教育という部分を壊そうと壊そうと暗躍しているという点は十分理解できた。
    抗議は差し控えておく。

    そういえば一部漢字が「講義」になってますよ。上の方。

  7. 名前:シングル☆パパ #- | 2008/09/04(木) 10:28 | URL[ 編集]
    私は引用元記事の野牧雅子さんには以前大変お世話になりました。

    この記事の内容に首をかしげている人も、しっかりと記憶しておいた方がいいですよ。
    自分や周りの人がターゲットになった時の為に。
    まあその時になって慌てても遅いんですけどね(笑)

    私は知ってますので、今のうちに抗議しておきます。

  8. 名前:名無しさん #- | 2008/09/04(木) 17:29 | URL[ 編集]
    やはり他の人も、
    この記事を鵜呑みにしていいのか?偏ってないか?
    と感じたか。
    よっぽど時間かけて調べなきゃ判断材料も集められないからな。

    でももし原君の言動と行動が事実だとしたら酷いことだと思う。
    裁判に持ちだした経緯とか、拉致軟禁とか、虐待を感じさせる施設での生活、
    言質取る為のマインドコントロールじみた尋問…
    これらは何パーセントが本当か分からないけど少しでも事実が入ってるならやっぱり許せないよな。
    相手側に考慮すべき事情があるのかもわからないけど何だかな。

    そもそも女の子だったらともかく男の子なら父親に親権が行っても不都合はないはずなんだよな。
    自分の人生と全ての時間をささげ子供を一生懸命育ててるシングルファザーの特集をテレビで見たが、
    しんどそうだったけど幸せで満ち足りた表情してたよ。
    子供も米炊いたり手伝いして親が返ってくると嬉しそうにするのな。

  9. 名前:名無しさん #- | 2008/09/04(木) 22:47 | URL[ 編集]
    もうちょっと情報が欲しい。
    たいてい虐待されてる子は生き延びるために親を愛すし、虐待で殺される子もいる。

  10. 名前:児童相談所被害者の会 #tHX44QXM | 2008/09/05(金) 01:05 | URL[ 編集]
    児童相談所被害者スレは2ちゃんでも定期的にスレが立つ程に被害者はたくさん居る。
    しかし児童相談所側工作員に全て潰されてしまう。

    児童相談所被害者の会
    http://www.3ch.jp/test/read.cgi?bbs=life&key=1190381789&last=50&nofirst=false

    少子化を食い止めよう■
    http://www.3ch.jp/test/read.cgi?bbs=life&key=1102063164&last=50&nofirst=false

    日本に虐待件数が増えた理由->施設に月30万入る利権だから
    http://www.3ch.jp/test/read.cgi?bbs=life&key=1184497776&last=50&nofirst=false

    驚き! 児童相談所 実は無資格だった
    http://society6.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1161681434/

    児童相談所への不満
    http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news2/1173426867/

  11. 名前:児相被害者 #- | 2008/09/05(金) 01:23 | URL[ 編集]
    【特別レポート】「児童相談所」なんとかしてよ
    週刊新潮11月29日号(22日発売)

    もし刑事被告人より辛い立場があるとするなら、それは子供に対する虐待を児童相談所に疑われた親に違いない。
    被告人なら弁護士も付き、裁判で無実をうったえることもできる。
    が、虐待の容疑者となった親は、我が子を連れ去られ、抗弁する機会もほぼ皆無。
    子供を帰すか否かも児童相談所の胸一つだという。若林亜紀氏が、引き裂かれた家族をレポートする。
    「今、少子化で子供が減っているのに児童虐待が増えているように見えるのは、厚労相が利益保持のために虐待認定の基準を調整しているからです。
    わかりやすく言えば、レベルを下げているのです。」(児童相談所関係者)児相が扱う虐待事件が激増したのは、警察庁が、虐待に積極的に介入しようと行動し始めた時期と重なっている。
    つまり、虐待という既得権益、縄張りを警察の手から守ろうとしているかにも映るのだ。強い権限を持ちながらも、個人情報を盾に、情報は一切、開示されないブラックボックス。
    平和ボケの日本では信じがたいことだが、現在、児童相談所に目を付けられたら最後、どんな子供でも、合法的に拉致されてしまう時代が到来しているのだ。

  12. 名前:   #- | 2008/09/05(金) 13:00 | URL[ 編集]
    内容をよく知らないけど言えるのはこれだけ

    「本人の意思を尊重しろ」

    子供の幸せは自分で選択させるべきだろうがボケ

  13. 名前:名無しさん #BWgGc7Fk | 2008/09/05(金) 13:21 | URL[ 編集]
    なるほどね
    やる気の無い職員と歪んだ偏向職員がいるのか
    虐待でっち上げの構造は理解できた
    感謝する

  14. 名前:名無しさん #- | 2008/09/20(土) 06:58 | URL[ 編集]
    切ない気持でいっぱいです。小学校の児童会レベルの組織が国家権力を振りまわわしているようなものです。先入観と不確かな情報だけで、素人集団が家族介入し、最終的には家庭崩壊させてしまう実に危険な組織体です。被害にあわなければ分からない実態なので中傷する方々には是非体験した上で言っていただきたい。明日は我が身なのですよ。

  15. 名前:VIPPERな名無しさん #- | 2008/09/21(日) 17:38 | URL[ 編集]
    一方で「女性の自由」という名目でモラル低下を煽り、もう一方でそれを理由に子供を取り上げる。

    見事なフェミによるマッチポンプな構図。
    どう転んでもフェミに税金が流れるようになっている。
    そしてその金は極左の活動資金に使われる。

  16. 名前:B4のバッグマン #- | 2009/03/07(土) 11:36 | URL[ 編集]
    私は、昔、誠明学園に居て、この記事の加害者墨田児童相談所所長江角義男を知ってます。江角義男は、当時誠明学園の男子4寮の指導員をやってました。江角義男は、極真空手の有段者です、空手を使った、暴行で私達を毎日、殴ったり、蹴飛ばしたり、消灯時間後に廊下拭き400回、罰マラソン5キロ、17分以内で走れとかやらされた!体罰反対!児童虐待反対!

  17. 名前:名無しさん #- | 2009/03/07(土) 14:17 | URL[ 編集]
    >※16、B4のバッグマンさん
    それが本当ならば指導の範囲を超えている。辛かったね。
    内閣総理大臣のホームページにその内容を送るべき。
    その行き過ぎた「指導」の内容を丁寧に書いて何度も送れば、動いてくれることもあるよ
    恨んでいるのはわかるがそのままだと変な個人攻撃と誤解される可能性も
    もう少し文章・気を付けて丁寧な文面で。
    B4のバッグマンさんのような可哀想な子供を増やさない為にも送るべき。

  18. 名前:B4のバックマン #- | 2009/03/14(土) 18:49 | URL[ 編集]
    私は誠明学園卒業生です。過去に江角義男は誠明学園で指導員をしてました。現在も傍若無人な江角ですが(笑)過去の江角はもっと酷かった…江角義男現在墨田児童相談所所長は、極真空手の有段者で有り、極真空手を悪用した、体罰、児童への暴行行為、リンチを行ってきました…当時、江角義男による、暴行で、泣き喚く生徒、失神する生徒、詳しくは、業界のフォーカスマンさんの暴露blogの業界スコープ、業界レーダー、日向ぼっこさんのblogを参照してください。私は江角義男を徹底的に追いかけます。悪は許さない

  19. 名前:菊地遥 #xKMC9ct6 | 2009/04/29(水) 18:02 | URL[ 編集]
    大切な我が子を救い出せるのは最早この{{keyword:事件}}が社会問題になり今続々と誘拐されてる子供達が解放されるのを待つしかないのです
    他の日記と合わせて必ず読んでくださいそして一人でも多くの人達に知らせてください
    親子の時間に空白をつくり
    子供達の将来を潰してる児童相談所の恐ろしい行為を知ってください
    日本の学力低下の原因は児童相談所と言っても過言ではありません
    子供達の身柄を拘束して誘拐したその日から児童相談所内に閉じ込めてから学力が止まってしまってる子供達が大勢増え続ける限り人類に光はない
    大切な我が子が昨年10月3日に誘拐されてから一回も会わせ貰ってないので今娘が生きてるのか死んでるのかもわかりません

    こんな事が国で許されている恐ろしい事実
    児童相談所が子供達を一人誘拐すると国から30万円の予算が支給されますそれは皆さんが苦労して働いて収めた税金なのです
    それを目的な為にだけに子供達は孤児にされてます
    身内や知り合いに同じ被害者がいないか調べてください

    一人でも多くの子供達が解放されて幸せになれますように
    http://blog.auone.jp/genpyou一人でも多くの人達にこの事実を知らせたい

  20. 名前:海尾 守 #Xl5e9i5Y | 2009/08/18(火) 22:09 | URL[ 編集]
    海軍カレーの町の相談所。
    ペリー上陸の地の警察署。
    昨年、このふたつの施設に妻子を拉致監禁されました。
    元は夫婦げんかを近所の人間が警察に通報したこと。
    翌日に警察に来なさいと言われ、妻は長女と警察の生活安全課へ。
    そこの警察官は「何かあったらすぐこちらへ連絡なさい」と長女へ。
    翌朝、私の出勤後妻が倒れたところ、長女は警察へ電話。
    すかさず、相談所とDVシェルターの職員が来て、子供と妻を別々に拉致。
    妻は、意識朦朧ながら、「やめてください」と言ったにもかかわらず、拉致。
    帰宅した私は、食器も何も放置、電気はつきっぱなしで不審に思い、警察に電話したところ、生活安全課の人間から「保護したから」・・驚き、「突然失踪され、何も知らされず、もし私が悲観して自殺したらあなた責任とってくれるのですか?」その警察官曰く『私には関係ない』生命・財産を守る警察官の科白でした。
    その後、『こっちはお客さんいっぱいいて繁盛してんだよ、いいね、もうこっちの手を離れたから関係ないんだよ』(相談所にはこの件を含め、全て警察から通報)
     妻は監禁され、携帯・現金も取り上げられ、子供に会いたいなら、離婚して生活保護を受けなさいと、毎日シェルターで洗脳教育。
    洗脳が浸みたとみた職員は、まずアパートを借りなさいと、交通費、連絡用のシェルターの携帯を持たせ契約に外出させました。
    そこから私に連絡したため、妻の奪還に成功しました(黙って帰ったら先生に怒られる・子供達に会えないと洗脳はかなり深く浸透してました)
    その後、小菅先生、野牧先生にお縋りする機会に恵まれ、両先生、並びに支援者の皆様のお陰で、子供達を奪還することが出来ました。
    この海軍カレーの地の相談所長は電話した妻に、「あんた達には手間暇かかってんのにそんな簡単に出すわけないでしょう覚悟しなさいよ」
    別な職員は会ったことも見たこともない私のことを、子供達に「お父さんは悪人で危ないから、お母さんと
    アパート借りて住めばいいから。学校は転校しなさい」
    長女は高校3年、長男は高校1年。それぞれ志望校に入り、方や卒業まで1年を切り、方や入学から1ケ月
     危険も何も二人とも空手の全日本・県の選手で、親だろうが何だろうが、攻撃を受ければ自動的に反撃するように訓練をうけており、私などとてもかなわないというのに。
    相談所の残虐さは、書かれている以上ですし、警察が市民の生命財産を守るなんて大嘘です。
    こんな連中を税金で養っていると思うと、泥棒に追い銭状態です。
    小菅先生、野牧先生には本当にお世話になりました。
    仕事の関係で、行動を共に出来ないのが残念ですが、微力ながら出来る限りのお手伝いを致しております。

  21. 名前:世田谷児童相談所から嫌がらせを受けているものです #JalddpaA | 2009/08/19(水) 22:40 | URL[ 編集]
    突然ですみません。

    今は、詳しいことは、まだお話はできませんが、世田谷児童相談所から嫌がらせを受けているものです。

    墨田児童相談所の久野という人物、現在世田谷児童相談所にいませんか?

    久野の下の名前を教えてください。
    この人物は、とんでもないです。

    子供を連れていかれるんじゃないかと、毎日、おびえて暮らしています。もちろん、虐待など、皆無です。子供にぶつかったことすらもありません。世田谷児童相談所の相川という人と、久野というひとから、恐ろしいことが書かれた手紙が送られてきます。

    教えてください。出るところに出ようと考えています。

    どうぞ、よろしくお願いします。

  22. 名前: # | 2009/09/14(月) 02:43 | [ 編集]
    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  23. 名前:佐賀 前田 #wsZV6n96 | 2009/10/02(金) 06:09 | URL[ 編集]
    佐賀県中央児童相談所、所長と職員は2年前から子供に接して用意周到に妻(母親)の精神病疾患を悪意に利用して家族崩壊を導いて子供を里親にまで出そうと企んでいました。メールでも良いですので佐賀県に該当職員の懲戒解雇請求と抗議を願います!当然ですが処分された時点で刑事事件告訴を職員個人にいたします。多くの児童相談所や婦人相談所に家族を苦しまされた方々や解決できない方のお役にも立つはずです。今回当家の場合は所長職権権力の驕りがあったせいか裁判所の承認や親権者の承諾を得ずに児童を勝手に施設に入所させたり、施設入所通知に記載される措置理由とは全く異なる虚偽理由の記載、子が自分で自供した職員の強要や脅迫、暴行などがあります。これは明らかに犯罪です。今回の当家については野牧雅子さん(のまりん)のHPなどにも記事を掲載させていただいています。事の経緯や詳細などは当家のブログにて掲載中です。宜しく願います。

  24. 名前:あみか #- | 2010/08/31(火) 19:05 | URL[ 編集]
    疲れました。情け無いですが生きていくためにも子供をあきらめようと思っています。なんども死のうと思いました。生きる希望もなく今もどうしていいかわかりませんがもうつかれました。

  25. 名前:モシト #- | 2010/10/14(木) 15:26 | URL[ 編集]
    うちの子も墨田児童相談所に拉致されました。
    しかも今回は2回目です。子供は行きたくないと泣いていたのにもかかわらずお構いなし。
    しかもそこではテレビばかりの毎日で外遊びや季節の行事もなくずっとテレビやビデオばかり。1回目は夏なのに日焼けひとつせず帰ってきました。ようやく平和な日々が戻ってきたと思ったら今度は虐待だと言って連れて行きました。親子2人楽しく過ごしていたのにどうしてそんなことをするのか。全くメリットがありません。4歳の息子は好奇心旺盛でうちでは分からないことも一つ一つ教えてあげていました。たくさん吸収する時期なのに毎日テレビばかりで子供の人生を壊しているようにしか思えません。もうどうすればよいのかわかりません。

  26. 名前: # | 2012/03/07(水) 17:24 | [ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです

  27. 名前: # | 2012/10/11(木) 00:59 | [ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/724-4bd61b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。