NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hothotレビュー 富士通 「FMV-BIBLO LOOX U/B50N」 PC Watch
LOOX U_B50N_01
Atomプロセッサ Z530(1.6GHz)、Poulsboチップセット、メインメモリはオンボード1GB。IEEE 802.11 a/g/n対応の無線LAN機能を搭載、カスタムメイドモデルでは省くことも可能。Bluetoothも搭載。
内蔵ストレージは、1.8インチHDDまたはSSD。1.8インチHDDでは60GB/80GB/120GBの中から、SSDでは64GBを選択可能。

幅171mm、奥行135mm、厚さ26.5mm~33.0mmと従来モデル同様コンパクトな本体が特長。重量も、標準バッテリ(容量2,900mAh)利用時で約562gととても軽い。

LOOX U_B50N_02LOOX U_B50N_03LOOX U_B50N_05
LOOX U_B50N_07LOOX U_B50N_08LOOX U_B50N_09


WXGA表示の5.6型タッチパネル液晶を搭載。従来モデルと異なるのが解像度で、従来の表示解像度がWSVGA(1,024×600ドット)だったものが本製品ではWXGA(1,280×800ドット)表示に対応している。
LOOX U/B50Nの液晶パネルのドットピッチは、0.094mmしかない。全角文字一個の大きさは一ミリ四方でとても小さくなってしまう。普段使用する時はアイコンやフォントを大きいものに変えて、解像度が必要な時は顔を思いっきり近付けて使うのが正攻法か?
LOOX U_B50N_10LOOX U_B50N_11LOOX U_B50N_12
LOOX U_B50N_13LOOX U_B50N_14LOOX U_B50N_15
LOOX U_B50N_16LOOX U_B50N_18LOOX U_B50N_20
LOOX U_B50N_21LOOX U_B50N_22

キーボードは、従来モデルが5列56キーだったのに対し、1列増えて6列となり、キー数も68キーになった。従来モデルでは併用されていたカーソルキー、Tabキー、Deleteキー、ファンクションキーなどが独立キーになり使い勝手が向上したがまだ併用されているキーも多い。
14mm程度だったキーピッチも14.8mmと0.8mm大きくなり改善された。
LOOX U_B50N_23LOOX U_B50N_24LOOX U_B50N_25
LOOX U_B50N_26LOOX U_B50N_27

USB 2.0ポートは、本体左側面に1個のみ。本体左側面にSDカードスロットが、また本体右側面にCFカードスロットがあるだけでPCカードスロットやExpressCardスロットなどは無い。本体前面には、ポートリプリケータ専用コネクタがあり、オプションのポートリプリケータを取り付けると、USB 2.0ポートが3個と、ミニD-Sub15ピン出力が増える。
LOOX U_B50N_28LOOX U_B50N_29LOOX U_B50N_30
LOOX U_B50N_31LOOX U_B50N_32LOOX U_B50N_33
LOOX U_B50N_34LOOX U_B50N_35LOOX U_B50N_36

OSにWindows Vista Home Premiumを採用しているのが最大の欠点かもしれない。メインメモリは最大1GBをフルで搭載しているが、Vistaを快適に動作させるのには足りないだろう。全ての動作に『もっさり』感が残ってしまう。XPを選びたいのが正直な所であろう。

******************************************

アキバ総研-Abee「acubic R10」近日発売! Mini-ITXマザー専用のキューブ型アルミケース
ASCII.jp - アビー初のMini-ITXケースが週末デビュー!
アビーのMini-ITXケースが週末発売、ATX電源対応 - AKIBA PC Hotline!
abee_01.jpgabee_02.jpg

 ATX電源が搭載可能なアビーのキューブタイプMini-ITXケース「acubic R10」が近日発売される見込みだ。TWOTOP秋葉原本店などが23日(土)から販売する予定で、予価はシルバー、ブラックタイプともに19,980円。電源は非搭載。素材はアルミだ。
 acubic R10は同社初のキューブタイプMini-ITXケース。このタイプでは専用の小型電源を採用した製品が多いが、acubic R10は一般的なATX電源が搭載できるのが特徴だ。電源ベイは本体後部の上側に用意されている。

 このほか、本体右上の丸みを帯びたデザインや、奥行き約280mmのカードも装着可能という拡張スロット(1基)と、本体右側面に120mmファン(回転数約1,000rpm)を備える点なども特徴。なお、同社はIntelのAtom搭載Mini-ITXマザーボードや、ZOTACのLGA775対応Mini-ITXマザーボードが搭載できることを確認しているという。

 ただし、同社によれば、背の高いCPUクーラーはATX電源と接触するため、使用できないとのこと。45nm版Core 2 Duoなどに付属している薄型CPUクーラーは使用できたという。

 本体サイズは高さ168×幅219×奥行き340mm。ドライブベイは5インチ、3.5インチシャドウを各1基備えている。主な付属品はアルミ製インシュレータ、ネジ、ATX電源を本体背面からはみ出さして装着できる「PSUブラケットL」。

□acubic R10(アビー)
http://www.abee.co.jp/Product/CASE/acubic/R10/


082102_l.jpg082103_l.jpg082104_l.jpg
082105_l.jpga-1-1_b_l.jpga-1-2_l.jpg
a-1-3_l.jpga-2-2_a_l.jpga-2-3_l.jpg
a-3-2_l.jpgstab4.jpgstab6.jpg

Mini-ITXマザー専用のキューブケースでATX電源が使用可能なのが気になるのです。ネックを言えばお値段かなぁ…アルミじゃなくてもいいからこの機能で普通に安いケースが出るととても嬉しいのだが…

コンパクトなケースに一般的なATX電源を使用出来る代償として、搭載可能なCPUクーラーは高さが59mm以下に制限される。マザーボードの上にあるATX電源に干渉する為だ。注意が必要だ。

******************************************

ウィルコム、D4の電源OFF時の省電力機能を強化する無償アップデート

 株式会社ウィルコムと株式会社ウィルコム沖縄は22日、シャープ製端末「WILLCOM D4(WS016SH)」に電源OFF状態の省電力機能を強化するアップデートを無償で実施すると発表した。

 受付期間は8月22日~10月31日。申し込みは、ウィルコムプラザかウィルコムカウンターへ持ち込む、もしくはサービスセンターへ連絡して行なう。預かり期間は目安として10~14日間を想定。ほか、事前にバックアップを推奨している。

 今回のアップデートにより約4倍の持続時間になり、電源OFF時の持続時間が標準バッテリで約80時間に、大容量バッテリーパックで約240時間になる。具体的な作業としては、一部モジュールの交換を行なう。また、今回の作業により無線LANのMACアドレスが変わることがあるとしている。

 なお、バッテリを取り外すと見える本体最下部のラベルに緑の丸印がついてる製品は、すでに対応済みのものでアップデートすることはできない。


willcom_01.jpg willcom_002.jpg

このアップデートを受けると、使ってないのにバッテリー残量がみるみる減っていく症状が改善される。無線LANモジュールの交換なのかな?

****************************************

エイサーのネットブック「Aspire one」が発売 - AKIBA PC Hotline!
実売価格は約54,800円で、カラーはホワイトとブルーの2タイプ。
日本版の仕様は8.9型1024 x 600ディスプレイ、Atom N270 (1.6GHz)、1GB RAM (オンボード512MB + SO-DIMM 512MB。増設不可)、120GB HDD。
主な搭載機能はVGA、IEEE 802.11b/g準拠無線LAN、LAN、サウンド、USB 2.0(3ポート)、30万画素Webカメラ、メモリカードリーダー。OSはWindows XP Home SP3。
幅249×高さ29×奥行き170mm、重量約1.1kg。

エイサーのEee PC対抗ノート、イー・モバイルとのセットで9980円
『スーパーライトデータプランにねんMAX』に加入すると、初期費用9980円で購入できるといういつものヤツです。

ついにあの「フリーオ」がB-CASカード不要に、とんでもない方法を採用 - GIGAZINE
フリーオがB-CASサーバ設立 ユーザーはB-CASカード不要に 働くモノニュース 人生VIP職人ブログwww
一民間企業が勝手に暗号化してるだけだから問題無いって言い切って良いのか、やっぱりダメなのか?どうなんでしょうね?
B-CASが早く消えて欲しいと願っている人は多いです。私もですがw

関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/684-aecc352b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。