NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)洋画離れ止まらず。興行収入4割減少…“若者の字幕嫌い”などが原因か
洋画離れ止まらず 興行収入4割減少 (1-2ページ) - MSN産経ニュース
6aa7311f.jpg

 20世紀フォックスやワーナーなど洋画大手5社の今年1月~7月の興行収入累計が昨年同時期の約4割減の大幅な落ち込みを記録した。業界では、消費不況による節約ムードや、若者らに字幕が敬遠されていることなどが原因とみており、今年後半も大きな回復は期待できないとの見方が広がっている。

 日本映画製作者連盟によると、大手5社と単館系作品を中心に扱う独立系5社をあわせた洋画の興収累計(1月~7月)は約461億円で30・8%減だった。うち、独立系は約126億円で1・9%増だったが、大手5社は約335億円で38・3%減の激しい落ち込みとなった。

 一方、邦画は「崖の上のポニョ」が興収100億円を突破するなど好調で同18・9%増の約536億円。市場全体でみると約997億円で同10・8%減だった。

 最終的な数字は、クリスマスシーズンを含めた残り5カ月の成績しだいだが、洋画では11月の予定だった人気シリーズの6作目「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の公開が米ワーナー・ブラザーズの都合で来年7月に延期される予想外の事態も発生。全国約800スクリーンで公開予定の後半最大の目玉だっただけに影響は避けられない。

 同連盟の愛宕(おたぎ)威志事務局次長は「洋画がこれほど落ち込んだ例は聞いたことがない。単に有力作が少ない年だったというレベルの落ち込みではない」と話す。

 落ち込みについて見方はさまざまだ。大手の一社、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントでは「DVDの低価格化に加え、吹き替えの海外テレビドラマに慣れた若者が、字幕の洋画を嫌っているのでは」とみている。また、独立系のムービーアイは「家庭の大画面テレビで簡単に映画を楽しめる環境がごく普通になったことが大きいのでは。それにほとんどの作品は、すぐにDVDで借りることができる」と話す。

 「ポニョ」を手がける東宝は「昨今のガソリン価格の高騰で、郊外型のシネコン(複合映画館)に車で出かける人が減っているのも大きな原因。市場全体の対前年比割れは、不況による節約ムードも大きい」と警戒している。


私は映画の減収を『若者の字幕嫌い』説とする意見には不同意です。少しはあるのかもしれませんが微々たるものでしょう。

46 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/22(金) 21:58:01 ID:n/e/om/40
各国の映画の入場料の平均

アメリカ:800円
フランス:700円
韓国  :700円
日本  :1800円  ←注目


単純に高額すぎる『値段設定』に問題があると思われます。

昔は確かに、知的好奇心を満たす為の娯楽は映画や小説しか存在していませんでした。知的水準が高いと自負する若者は、挙って劇場へ足を運びました。

しかし今は映画しか娯楽が無かった時代ではないのです。
他にいくらでも『知的好奇心を満たす』娯楽は存在しています。ライバルが多数存在し、ライバルの方が実力も上でコストも掛からないのです。それでは客離れは当然です。

しかし映画業界は現実から目を逸らして『原因不明』『客の側が映画を嗜む知的水準に達していない』などと自分達の経営方針が『時代遅れ』な事を棚に上げて踏ん反り返っているだけなのです。

高額な値段設定を維持したいのなら、もっと客が来るように付加価値を付けるしかありません。それが出来ないのなら値段設定を下げて『適正価格』にするしかありません。

この手の話題って定期的に上がってくるけど、映画業界関係者って『思考停止』状態なんだよなぁ…と思って過去の記事を探してみたら
『映画業界斜陽化 『字幕読めない』若者の知的水準低下に責任転嫁』
ってつい最近書いてますね。
『客が悪い』『若者のせい』にしないと責任をとらされる人が、責任逃れの為に必死なのでしょう。『じゃあ仕方が無い』って空気に誘導したいのでしょうね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/683-f1c2c89e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。