NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京エスノ 【裁判】大野病院産婦人科医に無罪判決…福島地裁
越えられない壁( ゚д゚)医療界挙げて被告の医師支援…帝王切開死判決 「わが国の刑事裁判史上かつてない」
医療界挙げて被告の医師支援…帝王切開死判決 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
d130f24d.jpg

 帝王切開手術で女性(当時29歳)を失血死させたなどとして、業務上過失致死罪などに問われた加藤克彦医師(40)に20日、無罪を言い渡した福島地裁判決──今回の公判では、産科の臨床医の権威が弁護側証人として出廷するなど、医療界挙げて被告を支援する形になった。

 背景には、1999年に東京都内の病院で起きた点滴ミス隠し事件などを契機に広がった医療不信の中で、難症例を扱った医師が逮捕され、深刻な医師不足を招いている現状への危機感がある。

 医療不信の広がりは、横浜市大病院で2人の患者を取り違えて手術した事件と、都立広尾病院で誤って主婦に消毒液を点滴して死亡させ、ミスを隠そうとした事件が99年に相次いで起きたことが契機になった。

 以後、遺族の処罰感情などを背景に捜査機関が医師個人の責任を問うケースが急増。2002年には東京慈恵医科大付属青戸病院で、経験のない医師3人が難度の高い腹腔(ふくくう)鏡下手術を行って患者を死亡させる事件も起きた。警察庁によると、警察から検察への送致件数は、99年の10件から00年は24件に増え、06年には98件になった。

 捜査とは別に、厚生労働省は05年9月、病理解剖学などの医療関係者と法律家で構成される医療版「事故調査委員会」を4都府県でスタートさせた。

 こうした状況の中、06年2月に加藤克彦医師が逮捕された。その直後から日本産科婦人科学会など100近い団体が抗議声明を出したのは、「わが国の刑事裁判史上かつてない」(弁護側)状況だった。

 事件で問われたのは、女性の胎盤に対する処置。女性は胎盤が通常より低い位置にある「前置胎盤」で、産道につながる子宮口を完全に覆っていた。さらに「癒着胎盤」を起こし、胎盤を無理にはがすと大量出血する恐れがあった。癒着胎盤の処置を巡り、公判では「子宮摘出に移るべきだった」とする検察側と、「最後まではがすのが標準的な医療」とする弁護側が激しい応酬を繰り広げた。

 弁護側は、周産期医療の権威とされる池ノ上克(つよむ)・宮崎大医学部長と岡村州博(くにひろ)・東北大教授を証人に呼んだ。2人は「被告の処置に間違いはない」と述べた。

 これに対し、検察側の立証は押され気味となった。検察側証人の田中憲一・新潟大教授は「はがすのが難しくなった時点で、直ちに子宮摘出に移るべき」と証言したものの、どの時点で子宮摘出を決断するかについては、「そこは医師の判断」と断言を避けた。



関連ニュース
越えられない壁( ゚д゚)【裁判】福島の帝王切開死亡事故 産科医に禁固1年求刑
越えられない壁( ゚д゚)大野病院事件20日に判決 過失か、通常の医療行為か 医療界に影響必至


難しい問題ですね。
すべての事にリスクはあります。医療現場ではそれが命に直結してしまいます。
医師がどんなに的確な処置を施しても避けられないトラブルもあるでしょう。

昔は医療の現場はブラックボックス化されていて、どんな医療過誤も隠蔽されていました。それは患者にとって明らかな『不利益』であって改善するよう声も挙がり始めました。
その声をまとめ、リードしてくれたのは確かにマスコミでした。

しかしそれが行き過ぎてしまったのです。ミスとは言えない事例でもマスコミは煽り続け訴訟ラッシュになってしまいました。『過ぎたるは及ばざる如し』です。

今、全国的な医師不足の問題が発生しています。産婦人科医、小児科医などが地方都市からいなくなってしまったのです。
理由は『医療過誤での訴訟リスクを考えると割に合わない』からです。医者として儲けは少ないが、命に関わる処置もしなければならない分野なので、皆が逃げてしまったのです。
医者を『無責任』という人もいます。訴えられるのは医者の『技術』が足りないからと言う人もいます。しかし私はそうは思いません。

救急患者を受け入れない『たらいまわし』も問題化していますが、医者からすればいきなりやってくるどんな症状なのかも不明な『救急患者』はリスクそのものです。
今のままなら医者にも『患者を断る権利』を与えなければならないでしょう。命の危険がある患者を目の前にしても『訴訟リスク回避』の為にその患者に関わる事を拒否する権利を…凄く嫌な話ですが、そうでなければバランスが取れません。
医者にばかり一方的に責任を押し付けている今がおかしいのです。
医者とて霞を食って生きている訳ではありません。割の合わない商売は当然避けたいでしょう。

『お金じゃない!患者を救うことが生き甲斐なのです』という真面目なお医者さんにとって、現状は『黒ヒゲ危機一髪』と何ら変わりません。
危険な高度治療を積極的に繰り返せば、患者さんが死んでしまう事もあるでしょう。医師の治療判断に全て『NO』を出しその結果患者が死んだ途端に騒ぐ『モンスター遺族』も居るでしょう。
その時に『真面目な医師』を誰がかばってあげられるのでしょうか?

例え結果有罪にならなくても、訴えられれば『終わり』なのです。そしてこの国から『真面目な医師』は消えていくのです。

既に地方の医療現場は崩壊してしまった後です。
『万全な準備』を出来ない病院は訴訟リスクを考えて撤退してしまいました。
今回の無罪判決は遅かったのです。

『万全な準備をすべき』って酷い言い方ですよね。
まるで準備出来ない事自体が医者側の怠慢であるかのような誘導です。
しかし小さな地方病院では全ての病状に対応する事は始めから不可能です。
大きな病院でも想定しえる範囲の全てに対応出来る準備を全てのお産・手術で用意していたら、患者の負担する医療費は跳ね上がります。その為に何人の医師・看護士を待機させておかなければいけないのでしょうか?

確率のごく低い稀な難症例の可能性を一通り考えて、それに対応する準備を全て整えなければ、医者は治療を行う事が出来ないのでしょうか?
私は違うと思います。

129 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/08/20(水) 15:31:29 ID:PD5UTcfzO
どう考えてもDQN遺族ですほんとうにry

?亡くなった妊婦さんは、前回も前置胎盤。
 
?妊婦は大野病院を受診。診断の結果、前置胎盤が分かる。
 Κ医師は出産時の危険性を説明し、大学病院での分娩を勧めたが、
 「大学病院は遠い。交通費がかかる」と妊婦と家族は地元の大野病院で分娩を希望した。
 
?希望に沿って大野病院で出産することになった。手術の説明をした際
 「場合によっては子宮を摘出する」と、Κ医師が話すと
 「3人目も欲しいので、絶対に子宮は取らないで下さい。」と妊婦は子宮温存を強く希望。
 
?分娩当日。帝王切開、胎児摘出後、予見できなかった癒着胎盤が存在。
 力を尽くして処置したが、子宮温存は困難と判断して摘出を行い
 なんとか救命できたかと思った直後に心停止に至り、母体を助けられなかった。
 
?病院・医師の処置や判断や手続きに過誤は認められなかったが、
 不幸な結果に至ったことに対し遺族に全く償いがないことはあまりに非情ではないかと
 病院内部で検討して”過誤”があったことにして病院から賠償金を支払う決定をした。
 
?遺族はそれでも執刀した医師に対する恨みは消えず、
 遺族とともに墓参りに同行させた際に墓前での土下座を要求し、医師はそれに従った。
 
?福島県警・福島地検は”医療過誤あり”との病院から遺族になされた報告に
 「業務上過失致死罪」が適応されると判断。
 
?母体死亡から一年以上経過してから、妻の出産を控えている時期に
 逮捕する日時をマスコミに伝え、わざわざ仕事中の医師をテレビカメラの前で逮捕
 (凶悪で逃亡の恐れがあるからと、逮捕した富岡署は後に県警本部長賞として表彰された)
 
?マスコミが医療過誤として報道するが、癒着胎盤という疾患の難しさを知る医療界は
 全国で「不当逮捕ではないか」と疑問の声が出る
 
?しかし、そのような抗議を無視して地検は起訴を決定し裁判に至る。
 妊婦の遺族は「医療ミスで亡くなった娘の真実が知りたい。」
 「医師としての責任をとれ」と話している。


患者本人と家族の『希望』を聞き入れる真面目な先生は厳しいですね。希望を聞き入れた事が原因で事故が発生した場合も『医者のせい』になってしまうのが現状です。事前に『承諾書』を書かせても裁判にまで持ち込まれると無意味なようです。しかし患者の希望を結果的に無視して安全を優先しても医者の負けた事例が有ります。
医者にとっては正に『八方塞り』ですね。

78 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/20(水) 15:23:58 ID:C4Avw/x90
>被害女性の父渡辺好男さん(58)は判決を控えた今月12日、毎日新聞の取材に応じ、
>公判で繰り返し謝罪した加藤医師に対し
>「わびるなら、娘が生きている間になぜ医療の手を差し伸べてくれなかったのか。
>絶対許さないという気持ち」と怒りをあらわにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000042-mai-soci

↑こいつが一番のクズ

100 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/08/20(水) 15:27:20 ID:/paLwkhg0
>>78
>娘が生きている間になぜ医療の手を差し伸べてくれなかったのか。

放置されてた訳でもないのに渡辺好男(58)は何か勘違いをしてないか?

176 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/20(水) 15:36:42 ID:MSxMQl7k0
善意の医者を潰してどうするんだ?

216 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/20(水) 15:41:08 ID:1pNuQ9n40
読売新聞の記事が酷い。なんの根拠も無くただ遺族を言動だけ美化しまくり。
お得意の「真実を知りたいだけ」って意味のない主張を載せてるし。

「なぜ事故が」…帝王切開死、専門的議論に遺族置き去り
 渡辺さんは判決前、「なぜ事故が起きたのか、なぜ防げなかったのか。公判でも結局、何が真実かはわからないままだ」と話した。

 あの日、妻(55)から「生まれたよ」と連絡を受けて病院に向かった。ハンドルを握りながら、娘に「もうすぐクリスマスとお正月。二重三重の幸せだな」と声をかけようと考えていた。

 病院に着くと悲報を聞かされた。1か月前、左足を縫うけがをした渡辺さんを、「体は大事にしなよ」と気遣ってくれた娘だった。

 帝王切開で生まれた女の子と対面した娘は、「ちっちゃい手だね」とつぶやいたという。これが最期の言葉になった。娘の長男が「お母さん起きて。サンタさんが来ないよ」と泣き叫んだ姿が脳裏から離れない。

 「警察に動いてほしかった」と思っていた時、加藤医師が逮捕された。

 「何が起きたのかを知りたい」という思いで、2007年1月から08年5月まで14回の公判を欠かさず傍聴した。証人として法廷にも立ち、「とにかく真実を知りたい」と訴えた。「大野病院でなければ、亡くさずにすんだ命」と思える。

 公判は医療を巡る専門的な議論が中心で、遺族が置き去りにされたような思いがある。

http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20080820-567-OYT1T00370.html

257 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/20(水) 15:44:44 ID:+shhTWl80
>>216
>「大野病院でなければ、亡くさずにすんだ命」と思える。

大病院を薦められたのに大野病院で産みたいって言い張ったんだよね・・・?

281 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/08/20(水) 15:46:37 ID:LXUfiY3u0
>>216
>「大野病院でなければ、亡くさずにすんだ命」と思える。

転院拒否したとかあったのに、矛盾してない?

320 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/08/20(水) 15:49:52 ID:95D5nCKb0
>>216
>証人として法廷にも立ち、「とにかく真実を知りたい」と訴えた。
>公判は医療を巡る専門的な議論が中心で、遺族が置き去りにされたような思いがある

真実を知りたいなら「専門的な議論」と拒否しないで勉強するしかないと思う・・・

218 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/08/20(水) 15:41:19 ID:m4lMKwRL0
馬鹿遺族か・・・医者も大変だな

292 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/20(水) 15:47:33 ID:oh4idyLC0
この事件のせいでうちの町(過疎)の産婦人科医全部引き上げられた。
いま医者がいない。かなり迷惑してる。


亡くなった患者さんを思うと、遺族はやりきれないのかもしれません。
しかし懸命な治療を施してくれた医師を訴えるとなると、さすがに無条件な同情は出来ません。
本件の裁判の過程で、被告医師が決して技術不足ではない事も、懸命な治療を施した事も解っています。

510 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2008/03/22(土) 07:53:57 ID:ZRvBOwLJ0
検察は被告人を有罪にすべくあちこちの産婦人科医に鑑定を依頼した。
このうち唯一被告人有責との証言をしたのが
検察側証人となった田中憲一・新潟大学産婦人科教授。
検察側の立証はただ一点、この証言にかかっていると言って良い。

ところでこの御仁、卵巣腫瘍の遺伝子診断と化学療法が専門で婦人科はお門違い。
癒着胎盤の手術経験は30年前に第三助手(=見習いの仕事)として一度立ち会っただけ。
無論自分で癒着胎盤を剥離したことなどない。

この田中教授の法廷での証言がこれ↓w

検察:平成16年12月17日、大野病院における帝王切開手術について、
    福島県の警察から本件の鑑定を依頼された経緯については?
証人:富岡警察の刑事さんが来られて、依頼されました
検察:なぜ証人が鑑定人に選ばれたと認識していますか?
証人:「過去の鑑定で立派なものがあった」「鑑定で困っているのでお願いした」
    と言われました
検察:どういう事例か、依頼されたときに聞いていましたか?
証人:帝王切開の際に亡くなった妊婦の死因について周産期の専門ではなく
    産婦人科一般の専門医の知識でしか鑑定できないが、それでよろしいかと
    聞いたが、警察は「お願いしたい」ということでした


弁護:わが国の周産期の専門家で、先生が信頼をおく方には
    どういう方がいらっしゃいますか?
証人:名前を挙げるということですか?
弁護:はい
証人:東北大学の岡村教授、福島県立医大の佐藤教授、北里大学の海野教授、
    昭和大学の岡井教授、名誉教授ですが大阪大学の村田名誉教授、
    九州大学の中野名誉教授、宮崎大学の池ノ上教授です。
弁護:本件についてそのような方が鑑定書を書くのがより適切だとお考えになりますか?
証人:そう思います
弁護:先生が名前を挙げた、東北大学の岡村先生、宮崎大学の池ノ上先生には、
    弁護側の意見書作成をしていただいているが、証人はご存じですか?
証人:いいえ

http://plaza.umin.ac.jp/~perinate/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=FrontPage


525 名前:名無しさん@八周年[sage] 投稿日:2008/03/22(土) 08:33:03 ID:y+AAwfeV0
>>510の要約

弁護「証人はこの分野の専門家ですか?」
証人「いや違うけど、検察にどうしてもって頼まれて・・・」
弁護「こういうケースを自分で診たことあるの?」
証人「駆け出しの頃、30年以上前に一回だけ横で見たような記憶が・・・」

弁護「・・・で、今回の場合、たとえば誰先生に意見聞くのが信頼できると思う?」
証人「A先生とかB先生とか・・・」
弁護「その先生たち、弁護側証人としてあなたの意見と正反対のこと言ってるけどwww」
証人「あqwせdfrgty」


なんという羞恥プレイ



被告医師の判断は的確でした。危険性を説明し大学病院での分娩を勧めたのも被告医師、『場合によっては子宮を摘出する』ときちんと説明したのも被告医師でした。
それを全て拒絶して、自論を通したのは亡くなった患者女性と遺族です。

いつから『死に向かっている人間を必ず生き返らせてくれるのが医者』ということになったのでしょうか?
この悲しい争いに終止符を打てないものですかね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/08/21(木) 05:43 | URL[ 編集]
    毎日新聞の大キャンペーンで医療現場はボロボロに壊されてしまった。
    ミスリードに対する責任をとるつもりは無いのか?
    さすが反日変態新聞、やる事がすべて反日サヨク運動だな。

  2. 名前:VIPPERな名無しさん #ncVW9ZjY | 2008/08/21(木) 08:15 | URL[ 編集]
    糞マスゴミや糞弁護士が煽ったのかもしれんが
    はっきり言って遺族はキチガイだな。
    死んだ妊婦は医者に殺されたのではなく家族に殺されたんだろ?
    言いかえれば自殺だよね。

    この遺族のせいで産婦人科がどれだけ無くなったのか。
    これで医者を責めるやつは家で自分で子供を生めばいい。
    当然事故も増えるがそれは自業自得。

    これからは医者が難しい患者は拒否すんじゃないか?
    マスゴミの望む日本の医療崩壊まであと少しだ。

  3. 名前:幸水梨子 #TTpWc1nw | 2008/08/21(木) 08:17 | URL[ 編集]
    遺族にとってはお気の毒な話だと思います。
    しかしながらこのエントリー読むと同情できませんね。
    患者にだってできること、やるべきことは沢山あったんじゃありませんかね。

    この夏、産婦人科専門の病院と、産婦人科のある大学病院に行く機会がありましたが、
    この裁判のせいか影響が出ていて切なくなりました。
    前者の病院では分娩以外の医療行為が制限されています。
    後者の病院では分娩は来年の2月まで予約で一杯だそうです。
    自分自身、将来出産する機会があるのかわかりませんが、
    よい出産をするためにも、医師にこそ安心して仕事に取り組んでほしいですね。
    今回の判決はその為の一歩だと思います。

  4. 名前: # | 2011/03/25(金) 20:52 | [ 編集]
    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/672-53cfdd03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 物流大手のセイノーホールディングス(岐阜県大垣市)のグループ企業31社が加入する西濃運輸健康保険組合が、4月の高齢者医療制度改革で負担金が増えたため組合を解散し、国が運営する政府管掌健康保険(政管健保)に移っていたことが21日、分かった。 西濃運輸健...
2008/08/21(木) | 元祖ブログ検索ニュースBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。