NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2ch】ニュース速報アワーズ貧乏人は余暇の過ごし方も貧乏くさい。生きていて楽しいのかな? 若者レジャー「貧困化」
痛いニュース(ノ∀`)10~30代の若者、遊びが「貧困化」。携帯、ネット、ゲームに時間使う若者増加 …レジャーにも「格差」が
asahi.com(朝日新聞社):若者レジャー「貧困化」 遊びの種類減少、支出に格差も - 社会
bb891d65.jpg

 若者の余暇の過ごし方が「貧困化」していることが、社会経済生産性本部の08年版「レジャー白書」で分かった。余暇の楽しみ方の種類が、10代は10年間で3割近く減った。生産性本部は、将来のレジャー産業の市場規模を縮小させる可能性があると指摘している。

 調査は15歳以上の男女3千人を対象に実施。07年の1年間に旅行、ドライブ、カラオケ、外食など計91種類の代表的な余暇活動に何回参加、経験したか聞き、10年前の調査と比較した。

 10代の若者が、1年間に1回以上経験した余暇活動は15.6種類。10年前より6種類減った。減少傾向は全世代でみられたが、10代~30代が顕著だった。

 白書は、若者が携帯電話のメールやインターネットに時間を割き、「余暇スタイルに大きな変化が生じている」と分析。賃金の抑制によって可処分所得が増えず、親が子に様々な経験をさせていないことも、余暇の過ごし方の「貧困化」を招いた一因と指摘している。

 一方、07年は06年と比べると、国内観光旅行が伸び悩んだ。動物園、遊園地など近場の行楽は人気で、新型ハードが好調だったテレビゲームをして過ごす人も増えた。

 余暇の時間や費やすお金については、派遣やパート労働の増加や団塊世代の退職などを背景に、「ゆとり」が増える人と減る人の二極化がみられ、「格差が広がってきている状況がうかがわれる」としている。

 余暇時間が「増えた」とする人は16.3%で、前年より2.5ポイント増え、92年から続いた減少傾向に歯止めがかかった。一方、「減った」とする人も27.8%で前年より0.9ポイント増えた。余暇活動への支出も同じような二極化傾向がみられた。


今度は余暇の過ごし方の種類の『貧困化』ですか?
また微妙な事を言いますね。
遊びに対する支出も減っているようですから、まあ『貧困化』なのでしょう。

今の若者にはレジャーを楽しむ時間も金も無いです。
それは若者のせいではないです。企業・経営者側が払わないからです。
こういう上辺だけの調査で『消費しない・消費が下手』などと結論付けて『今時の若者』批判されても若者も困ってしまいます。
『じゃあきちんとお金と時間を下さい』と言いたくなるだけですよ。

奴隷労働を押し付けてワーキングプアを増やして、その結果収益が増えたからといって『敏腕経営者』扱いするのがおかしいのです。
『無駄』を減らしてコストを減らすのは必要な事です。しかし労働者への給料支払いは『無駄』ではないのです。
労働者への給料支払いを減らして『製造コストを抑えた』と言い換えて、さらにはそれを自慢されてもねぇ。
それを各企業が皆やったら、ワーキングプアばかりになるのは当たり前ですね。

フェミが『少子化対策』との名目で多額の税金を使って推し進めた、男女共同参画による『少子化促進』も効いてるんじゃないんですかね?
子供が減ればレジャーは自ずと貧困化しますよ。

若者にしてみれば、消費行動に繋がる状況は、現状維持どころか悪化しています。悪化する中で横から『消費下手』『もっと消費しろ』と言われても、言っているヤツの首を絞めたくなるだけですよw
関連記事

関連タグ : 貧困化, 朝日, ワーキングプア,

コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/666-22036c1b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。