NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)【北京五輪】 「銅なんかいらんわ!」 スウェーデン選手が表彰式で激怒、メダル投げ捨てる…レスリング
「銅」なんかいらんわ! レスリング表彰式で激怒、メダル投げ捨てる - MSN産経ニュース
69b72b07.jpg30a44cf1.jpg

 「銅メダルなんかどうでもいい。俺は金メダルが欲しいんだ!」。中国農業大学体育館で14日に決勝まで行われた北京五輪のレスリング男子グレコローマン84キロ級の表彰式で、3位に入ったアラ・アブラハミアン(スウェーデン)が敗退した準決勝での判定を不服として、首にかけられた銅メダルをはずし、マットの上に投げ捨てて立ち去る一幕があった。

 ロイター通信によると、アブラハミアンは前回2004年のアテネ五輪で同じ種目で銀メダルを獲得しており、今回は金メダル獲得に大きな期待がかかっていた。

 ところが、同日の準決勝でアンドレア・ミングッツィ(イタリア)にわずかの差で判定負けし、決勝進出を逃した。ミングッツィは決勝にも勝って最終的に金メダルを獲得した。

 アブラハミアンは「負けたのは判定がまったくでたらめだったからだ」と激高し、なだめる同僚らも振り切って表彰式で怒りを爆発させた。

 よほど納得がいかなかったとみえて即座に「引退」も表明。「試合はこれが最後。すべては金メダルだけだ。今回の五輪は失敗だ」と言い放った。

 前代未聞の表彰式に当惑したのは国際オリンピック委員会(IOC)。「判定がフェアではなかった」というアブラハミアンの主張に基づき、国際レスリング連盟(FILA)と調査に乗り出す意向を示した。

 ただ、いい迷惑なのは相手のミングッツィ。「表彰式の途中で立ち去り、勝者を称える儀式を台無しにしてくれた。判定に疑問を持つことは確かにあるが、スポーツマンシップを見せて結果を受け入れることが大切だ」とアブラハミアンの態度を非難した。(北京五輪取材班)


まあ、相手選手であるイタリア代表アンドレア・ミングッツィ選手のコメントが正論過ぎてねぇ。アラ・アブラハミアン選手の態度が子供に見えてしまうのも事実です。
gaf0808142247004-p2.jpggaf0808142247004-p3.jpggaf0808142247004-p5.jpg

動画

http://www.youtube.com/watch?v=0_Iuo3JT-aM

レスリングは判定が難しいのか誤審が多い競技です。
この件をきっかけに判定システムがより公正なものになる事を期待します。
それほど難しいとは思えないんだけどねぇ。抗議が来たらすぐにビデオをチェックすれば、チョッとルールを知っていれば審判出来そうなんだけどねぇ…
何で不可解な判定が多いのかは謎。誤診を認めながらも試合中の不服アピールが足りなかったとして判定自体は覆らない例もあったしねぇ…ルールが徹底出来ないならそれは競技になっていないのではないでしょうか。

まあ、実際の試合を観ないとアンドレア・ミングッツィ選手の主張が正しいものなのかは何とも言えません。勝っていたはずの試合なのにジャッジがおかしいならこの態度も許されるでしょう。

日本人が同じ事をやったら『スポーツマン精神が欠ける』『態度が悪すぎて失礼だ』とマスコミに徹底的に叩かれているでしょう。実際こういう事は日本人にはやって欲しくないと思ってしまいます。日本人の良い所であり、悪い所でも有ります。

『今回の五輪は失敗だ』には賛成。
10000ガバス賭けても良い。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/08/15(金) 02:36 | URL[ 編集]
    ガバス懐かしいなw

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/653-215c1a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。