NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未定なブログ 鳥越俊太郎「痛み止めで切り抜けられないのか?」 野口欠場で
「痛み止め飲んでもダメ?」 マラソン野口欠場: スーパーモーニング:J-CAST テレビウォッチ

<テレビウォッチ> 「4年間すべて北京で走るためだっただけに、今も走りたい、走ろうという思いは消えることはありません。しかし、現状を認識すれば、出場を断念せざるを得ません」

野口みずきが送ってきたメッセージは悲痛なものだった。左足太股の筋肉損傷は深刻だった。笑顔の野口を写す画面が、何とも残酷に見える。なぜこんなことに、とだれもが思う。

小柄な体格を補うために行っていたという過酷なトレーニング。JOCの金哲彦・強化コーチは。「けがをするかしないかの紙一重のところで闘っているので、大きなけがにつながったのは、運が悪かった」という。

また、彼女のストライド走法は足に強い負担がかかるが、野口自身も先月末北京で、「本番をすごくイメージしてしまって、ペースがあがりましたね」といっていた。これについて金コーチは、「一種のオーバーワークだと思う。ただ、そうなるかならないかギリギリのところで闘っているから」という。

だが、小柄な身体も、ストライド走法も、世界に通用することをアテネが示していたのだから。映像で見たスイス・サンモリッツでのトレーニングは、クロスカントリーのような山道を走っていた。下り坂を駆け下りる姿は、痛々しかった。そこまでするかと。

スタジオにマラソンの谷川真理が出演した。「彼女のつらさがわかります。代表になってからの8か月間、想像を絶するトレーニングを重ねてきただけに」という。谷川も、かつてけがで大会を欠場したことがある。

小木逸平が、「北京へ行くだけじゃなくて、金メダルをとるのが目的で、とって当たり前というのはハードですよね」

谷川は「そう、金さんのいっていたぎりぎりのトレーニング。そこまでやらないと…」

鳥越俊太郎が、「サンモリッツのトレーニングは金メダルのための?」

谷川は「それはそうですよね。今日はここまでやった。もうちょっとという」「違和感があっても、重大なものかどうかは分からないんですよ」

鳥越は、「バカな質問かもしれないが、痛み止めで切り抜けられないのか」

谷川は、「微妙なところです。痛みが出ないこともあるが、それが致命傷にもなりうるし。この決断はしかたなかった」という。

補欠はいない状態で、土佐、中村だけで臨む。野口はメッセージで2人に「重荷になるのが心配だが、ご健闘を心よりお祈りします」といっている。案外これが、2人にプラスするのかどうか。レースは17日の日曜日だ。


野口みずき選手の出場断念は残念な事です。
しかしそれは専門家が総合的に判断して決めた事です。

そもそも体調が万全で、初めてメダルを狙える好タイムが出るのです。痛み止めを飲んで痛みを減らした所で良いタイムを出せる保障があるわけがありません。
それどころか、無理に出場する事で受ける事になるダメージを考慮しなければなりません。
『競技はメダルじゃない』と言う人も居ます。しかしそれを判断するのは選手側です。周りが出場を無理強いしてプレッシャーを与えるのは避けるべきです。

もっと言えば、痛み止めを飲めば、当然ドーピング検査に引っかかるでしょう。
痛み止めというモノには種類があり、非ステロイド性鎮痛剤はOKですが、糖質コルチコイドが含まれる場合などは略式TUEを申請しなければなりません。申請しても関節周囲などに対する注射による使用などなら許可されますが、経口使用、筋肉内使用は完全に禁止であり、野口選手のような『太股の筋肉損傷』などのケースは、効果的な痛み止め自体が難しいようです。

許されている薬品での鎮痛効果には限界があるようで、皆が痛み止めと聞いてイメージする、野口選手のケースをカバー出来るような『もっと強力なモノ』はやはり使用禁止なようです。

薬を服用したい場合は『医師に相談して』などと言いますが、医師がオリンピック憲章に規定されているドーピング禁止薬物について必ずしも知識があるわけではないので注意が必要です。各競技団体独自の規程を用意している場合もあります。

ドーピング検査は『何をどれくらい飲んだか?』ではなく、競技後のドーピング検査時の『尿から何がどれくらい検出されたか?』が判定基準なのです。使用した薬の量と検出される値にはかなり個人差があり、また同じ個人でも条件が違えば大きく値が変わる事が知られています。
実際は薬を飲む事は非常に難しいのが現実です。

選手にとって『ドーピング』の疑いをかけられた場合、『卑怯者』の烙印を押されたのと同じです。実際、『禁止薬物が検出された』と報道されれば不名誉な『ずるいドーピング野郎』扱いです。
我々日本人は野口選手に好意的で、『ドーピングではなく緊急避難的な痛み止めで必要だった』と判断します。しかしライバル選手やそれを応援する国の人まで好意的な判断をしてくれるとは思えません。


鳥越俊太郎氏は何故こういう訳の分からない事を言うのでしょう。人の気持ちが読めない人ですよね。
出場断念を一番残念に思っている、悔しがっているのは、金メダルを取る為に努力し続けた野口みずき選手なのではないのでしょか?
痛み止めで切り抜けられるなら、本人が真っ先にやってますよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/08/17(日) 07:51 | URL[ 編集]
    鳥越はもういろんな意味で終わってるんじゃないのか?

  2. 名前:VIPPERな名無しさん #- | 2008/08/17(日) 08:46 | URL[ 編集]
    やっぱり強力な痛み止めはダメなのですね。
    ドラマとかに出てくるような、打てば痛みを忘れられるようなやつって、モルヒネをイメージしてるのですかね?

  3. 名前:ZAN #- | 2008/08/17(日) 17:26 | URL[ 編集]
    2時間半、筋肉損傷した足で走れってか?
    こんな事をTVで言ったら野口がまるで出場に消極的だと視聴者に誤解されてしまうではないか。
    鳥越本人も言ってる通り「馬鹿な質問」でありそれを自覚しているのならわざわざ言わなければいいのに。

  4. 名前:名無しさん #- | 2008/08/17(日) 23:27 | URL[ 編集]
    鳥越さんが余計な事を言っているのは間違いないのですが、その度合いの問題ですかね。

    このやり取りを野口選手が聞いたらやっぱりいい気分ではないでしょうから責める人もいるでしょう。

    野口選手をちょっと苦手に思っている私はスルー。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/645-59cd9559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
これな↓ 未定なブログ 鳥越俊太郎「痛み止めで切り抜けられないのか?」 野口欠場で http://aromablack5310.blog77.fc2.com/blog-entry-2464.html 6 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2008/08/13(水) 17:34:16 0 ドーピングのヌヌメ   7 :オレオレ!オレだよ、名無し
2008/08/16(土) | 黒的九月の死亡遊戯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。