NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒マッチョニュース 【国際】ロシア軍「グルジアの州都を『「解放』」と発表。1600人死亡か―南オセチア紛争
livedoor ニュース - ロシア軍、州都「解放」と発表=1600人死亡か―南オセチア紛争

 グルジアの南オセチア自治州をめぐる同国とロシアの武力衝突で、同自治州に部隊を送り込んだロシア軍は9日、州都ツヒンバリを「解放」したと発表した。また、南オセチアの分離派政府は、これまでの戦闘で1600人以上が死亡したと指摘。一方、グルジア側は、ロシア軍の空爆により黒海沿岸にあるポチ港が完全に破壊されたと主張した。≪写真はロシアのテレビ局が放映したツヒンバリで炎上するグルジア軍戦車の映像≫
 時事電によると、グルジアのサーカシビリ大統領は同日、国家安全保障会議を開き、「グルジアに対するロシアの侵略を受け、戦時体制の導入を決定した」と言明した。
 南オセチアの分離派政府を支援するロシアは、グルジア側が南オセチアを統治下に取り戻すため軍部隊を進攻させたのを受け、8日に軍事介入。戦車などを投入したほか、ツヒンバリに空挺部隊を降下させた。
 グルジア側によると、ロシア軍はまた、グルジア各地に空爆を加えた。破壊されたと伝えられるポチ港は、カスピ海からの石油などを西側に運ぶ中継港。
 武力衝突を受けてグルジア軍高官はAFP通信に対し、イラクに派遣している軍部隊2000人全員を3日以内に撤収させる計画だと語った。
 米国と欧州連合(EU)は停戦に向けた調停活動を行うため、グルジアに代表団を派遣する準備を進めている。




新潟日報 グルジア軍が州都から撤退

 【モスクワ10日共同】ロシアが軍事介入したグルジア南オセチア自治州情勢で、AP通信は10日、グルジアのヤコバシビリ国務相の話として、南オセチアに進攻したグルジア軍が自治州都ツヒンバリから撤退したと報じた。ロシア軍はこれに先立つ同日早朝、グルジアの首都トビリシ郊外の空軍飛行場を空爆。インタファクス通信によると、武器流入を防ぐ海上封鎖のため、ロシア黒海艦隊のミサイル巡洋艦など複数の軍艦がグルジア沖に到着した。
 ロシアのメドベージェフ大統領は9日のブッシュ米大統領との電話会談でグルジア軍が自治州から撤退するまでは軍事介入を継続する姿勢を示している。同軍は自治州内には残っており、完全撤退するかどうかが停戦に向けた動きを左右しそうだ。
 一方、ロシアが南オセチア自治州を越えたグルジア領内で空爆を続けていることに欧米などが懸念を強めており、欧州連合(EU)などで構成する使節団がグルジアに派遣される見通しとなるなど国際社会の仲介努力も本格化しそうだ。


やはりロシア軍の圧勝でしたね。


黒マッチョニュース 【国際】「ロシアは帝国主義」…ポーランドとバルト3国がグルジア・南オセチア情勢でロシアを非難、EUとNATOに指導力発揮を求める
ロシアを帝国主義と非難=ポーランドとバルト3国(時事通信) - Yahoo!ニュース

 【ベルリン9日時事】ポーランドからの報道によると、同国とエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国の大統領は9日、グルジア・南オセチア自治州情勢をめぐり共同声明を出し、ロシアの軍事介入を「帝国主義的政策」と非難した。また、欧州連合(EU)と北大西洋条約機構(NATO)に指導力を発揮するよう求めた。
 声明は「ロシアは紛争地域の平和と安定を維持する上で、一線を越えてしまった」と指摘。ポーランドのカチンスキ大統領は記者団に対し「ロシアの介入は国際法と相いれない」と強調した。


日本の平和団体の皆様!今すぐグルジアで『人間の盾』になりましょう!ロシアはアメリカのように『人道的』では無いからイラクの時みたいに『無傷』では済まないとは思いますけどね。

共産主義国を名乗る国家の恐ろしさを再認識した。

中国とロシアの『やりたい放題』を止めなければ、『人権』なんて言葉は意味が無くなる。最大の人権無視である虐殺を止めずにスルーする、偽善も出来ない平和・人権団体など何の役にも立たないゴミ以下の存在だ。
平和・人権団体などと名乗られると騙されてしまう人も居る。
非常に紛らわしい不当表示なので『反日反米利権団体』と改めて欲しい。
実態に合わせて正直に名乗って頂く様に改善を要求します。

ポーランドとエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国にとって本件は正に『明日は我が身』であり、グルジアが片付けばいつ狙われても不思議ではない。
最悪の国家に囲まれた日本も当然『明日は我が身』であり、やはり防衛する為の力が必要だと改めて思う。抵抗出来なければあっという間に攻め込まれ、自分達の主張は踏み躙られ相手の主張を押し通されてしまう。
無防備宣言などというカルトな絵空事など全く通用しない現実を見せ付けられた。結局今でも『実効支配』や『武力侵攻』が当たり前のように『絶対』で、国際法など何の役にも立たないことが証明された。
いきなり他の国に攻め込まれ武力で全てを破壊され『解放』宣言されたくはない。

少し前にアメリカが日本の核装備をけん制する動きがあったが、あれはやはり『今の日本の立場なら核装備を考えて当然』と考えたからなのだろう。納得。


関連エントリー
グルジアとロシアが戦争!ロシア軍が南オセチアに軍事介入、グルジア軍基地を空爆
南オセチア州都ツヒンバリを『解放』、グルジア軍撤退もロシア軍の攻撃激化
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/634-c848cccb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    そして!! 南オセチア州都ツヒンバリを『解放』、グルジア軍撤退もロシア軍の攻撃激化ロシア軍、南オセチア自治州を掌握 戦闘拡大の懸念強まる南オセチア自治州武力紛争 フランス外相、モスク ワでロシア外相と停戦 ...南オセチア自治州南オセチア情勢で電話協議へ=G7...
    2008/08/12(火) | ママ友 いじめ
    今、こんなことが・・・・・・・・・びっくりです。南オセチア自治州西日本新聞グルジア軍の進攻を受けた南オセチア自治州から避難民が流入しているロシアの北オセチア共和国に入った。車を飛ばし命懸けでロシア側に脱出してきた住民らは10日、肉親の死や逃走中に受けた...
    2008/08/12(火) | DEH-P630 カロッツェリア ヘッドユニット 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。