NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンコー、2.8型液晶搭載-FLV対応のポータブルプレーヤー - AV Watch
-2GBメモリ/microSDスロット搭載。8,980円
thanko1.jpg 7月29日発売 標準価格:8,980円

 サンコー株式会社は、FLV再生にも対応したポータブルメディアプレーヤー「DIGITAL MP4 AudioPlayer」(DTLMP42G)を7月29日より発売、24日より予約を受け付ける。価格は8,980円。対応OSはWindows XP/Vista。

 2.8型/400×240ドット液晶と、2GBフラッシュメモリを内蔵する動画/音楽プレーヤー。SDHC対応のmicroSDカードスロットも備え、カード内のファイルも再生可能。ファイルの転送はドラッグ&ドロップで行なえる。

 再生対応フォーマットは、動画がDivX(AVI)/FLV/RM/RMVB、音楽がMP3/WMA(いずれも64~320kbps)、静止画がJPEG。オーディオブック再生(テキストファイル表示)も可能。そのほか、WAV形式(32/64kbps)のボイスレコーディングも行なえる。

 PCとの接続はUSB 2.0で、給電はUSBより行なう。連続再生時間は、動画が約4時間、音楽が約10時間。連続録音時間は約8時間。外形寸法は50×87×11mm(縦×横×厚さ)、重量は70g。イヤフォンが付属する。



thanko2.jpgthanko3.jpgthanko4.jpg
  動画再生画面       メニュー画面       背面

再生フォーマットの多さが良い感じ。値段の安さも良いね。
これなら手軽に持って歩けるよ。
個人的に気になるから自分メモ。

□サンコーのホームページ
http://thanko.jp/
□『DIGITAL MP4 AudioPlayer』製品情報
http://www.thanko.jp/digitalmp4player/

******************************************

テーマはエコ:デル史上、最小のミニPC「Studio Hybrid」が登場 - ITmedia +D LifeStyle

7月29日、デルが同社史上最小のデスクトップPC「Studio Hybrid」を発売する。竹製カバーなど豊富なカラーバリエーションを備え、8月末に発売される予定だ。

l_ht_0807sh01.jpg
スロットインタイプの光学ドライブを備えた「Studio Hybrid」


【竹製のボディカバーも選択可能】
 デルが発表した「Studio Hybrid」は、6月27日にリリースされた「Studio」シリーズ初のデスクトップPCだ。一般的なタワー型デスクトップPCに比べて約80%小型なコンパクトボディが特徴で、同社史上最小のデスクトップPCだという。仕様は同社おなじみのBTOで変更できるが、Celeron 550(2.0GHz)搭載のベーシック構成で7万円前後、Core 2 Duo T9300(2.5GHz)搭載のプレミアム構成で11万円前後の予定だ。

 Studio Hybridのボディサイズは78(幅)×211(奥行き)×216(高さ)ミリ(縦置き時/スタンドを含む)、重量は本体のみの約1.8キロと非常にコンパクトで、スタンドを変形させることで横置きにも対応する。ネジ1本でボディカバーが取り外せ、購入時にサファイアブルー/スレートグレー/トパーズオレンジ/ジェードグリーン/クォーツピンク/ルビーレッドのほか、竹製のナチュラルバンブーから選べるのも特徴だ(標準カラーはサファイアブルー)。また、ボディカラーは本体購入後も単体で手に入れることが可能という。

 システムのスペックは、Intel GM965 Expressチップセットを中心に、インテルのノートPCアーキテクチャが採用されている。CPUの選択肢はCore 2 Duo T9300(2.5GHz)/T8100(2.1GHz)/T7250(2.0GHz)、Celeron 550(2.0GHz)、メモリは4G/2G/1Gバイト(SO-DIMM×2)、HDDは2.5インチSerial ATA接続で容量は320G/250G/160Gバイト(いずれも5400rpm)だ。OSはWindows Vista Ultimate/Home Premium/Home Basic(いずれも32ビット版でSP1適用済み)が用意される

l_ht_0807sh02.jpgl_ht_0807sh03.jpgl_ht_0807sh04.jpg
20インチワイド液晶ディスプレイ「SP2009W」とのサイズ比較(写真=左)。ボディケースのオプションで用意される竹製のナチュラルバンブー(写真=中央)。ナチュラルバンブーのほかにも6色のボディカラーから選択が可能だ(写真=右)


【標準でHDMIを備え、BD-ROMドライブも搭載できる】
 標準でHDMI(Ver.1.2準拠)とギガビットLAN機能を備え、BTOではIEEE802.11a/b/g/n対応の無線LAN機能も選択できる。なお、グラフィックス機能はチップセット内蔵のIntel GMA X3100のみだが、光学ドライブでBD-ROMドライブ(DVD+R DL対応のスーパーマルチドライブ機能付き)を選んだ場合は、Broadcom製のアクセラレータ(PCI Express Miniカード)が追加され、超小型のAVマシンとして利用することも可能だ。

 電源は同社の法人向けノートPC「Latitude」と同じスリムなACアダプタで供給され、国際エネルギースタープログラムの新基準「Energy Star 4.0」に準拠することで、これまでの標準的なデスクトップPCに比べて約70%も消費電力を削減できるという。

 販売は8月末日から開始される予定で、ビックカメラやソフマップ、西友などの量販店でも同時に発売される見込みとなっている。

l_ht_0807sh05.jpgl_ht_0807sh06.jpgl_ht_0807sh07.jpg
標準カラーのサファイアブルー(写真=左)。縦置きスタンドを変形させることで、横置きの設置も可能(写真=中央)。前面に2基のUSB 2.0とヘッドフォン、8in1メモリカードスロットが並ぶ。背面にDVI-IとHDMI、4ピンのIEEE1394や角型の光デジタル音声出力端子を備える(写真=右)



デル、外付けドライブのような小型PC「Studio Hybrid」 - PC Watch
~Webカメラ内蔵の20型ワイド液晶も

8月下旬 発売 価格:7万円前後~

 デル株式会社は、ウルトラスモールフォームファクタを採用した小型デスクトップPC「Studio Hybrid」を8月下旬に発売する。

 米Dellのマイケル・デル会長が、4月のグリーン会議で明らかにした「一般的なミニタワーPCよりも81%小さく、消費電力を70%削減」したPCが製品として今回登場した。外付けの光学ドライブのような外観を持つ小さな筐体に、PCの機能をすべて内蔵。エコPCとして、モバイル向けCPU/チップセットなどを採用し、Energy Star 4.0に準拠する。

 本体サイズは72×211×197mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.8kg。縦置き/横置き対応のスタンドが付属し、縦置き時のサイズは78×211×216mm(同)。筐体はねじ1本で取り外しできるカバーで覆われており、6色のカラーバリエーション、竹製カバーの「ナチュラルバンブー」などを装着できる。

 光学ドライブは前面から挿入するスロットインタイプ。BTOでBlu-ray Discドライブ(リードのみ)も選択可能で、その際、専用アクセラレータが自動で追加になり、BDの再生も可能。TVにも容易に接続できるよう、HDMI出力を標準装備する。

 ベーシック構成は、CPUにCeleron 550(2GHz)、メモリ1GB、HDD 160GB、チップセットにIntel GM965 Express(ビデオ機能内蔵)、DVDスーパーマルチドライブ、OSにWindows Vista Home Premiumを搭載し、価格は7万円前後。

 インターフェイスはUSB 2.0×5、IEEE 1394、DVI-I、HDMI、Gigabit Ethernet、8in1カードリーダなどを装備。オプションで無線LANの追加も可能。キーボードは新型のマルチメディアキーボードが付属する。

●20型ワイド液晶「SP2009W」

dell04.jpgSP2009W

 また、20型ワイド液晶ディスプレイ「SP2009W」を8月下旬に発売する。価格は43,900円。SP2008WFPの後継機種。200万画素のWebカメラ、デュアルマイクを内蔵し、動画/写真の撮影やビデオチャットなどが行なえるユーティリティを同梱する。

 主な仕様は、解像度1,680×1,050ドット(WSXGA+)、表示色数約1,677万色、応答速度2ms(中間色)、ダイナミックコントラスト比2,000:1、輝度300cd/平方m、視野角が上下/左右ともに160度。パネルは色再現性92%の光沢タイプ。

 インターフェイスはDVI-D(HDCP)、ミニD-Sub15ピンの2系統を装備。さらに、4ポートのUSB 2.0 Hub、オーディオ入力端子などを備える。

 本体サイズは481.5×192×393.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は5.5kg。


『Studio Hybrid』の外付けドライブのようなコンパクトさは気になる。しかしお値段が…デスクトップPCにしては高すぎるのかな?この値段ならAtomプロセッサ搭載のローコストノートPCを買ったほうが得な気がする。

□デルのホームページ
http://www.dell.com/jp/
□ニュースリリース
http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/
pressoffice/2008/080729?c=jp&l=ja&s=corp

http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/
pressoffice/2008/080729b?c=jp&l=ja&s=corp


******************************************

エイサー、ネットブック「Aspire one」の発売日が8月23日に確定 - PC Watch
日本エイサー、Netbook「Aspire one」発売日を23日に正式決定 パソコン マイコミジャーナル
Acer Aspire oneミニノート、国内は8月23日発売 - Engadget Japanese
日本版の仕様は8.9型1024 x 600ディスプレイ、Atom N270 (1.6GHz)、1GB RAM (オンボード512MB + SO-DIMM 512MB。増設不可)、120GB HDD、OSはWindows XP Home SP3。日本仕様はとりあえずこの1種類のみらしい。5万円台半ばを予定。

MSI、ミニノート「U100」の名称を“Wind Netbook U100”に改名(+D PC USER) - Yahoo!ニュース
エムエスアイ、Wind NotebookをWind Netbookに名称変更 - PC Watch
MSI Windノートに「Love」エディション? - Engadget Japanese
MSIはWindノートの名称を『Wind Notebook U100』から『Wind Netbook U100』に変更するとのこと。今更の名称変更って、結構不利になるよね。

「ハイエンド Eee PC」 S101は64GB SSD搭載、10インチ版で約1kg - Engadget Japanese
『Ultimate』機『S101』は結局『Eee』シリーズ扱いではなく、プレミアムノートとして販売する計画らしい(Asus S101?)。

富士通 LifeBook U2010 ・海外版 LOOX U 正式発表、5色展開 - Engadget Japanese
ウルトラモバイルPC LifeBook U / LOOX Uの新モデル。5.6型液晶が1280 x 800に表示力アップ。CPUはAtom Z530 1.6GHzに。Atom採用といっても他社のローコストPCに比べるとかなりお高い値段設定にはなりそうです。まあ『カテゴリー違い』って事で。

トヨタ、パーソナル移動支援ロボット「Winglet」を発表 - ロボットWatch
トヨタ、立ち乗り&2輪の“移動支援ロボット”「Winglet」開発 - ITmedia News
トヨタ、パーソナル移動支援ロボット「Winglet」を発表 - Engadget Japanese
トヨタのセグウェイキラー「Winglet」が最高すぎな件(動画あり) Gizmodo Japan
『Winglet(ウィングレット)』はブッちゃけちゃえばトヨタ製のセグウェイですねw日本の公道で乗れる日が来るのか?

三洋電機、「eneloop」に単1形と単2形を追加:ITpro
三洋エネループに単1形・単2形、全種同時充電対応のユニバーサル充電器 - Engadget Japanese
エネループに単1形と単2形が追加されました。単1形は5700mAh、単2では3000mAh、大容量で長寿命。待ってた人も多いんじゃなんですかね。ネックは値段の高さかな?予想価格は単1形が約1700円、単2形が約1400円


関連エントリー
『Eee PC 901』『Eee Box』『Eee Station』『WIND PC』『Splashtop』他
日本HP 8.9インチワイドミニノートPC『HP 2133 Mini-Note PC』発表
『Eee PC 1000H』『Wind Notebook U100』『Aspire one』『D945GCLF』他
GIGABYTEのAtomミニノート『M912X』、Centrino Atom MID『M528』
『EeePC901』が今月中に日本発売?さらに新製品『Eee PC 904』追加
『EeePC』新製品、デュアルコアAtom『S101』『S91』、初代筐体にAtom『701SD』
Lenovo『IdeaPad S10』発表、Atomプロセッサ、10.2型液晶搭載の低価格PC


関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/625-3adc7d67
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。