NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、昔にもどりたい 【国際】 ロシアとグルジア、戦争状態に ロシア軍、グルジアに増派…武力衝突が激化

NIKKEI NET(日経ネット):ロシア軍、グルジアに増派 武力衝突が激化

 【モスクワ=古川英治】グルジアの南オセチア自治州をめぐる同国とロシアの武力衝突が激化している。グルジア政府軍が同州の分離独立派に対する攻勢を強めたことに対抗して、独立派を支持するロシア軍は8日、グルジアへの増派を開始した。両国首脳は事実上の戦争状態にあるとの認識を示しており、米欧も紛争拡大に警戒感を強めている。

 ロシア国防省は8日、「平和維持のための増派部隊を派遣した」と発表した。グルジア政府によると、ロシア機3機が8日、南オセチアに隣接する地域に爆弾2発を投下したのに続き、グルジアの首都トビリシに近い軍事施設などへの攻撃も開始した。ロシア南部から戦車部隊が現地に入ったとの情報もある。




黒マッチョニュース 【国際】アメリカ「グルジアの領土保全を支援するとともに、即時の停戦を求める」と声明を発表…ロシアに軍の撤兵などを迫る内容


NIKKEI NET(日経ネット):米大統領、ロシア・グルジア首脳に即時停戦を要求

 【北京=弟子丸幸子】北京滞在中のブッシュ米大統領は9日夜、グルジアの南オセチア自治州を巡る武力衝突を受け、ロシアのメドベージェフ大統領、グルジアのサーカシビリ大統領にそれぞれ電話し、即時停戦に応じるよう求めた。ロシア大統領府によると、メドベージェフ大統領は「グルジア主導による部隊撤退が唯一の道だ」と述べた。ブッシュ大統領は外交的解決への協力の用意を申し出たという。

 ブッシュ大統領は同日、ロシアに対して、空爆停止と欧米による調停への協力を求める緊急声明を発表、事態への「深い懸念」を表明した。




「南オセチア紛争 露が猛攻、州都制圧宣言 グルジアは総力戦の構え」事件です‐事件ニュースイザ!

 【モスクワ=遠藤良介】グルジアの親ロシア分離派地域、南オセチア自治州に軍事介入したロシアは9日、別の親露派地域であるアブハジア自治共和国のグルジア支配領域に激しい空爆を行うなど猛攻を続け、戦線が拡大している。ロシア軍は南オセチアでも先に進攻していたグルジア軍と激しく交戦、ロシア側は州都ツヒンバリの制圧を宣言した。グルジアのサーカシビリ大統領は同日、即時停戦を呼びかける一方で、全土で15日間の「戦時状態」を宣言する大統領令を出し、議会の承認を得た。

 メドベージェフ露大統領は「ロシアの作戦はグルジア側に戦闘を停止させるためのものだ」とし、国際社会の求める即時停戦には応じない考えを示している。

 ロシア側の情報によれば、ロシア軍はツヒンバリ内外のグルジアの攻撃拠点を破壊し、州都の全域からグルジア軍を排除した。また、8日にグルジアの首都トビリシ近郊の軍基地を空爆したのに続き、黒海に面するポチ港や旧ソ連の独裁者スターリンの出身地、ゴリ近郊を軍用機で爆撃。ロイター通信によると、ゴリ近郊ではアパートが空爆され、民間人に死者が出ている。

 グルジアからの報道によれば、ロシアは南オセチアと並ぶ独立派地域、アブハジアのグルジア支配領域でも空爆を開始しており、グルジアは“両面作戦”を迫られそうだ。AP通信によると、アゼルバイジャンからグルジアを経由してトルコに原油を送るBTCパイプライン周辺もロシアの空爆を受けたという。

 一方、グルジア国家安全保障会議のロマイヤ書記はツヒンバリ攻防をめぐるロシアの情報を否定するなど情報は錯綜(さくそう)している。グルジアはすでに予備役に招集をかけたほか、イラクに派遣している部隊2000人を帰国させることを決定し、総力戦に入る構えだ。



グルジアの国内の火種を横から煽り続けたロシア。
ロシアのバックアップを受けて南オセチアが民家で狼藉を働くなどグルジアをさかんに挑発。
グルジアが軍を出したのを確認するとロシアが一気に軍事介入。
って感じですね。

ロシアはグルジアがNATOに加盟し西側に付くなら、ロシア寄りである南オセチアをよこせといっている訳です。まあこのままだとグルジアは南オセチアをロシアに渡すしかないでしょう。
当然、欧米各国は戦争前は分割に反対していましたが、戦争開始後はオリンピック開催期間中ということもあってか今の所は様子見なのか決断を先送りなのか…
NATOまで参戦する事になれば第三次世界大戦も冗談では済まない話になりますしね。


CNN.co.jp:グルジア、イラク駐留軍を全面撤収へ 南オセチアに転戦

グルジアからの分離独立を目指す親ロシアの南オセチア自治州での武力衝突で、イラク駐留米軍の報道官は9日、グルジア政府がイラク多国籍軍に派遣する軍兵士2000人全員を撤収させ、同自治州に転戦させることを決めたと述べた。AP通信が伝えた。

親米外交を進める取るグルジアのイラク駐留軍は、米英に次ぐ規模。グルジアのサーカシビリ大統領は8日、自治州の情勢を受け、イラク駐留軍の全面的撤収を表明していた。米軍報道官は、グルジアの全部隊撤退は多国籍軍の作戦に短期的な影響を及ぼすと述べた。

イラクのグルジア軍の司令官は、輸送手段を確保次第、母国へ帰還すると語った。米国に輸送手段で協力を求め、米軍が検討しているという。

グルジアのイラク駐留軍は昨年、850人から2000人に増強された。




中国新聞ニュース グルジアが戦時状態宣言 露軍が空爆継続、戦闘拡大

 【モスクワ9日共同】グルジアからの分離独立を主張する南オセチア自治州に軍事介入したロシア軍は八日、自治州に進攻していたグルジア軍と激しく交戦した。グルジアのサーカシビリ大統領は九日、全土で十五日間の「戦時状態」を宣言する大統領令を出し徹底抗戦の構えを鮮明にした。ロシア軍は九日も二日連続で空爆を実施し部隊増援を継続。同様に独立を主張するアブハジア自治共和国でも戦闘が起き、戦火は拡大する様相だ。

 ロシアのコワレンコ駐グルジア大使は、南オセチアの州都ツヒンバリで少なくとも住民二千人が死亡したと述べた。ソビャニン副首相兼官房長官によると、過去一日半に南オセチアから三万人がロシアに避難した。

 ブッシュ米大統領は九日、ロシアとグルジアに即時停戦を求めた。

 ロイター通信によると、ロシア軍機がグルジア中部のゴリ近郊を九日午前に空爆、五人が死亡したという。ロシア軍当局は同軍機二機が撃墜されたことも確認した。

 ロシアのメドベージェフ大統領はグルジアに戦闘停止を強いるため作戦行動を行っていると述べ、国際社会が求めている即時停戦には応じない姿勢を示した。

 イラク駐留のグルジア軍部隊司令官は、米国が輸送手段を提供すれば二千人規模のグルジア軍部隊が帰国するとロイターに語った。

 ロシア外務省は八日、ラブロフ外相が米国のライス国務長官と三回電話会談し、グルジアに攻撃停止を促すよう求めたと明らかにした。ライス氏はロシアに、グルジアの主権尊重と空爆などの停止を求めた。北京五輪の開催国、中国も即時停戦を呼び掛けた。

 サーカシビリ大統領は、ロシア軍の爆撃でグルジア兵ら三十人が死亡したと表明。ロシアはグルジアの攻撃で兵員十五人が死亡、百五十人が負傷したとしている。

 インタファクス通信によると、親ロシアのアブハジア自治共和国ではバガプシュ大統領が九日、グルジア側が支配している同自治共和国コドリ渓谷をアブハジア空軍機が攻撃していると明らかにした。ロシア軍機が攻撃したとの情報もある。



現在出ている情報は殆どロシア発のモノです。
実際に戦場になっているグルジア発のモノは殆ど存在していません。
故にどうしてもロシア寄りの報道が多いようです。
まあロシア寄りの報道になる理由がこれだけとは限りませんがね。

322 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/09(土) 20:10:13 ID:3wQmwgkU0
ロシアもダブルスタンダードだろ。

チェチェンとか自分のところの独立運動は弾圧しておいて、
よその独立運動は支持するとか。ふざけてる。
今後、ロシアのこういうのに対する態度はダブルスタンダードの批判を免れ得ない。

中国ですらこういうのはいい顔しないと思うんだがね。
こりゃ下手すりゃハルマゲドンものだぞ。


結局、反ロシアは全て叩き潰して、親ロシアに対しては軍事も含めた徹底援助ですからねぇ。
『平和維持部隊』と名乗り正義を気取ってもやっている事は侵略者。
完全な使い分けであり『ダブルスタンダード』ですね。

ロシアは停戦要求を無視し、ココで一気に決着をつけるつもりでしょう。少なくとも南オセチアについてはもう『自国の領土』のつもりでいるでしょう。
残酷な侵略戦争は止まりません。
日本の隣国は侵略戦争を起こす側の国ばかりです。

NIKKEI NET(日経ネット):グルジア、北京五輪から引き揚げ検討 南オセチア紛争で

 【北京=渡辺園子】ロイター通信は9日、北京五輪に参加しているグルジアチームがロシアによる攻撃を理由に五輪からの引き揚げを検討していると報じた。グルジア・オリンピック委員会のスポークスマンは「(引き揚げを)検討しており、サーカシビリ大統領が決断する」と語った。



オリンピックよりもっと大事な本件の報道をしっかりとやって欲しいです。情報源がTVのみの人はまだ知らない人も多いでしょうし、扱いの小ささから『たいした事ではない』と誤解している人もいるでしょう。


関連エントリー
グルジアとロシアが戦争!ロシア軍が南オセチアに軍事介入、グルジア軍基地を空爆
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:たつまき #B6o4ZVa2 | 2008/08/16(土) 01:39 | URL[ 編集]
    米イ悪の枢軸による第3次大戦へ向けたグルジア戦争の全体像

     イスラエルの最新兵器と訓練を受けたグルジア軍の南オセチア州に対する侵攻で始まったグルジア戦争には、世界再分割の戦略がある。
     それは、シオニストのイスラエルと世界最大のテロリスト国家米国の悪の枢軸が目指す、かつて失われたユダヤ人の祖国ハザール帝国(ウクライナ+ロシア南部を中心とする広大な領土)の再建という野心的な戦略だ。
     しかし米ブッシュ政権はすでに、銀河連邦新指導部との協定に違反して日本の岩手県沿岸北部地震をアラスカ配備の地球破壊兵器HAARPで08.7.24に起した結果、世界的に展開配備した虎の子の核兵器を全部同じ日に一掃されて、無力化している。 
     イスラエルと米ブッシュ政権は、このグルジア戦争にEUとNATOと巻き込んで有利な力関係で情勢打開を図ろうと試みたが、サルコジが訪ロしてメドベジェフと6項目で合意した結果、グルジア戦争の戦略計画が一先ず挫折した。
    米国民主党のD.クシニッチ下院議員が提出して下院で審議決定した、ブッシュ弾劾決議案には、もう1項目の弾劾理由が増えた。
     詳細は:
    http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/55.html

  2. 名前:名無しさん #- | 2008/08/16(土) 03:18 | URL[ 編集]
    ※1
    またアメリカの陰謀論か
    ブサヨは常に反米反日
    ロシアの侵略行為を誤魔化しているつもり?死ぬの?

    世界の承認を受けずに単独決定で他国に侵攻した事実は陰謀説では説明できんよ
    電波宣伝コメは削除すべきだ

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/622-5403ab96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グルジアの親ロシア分離派地域、南オセチア自治州に軍事介入したロシアは9日、別の親露派地域であるアブハジア自治共和国のグルジア支配領域に激しい空爆を行うなど猛攻を続け、戦線が拡大している。ロシア軍は南オセチアでも先に進攻していたグルジア軍と激しく交戦、ロ...
2008/08/10(日) | ブログ検索ニュースBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。