NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)もう一度見たい、復活して欲しいバラエティ番組ランキング
46cfbacd.jpg

【そんなに見たい? ちょっとだけよ】
 繁栄と衰退を繰り返す世の中のはかなさを表現した「栄枯盛衰は世の習い」という言葉がありますが、毎年のように多くの番組が誕生しては消えていくテレビのバラエティ番組ほど、この言葉が当てはまるものはありません。そんなバラエティの中にも、「いつまでも忘れられない」、「もう一度見てみたい」という番組が、どの世代の人にも1つくらいはあるのではないでしょうか?

 「もう一度見たい、復活して欲しいバラエティ番組ランキング」で堂々の第1位となったのは、1969年から1985年まで16年間にわたって放送された国民的番組《8時だョ!全員集合》。ザ・ドリフターズのメンバーと豪華なゲストによる絶妙の掛け合いや大掛かりなセットを使用したコントの数々は、お茶の間を爆笑の渦に巻き込みました。いかりや長介の「オイッス!」や加藤茶の「チョッとだけよ」といったメンバーの決めぜりふは当時の子どもたちの間で大流行し、最盛期には視聴率がなんと50%にも達しました。

 その《8時だョ!全員集合》の裏番組として1981年から放送を開始したのが、2位の《オレたちひょうきん族》。1980年代の漫才ブームでブレイクしたビートたけしや明石家さんまなど、当時の人気若手芸人が多数出演。「タケちゃんマン」や「ブラックデビル」、「アダモステ」などの名・珍キャラクターを輩出し、最盛期には《8時だョ!全員集合》をしのぐ人気を集めました。

 近年まで放送されていた番組としては、《特命リサーチ200X》と6位の《トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~》が上位にランク・インしました。《特命リサーチ200X》は、顧客から依頼を受けたリサーチ会社が「海中に潜む恐怖巨大生物を追え!」などといったテーマをもとに調査・レポートするドラマ仕立ての教養バラエティ。一方の《トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~》は「人生に必要がないムダ知識」をパネラーが品評するスタイルの番組で、放送開始時の深夜枠からゴールデンタイムへの進出を果たすほどの人気を集めました。ちなみに、出演者が品評する際に使用した「へぇ~」という音が鳴るボタンは、番組絶頂時の2003年には、バンダイから「1/1へぇボタン」として発売されました。

 今回ランク・インした番組は通常の放送枠では放送が終了していますが、『番組誕生40周年記念盤 8時だョ!全員集合2008 DVD-BOX【豪華版】』のように、DVDボックスが発売されているものもあります。自分の思い出のバラエティ番組がDVD化されているかどうか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

※ランキング
1位:8時だヨ ! 全員集合
2位:オレたちひょうきん族
3位:特命リサーチ200X
4位:タモリのボキャブラ天国
5位:ねるとん紅鯨団
6位:トリビアの泉
7位:進め!電波少年
8位:天才・たけしの元気が出るテレビ!!
9位:風雲!たけし城
10位:夢で逢えたら
11位:笑う犬シリーズ
12位:11PM
13位:どっちの料理ショー
14位:欽ちゃんのどこまでやるの!?
15位:志村けんのだいじょうぶだぁ
16位:ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!
17位:ギルガメッシュないと
18位:テレビ探偵団
19位:ウゴウゴルーガ
20位:プロポーズ大作戦
21位:投稿!特ホウ王国
22位:スーパーJOCKEY
23位:お笑いマンガ道場
24位:ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!
25位:あっぱれさんま大先生
26位:ウィークエンダー
27位:突然ガバチョ!
28位:浅草橋ヤング洋品店
29位:夕やけニャンニャン
30位:三宅裕司のいかすバンド天国


こうして振り返ってみても、昔のバラエティ番組は全てパワフルでした。
今はバラエティ番組を作るのは難しいですからね。ちょっとした事で抗議の嵐。
『この番組内容を観て、傷付く人もいる』って言われてもねぇ…おそらくどんなお笑い番組でも傷付く人は少なからずいると思いますよ?

『権利』だ『人権』だと騒ぎすぎなのです。サヨク・プロ市民が増えてしまい、全てにヒステリックになりすぎているのです。
そういう言葉はもっと大事な時に使うべきです。少なくとも気に食わないテレビ番組に抗議する時に使う言葉では無いと思います。そんなに安易に安っぽく使うべき言葉ではありません。
たいした事でもないのにヒステリックに大騒ぎするから、クレーマーは見ていて気持ち悪いのです。私にはワガママな人にしか見えません。

おそらくココで取り上げられている番組も『放送上適さない表現』とやらで規制されるケースも多いんじゃないんですかね。
昔のドタバタバラエティを丸コピーしたら間違いなく『イジメを助長する』と抗議されるでしょうね。『女性の肌の露出が多い』『女性に女性的という価値観を押し付けている』とフェミが大騒ぎするでしょう。
大騒ぎして金儲けする連中ばかり増えて生きるのが大変ですね。

番組制作の責任者からすれば、『黒ヒゲ危機一髪』をやっているようなものでしょう。いつ炎上するかわからないギャンブルですからね。
お茶を濁したような『在り来たり』な番組しか作れなくなるのは当然です。

民族弾圧や虐殺を行い続ける国家や、何年間も日本人を貶めたりした会社などに対しては断固抗議すべきです。
しかし『些細な事』に対しヒステリックに騒いでも、結果皺寄せが自分に返ってくるだけです。その辺りの見極めが大切です。バランス感覚ですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/607-556a3fba
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。