NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)ロシア人「日本人の勤労意識が理解できない。死ぬほど自発的に働くのはおかしい」

 日本人の勤労意識が理解できない。

 モスクワの日系企業A社に先日、労働監督局の調査員がやってきた。労働条件を調査するためである。調べてみると、副所長の山本さん(仮名)は、ここ一年間で有給休暇を三日しか取っていない。これは大問題だ。

 調査員は山本さんを呼び出し、「あなたはなぜ休みを取らないのか」と尋ねた。すると山本さんは、「取りたいが、取れないんです」と答えた。

 日本人であれば、「ああ、忙しくて休む暇がないんだな」と理解するだろう。しかし調査員は、「彼は休暇を取りたいが、残酷な会社が取らせない」と解釈した。

 ロシアの法律によると、企業は従業員に、年間最低二十七日の有給休暇を与える義務がある。それを破ると罰金の対象になるのだ。調査員は、さらに聞き込みを続けた。

 すると違った絵が見えてきた。A社は、ロシア人には規定通りの休暇を与えており、労働条件も悪くない。日本人だけが、「死ぬほど」、しかも「自発的に」働いていることが分かった。

 A社の社員イーラさんは言う。

 「山本さんは、四〇度の熱が出たときも、一日しか休まなかったわ。ロシア人なら最低一週間は休むのに……」

 イーラさんは「あんな仕事中毒だと、奥さんと子供はかわいそうだわ」と切り捨てる。二十年前の日本人なら、イーラさんの主張を笑って聞き流すことができただろう。しかし、「熟年離婚」などという言葉が生まれた今の日本を見るに、「何が正しいのか」と考えてしまう。


日本は『奴隷労働』が当たり前ですからねぇ。
この件に関しては、日本人の『良い所』である『真面目さ』『勤勉さ』が裏目に出ていますよね。標準の基準が『真面目』だから、普通は『不真面目』になっちゃうんですよね。

年功序列時代はまだマシでした。我慢していれば自動的に条件は良くなりました。基準も明確でしたしね。
今は『成果型』の名の元に、経営者の『やりたい放題』が許されるようになってしまいました。『もっと頑張れば給料上げてやる』と餌をちらつかせるだけで、結局何も貰えません。

労働基準法を経営者に守らせる為に、罰則と取締りの強化をするしかないでしょう。正規雇用を促して、同時に最低労働基準も引き上げなければ意味がありません。

まあ常に経営者側に立っている連中がそんな事をするとは思えませんけどね。
しかし正当な報酬が支払われない社会は、きちんと循環せず『終わり』なんですけどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/598-025333f7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。