NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)1日8時間モンスターを倒し続けた少年。「ゲームをしてるうちに動物を殺してみたくなった」…子供がゲームを現実と混同する例も…毎日新聞

 00年1月、川崎市内のある住宅街は騒然となった。半年前から足や耳を切り取られた野良ネコが次々と見つかっていた。交代で夜間の巡回を続けていた住民が見たのは、近所の14歳の少年がエサをまいてネコをおびき寄せる姿だった。

 「ゲームをしているうちに殺してみたくなった」。母親に連れられて東京都内の神経科クリニックを訪れた少年は、医師に抑揚のない声で打ち明けた。

 1年前から、モンスターを武器や魔法で倒すゲームにはまっていた。1日約8時間。昼夜逆転の生活で中学も欠席がちだった。「少年は生き物をパーツの塊としか見ていなかった」。医師は少年に残虐行為の意味を考えさせるとともに、ゲーム時間を徐々に減らさせ、1年かけて「正常」に引き戻した。

   □   □

 ゲームと暴力の関連性は、凶悪事件が起きるたびに取りざたされる。98年に東京都江東区で15歳の少年が警察官をナイフで襲った事件では、東京家裁がゲームの影響を指摘。00年に大分県野津町(現臼杵市)で一家6人が15歳の少年に殺傷された事件では、大分家裁は「残虐なテレビゲームや映画の影響で、殺人への抵抗性が低くなっていた」とした。

 05年2月の大阪府寝屋川市での教職員殺傷事件では、17歳の少年がゲームマニアと報じられたのを機に、神奈川県などが残虐ゲーム規制へと動いた。ゲーム業界を中心に「今どき、ゲームをしていない子を探す方が難しいのに、なぜかゲームのせいにされる」(ゲームソフト会社社長)との反論が出ているがゲームと事件に因果関係はあるのか。

 ゲームの子どもへの影響を約20年間調査している坂元章・お茶の水女子大教授(社会心理学)によると、心理学の分野では世界的に「暴力的要素が強いゲームが暴力性に影響を与える場合がある」という論文が90年代後半から目立つようになった。影響がみられないケースもあり、何が左右するのか未解明の部分が多いが、坂元教授らの調査では「一緒に遊ぶ他者が暴力シーンに否定的な態度を示すと影響が弱まる」との結果も出ている。

   □   □

 人気ゲーム機「プレイステーション2」には、実写と区別がつかないほどリアルな映像のゲームが多い。レースゲームの「グランツーリスモ」シリーズもその一つ。サーキットの周囲の風景まで忠実に再現し、「練習」に使うレーサーもいる。

 埼玉県に住む私立大学3年の男子学生(21)は小学生の時から熱狂的ファン。「ゲームのように動かしたい」。19歳で実際にスポーツカーのハンドルを握った時は毎日走り回った。

 1年後、事故を起こした。左折時に後輪を横に滑らせるドリフトに失敗し、道路脇の壁にぶつけた。ゲームなら軽く乗り切れたはずだった。明らかな速度オーバー。我に返った。以来、無謀な運転はしていない。

 最近、毎晩遅くまでゲームをする中学生の弟が気がかりだ。時々助手席に乗せる。「ゲームは楽しいからやめられない。ただ、現実の世界は違うということを大人が教えてあげることが必要だと思うんです」



もう始めに『ゲーム規制』ありきで、規制する為に、毎日新聞が総力を挙げて作った記事にしか見えないんですが?
前者は感受性の欠如、後者は只のお馬鹿さんじゃないんですかね?

架空の記事ですが、

毎日新聞のWAIWAIを読んでいる外国人は、記事に何度も繰り返し書かれているエロい日本人女性を本当だと思い込んで、日本に来た時に次から次へと強引に性的関係を持ったが、当然エロ日本人女は喜んでヒイヒイ言っているのだと思っていた。強姦などという認識は無かった。
他の外国人も日本へのバカンスを楽しみにしている。
毎日新聞の記事と現実の世界は違うということを誰かが教えてあげることが必要だと思うんです。

  ↑
これと同じ意味ですかね?

ゲームと暴力の関連性は、凶悪事件が起きるたびに取りざたされる。

おもしろがって取り上げているのは毎日新聞を含めたマスコミだけ。それをまるで第三者的に言うのは捏造と言って良いレベルです。きちんとした記事を書く気はないのでしょうかね?
そういうのを『マッチポンプ』と呼んで皆が批判するのですよ。

『ゲーム脳』は仮説で、しかも幾つも否定的な研究・実験結果も出ている、もう『過去の産物』という事を忘れているのでしょうかね?毎日新聞が忘れているフリをして、意図的にゲーム脳への誘導記事を書いているのなら、それは批判されるべき編集姿勢ですね。
さすが処分すべき社員を出世させる会社は違いますね。

マスコミは企業の些細な問題を徹底的に糾弾し廃業に追い込む。
政治家の発言を捻じ曲げて『問題発言だ!』と大騒ぎして辞職に追い込む。

そのマスコミ自身がやらかした、9年間にも及ぶ日本人全体に被害を与える大問題に対しては、処置が甘すぎます。
人に厳しく、自分に甘く。

しばらくは、毎日新聞に対する糾弾も、不買運動も続くでしょうね。


関連エントリー
毎日新聞英語版サイト『変態ニュース』を世界に発信→批判受け削除
【毎日新聞・変態報道】 担当者の処分決定!担当記者は休職3ヶ月
毎日新聞に学ぶ『ロリ好き男がわずかな金で日本の少女を買春する方法』
毎日新聞は2ちゃんねる叩きをする前に早く非を認め全面謝罪すべきだ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2008/07/25(金) 18:58 | URL[ 編集]
    悪い事をしたとは思ってないから
    彼らにとって日本を貶める記事を書くのは通常業務

  2. 名前:にくきゅう@管理人 #6nHvXW6U | 2008/07/26(土) 02:21 | URL[ 編集]
    > コメ1さん

    そう思われても仕方ない態度ですよね。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/561-1d55edf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。