NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)鳥越俊太郎「八王子・無差別殺傷…小泉改革が犯罪生んだ」…一方、小倉智昭は「こんなの社会のせいじゃない」

無差別殺傷事件続く 「小泉改革のせいと思えてならない」: スーパーモーニング:J-CAST テレビウォッチ

 ほぼ全国的に梅雨が明けたが、日本列島を襲う通り魔事件は一向にやむ気配なし。昨日(7月22日)夜は東京・八王子の私鉄駅ビル、閉店間際の書店でアルバイト店員が刺殺された。なんの因果か、ハリーポッター最終巻日本語版の発売前夜のことだった。

「自分の人生に投げやりになったからといって、他人を殺す。この連鎖を断ち切ることはできないんでしょうか?」と眉を顰(ひそ)めながら、話を振るのは赤江珠緒キャスター。

同じ事件が続けば、キャスターのさばきもワンパターン化する。そもそも赤江にとって、犯罪は「信じられない」か「許せない」のどちらかでしかない。記号的で、生気とバリエーションを欠くという点では、警察経由の犯罪者コメントと似たり寄ったりである。

「むしゃくしゃして人を殺すのはよくないが、20代30代がそういう状態になってるのは、本当に考え直さなければいけない」。元ミスター文部省の寺脇研・京都造形芸術大学教授は言う。時間の都合か、文科省は考え直して、ゆとり教育で心のゆとりを取り戻させるべきだ、という持論までは至らなかった。

他方、鳥越俊太郎は持論全開である。「日本の社会格差が広がってきてる、ワーキングプアが増えている。小泉構造改革の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出していると思えてならない」と



小倉「こんなの社会のせいじゃない」 八王子2人死傷: とくダネ!:J-CAST テレビウォッチ

 京王八王子駅前のショッピングセンターで昨夜(7月22日)、女性2人が刺され、1人が死亡した。書店でアルバイト中の中央大学の学生(22)だった。刺した男は20分後、JR八王子駅前で警官の職務質問に、「わたしがやった」といって逮捕された。


菅野昭一容疑者(33)。「仕事がうまくいかず、親に相談したがのってくれなかった」といっているという。またしても「だれでもよかった」。どこをどうとっても理屈の通る話ではない。

「こんなことがあっていいのか」と小倉智昭が怒る。「仕事に行き詰まったら、まず自分で解決するのが当然。なんで人に刃をむけるのか」

高木美保は、「何でも人のせい、親のせいみたいな、自立できていない依存心の強いタイプ。どうしてこんな人間がふえてきたのか」

デーブ・スペクターは「いろんな事件みていても、生活の責任放棄。やらなければならないことから逃げている。その結果、罪もない人が死ぬなんて許せない」

佐々木恭子は、「秋葉原の時もそうだが、定職についていない人の問題がある」

高木は「格差社会だからそうなのか、すぐ切れるようだからやっていけないのか」

小倉は、「こんなの社会のせいじゃない。だって、戦後の苦しい時期にみんなが人を殺したか、って。おかしいよ」

番組はまた、先月大坂駅であった通り魔事件を検証していた。電車で腕をはさまれたから、他の女性の腕を切りつけた――8日前には、別に女性の背中に針を刺す事件が起きていた。

「腕をはさまれたから腕をねらう。首なら首か。朝から同じようなことをいってる」と小倉。

高木は、「女性ばかり。自分より弱い者をねらうふてぶてしさ」

デーブは、「八王子の事件もそうだが、いぜんはもっと市民連帯感があった。いつからこうなったのか」

小倉は、「こわいからと、壁にへばりついていたら、危ない人になっちゃう。どう対処したらいいのか」

同じ日、群馬県の上毛電鉄西桐生駅前では15歳が15歳をなぐって死なせた。小倉は、「昔から若者の喧嘩はあったが、限度をわきまえていたものだけどね」という。

親にも先生にもなぐられたことがない子どもたちは、なぐられた痛みがわからない。だから死ぬまでなぐってしまう。新左翼の内ゲバが最初だった。あれから40年、ずっと続いている。根は同じではないのか。

やっぱり社会の問題なのだ。といって、どうすることもできないのもまた、確か。


2人とも『白か黒か』に拘りすぎ。両方正解でもあり両方不正解でもあると思います。
『小泉改革』だけのせいにするのも間違っています。
『社会のせい』じゃないと言い切るのも間違っています。
どちらも一つの方向からしか見ていない意見だと思います。

規制が緩和され、自己責任、競争社会となれば、競争ですので比べられ、おちこぼれが発生します。比べると言ってもきちんと客観的で公正な基準ならばまだ納得出来ますか、実際は金やコネやゴマすりなど、『世渡りが上手い』方が勝つ事が多いです。まあそういうのも含めて『才能』と言うならば仕方が無いのですがね。

上手く世渡りが出来た人は良いのですが、そうでない人は当然不満です。その不満を我慢して耐える人が殆どですが、我慢出来ない人が爆発する事も当然多くなるでしょう。
今、爆発しているのは『我慢出来ない』『僻みっぽい』人が多いので、『社会のせい』とは言い切れません。しかしこれから順番に追い詰められる人が出てきます。

我慢強く『民度の高い』日本人男子が追い詰められて、どうしようもなくなった時に取る行動は、主に『自殺』です。しかしほんの一握りではありますが犯罪を犯す人も相対的に増えるでしょう。

全て自由、自己責任、競争にしてしまえば、当然この結果になる事は予想していました。保護されていたのには理由があったのですから。
『不必要な規制は無くす』つもりが『必要な規制』まで無くしてしまったのは事実でしょう。見極めが難しい話ですが。

規制を撤廃し、やりたい放題になれば、産業全体は効率化・機械化が進み、雇用は減ります。規制撤廃で大規模化が進み、小さな企業や商店は淘汰されますます雇用は減ります。まあ椅子取りゲームで負けていく『弱いヤツ』は『自己責任』なんでしょうね。

経団連や大手が必要としているのはもっと安く使える労働者です。具体的には中国人移民であり、日本人は仕事の確保さえ難しくなるでしょう。
終身雇用、年功序列制の悪い所ばかり言って減らしてきました。しかし良い事も沢山あったのです。生活は保障され、給与の基準は明確でした。

『小泉改革のせい』と言うよりは、規制を緩くした途端にモラル無視で搾取しまくった連中に問題が有ります。

『今は少ないけれど頑張れば沢山貰えるよ』と言っているだけで実際は貰えない、儲けているのは『経営者と幹部のみ』という詐欺的雇用が増えてしまいました。

規制緩和したのに支出を減らす事が出来なかったのは最悪でしたね。

他にも日本人男性を追い詰める要因は沢山存在します。お金と仕事の不安さえなければ他の要因は回避できる場合が多いです。しかし今はお金も仕事も不安な時代なのですから、無視して良い話ではありません。
例を挙げれば、過ぎたフェミニズムによる男性差別も追い詰める原因の1つです。おかしな法律を量産して自らの利益誘導ばかりを目論む与野党問わずの政治屋連中にも幻滅します。嘘ばかりのマスコミにも、口先ばかりでマッチポンプのダブルスタンダードなサヨクにもね。
沢山の原因による『希望が持てない現実』が存在しています。

皆、我慢しているだけで、そういう原因を作る連中に対し『糞喰らえ』とは思っていますよ。それさえも『犯罪予備軍』と片付けられてしまうのでしょうかね?
いろいろやらかして、何の責任も取らないでいる連中に対して『自己責任』って言葉は使いたいですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:しのぶ #- | 2008/07/24(木) 04:33 | URL[ 編集]
    「こんなの社会のせいじゃない。戦後の苦しい時期にみんなが人を殺したのか」との小倉智昭氏の発言には首をかしげざるを得ません。戦後もっとも殺人が多かったのは、いわゆる戦後の混乱期であることは統計データで明らかです。戦後の苦しい時期に殺人が多かったことは統計データ上否定できない事実です。社会の状況によって殺人率は変動します。それが事実です。ちなみに殺人率が低いのは戦時中です。

  2. 名前:にくきゅう@管理人 #6nHvXW6U | 2008/07/24(木) 20:14 | URL[ 編集]
    殺人件数に関してはしのぶさんの言っている事が正しいですね。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/555-e52031f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。