NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただニュース速報 不正採用の女教師(23)、生徒の前で号泣。「母親に憧れて教師になったの。えーん(泣)」
ワラ速 不正採用の女教師(23)、生徒の前で号泣。「母親に憧れて教師になったの。えーん(泣)」
痛いニュース(ノ∀`)不正採用の女教師(23)、生徒の前で号泣。「母親に憧れて教師になったの…」
livedoor ニュース - “渦中のコネ教師”まだ教壇に立っていた!

●県教委は不正合格者の採用取り消しへ

 底ナシの様相をきたしている大分県の教員採用汚職事件。過去2年間で「カネ」と「コネ」を使って不正合格した教師は30人以上とされ、全合格者の半数近くに及ぶ。口利きはバブル崩壊後10年以上も横行していた。

 大分県教育委員会は、不正な点数改ざんなどが確認された合格者の採用を取り消す方針を固めた。相当な数の教師がクビになるのは間違いない。

 今回、県教委の上層部に自分の子供の「口利き」を依頼して逮捕された親の教師は、3人。

 金券100万円、現金300万円と引き換えに採用された浅利の長男(26)と長女(23)、同じく金券200万円で採用された矢野の長女(23)は、生徒に合わせる顔がなかっただろう。

 ところが、驚いたことに“疑惑の教師”3人は、事件発覚後も教壇に立ち続けていた。

「小学校に勤務する浅利の長男は、保護者会で『母親が間違ったことをして、すみません』と謝罪し、教育にかける意気込みを語ったそうです。別の小学校で働く長女は、事件発覚後に半月ほど休んだが、今は職場に戻っています。彼女は不正採用を知らなかったようで、復帰初日には担当クラスの生徒の前で『私は母親に憧れて教師になりました』と言ったきり、泣き崩れてしまいました」(県教育関係者)

 両親の逮捕から1週間は休んでいた矢野の長女も職場に復帰。しかし、授業参観やPTAの会合などで無断欠席を繰り返して、保護者とトラブルになったという。もうすぐ、夏休み。2学期が始まれば、ほとぼりが冷めているとでも思っているのか。

 そこで、気になるのが大分県の学力だ。本来なら合格水準に達していなかった“不正教師”が教え続けた影響だろう。昨年、文科省が実施した全国学力調査の総合順位は、38位。小学生の学力に限ると、44位だ。大学進学率も45.9%と全国平均(51.2%)を下回り、東大・京大の合格者数も全国37位で、九州では佐賀に次いでワースト2。

 それにしても、小学生の学力調査で大分を下回った大阪、北海道、沖縄の3道府県でも、まさか「口利き」が横行してはいないだろうな。


大分県の教員採用を巡る汚職事件の続報です。
不正発覚後も平気な顔で勤務を続ける不正合格した偽教師たち。
随分と面の皮が分厚いのですね。お涙頂戴までやらかして。
コネと金で買った、本来、教師の資格の無い人間がどのツラ下げて子供たちを教育するつもりなのか

マスコミはこういう未練がましい連中を叩いて排除すべきなのです。生徒を絡めたお涙頂戴記事を書いてインチキ教師を擁護するのはどうなんでしょう?朝日新聞さん。

小学校に勤務する浅利の長男は、保護者会で『母親が間違ったことをして、すみません』と謝罪し、教育にかける意気込みを語ったそうです

『ママが全部悪い、ボクは何も悪くない』ですか?
親に全責任を押し付けて偉そうに意気込みを語る前に自己反省し辞めてください。

別の小学校で働く長女は、事件発覚後に半月ほど休んだが、今は職場に戻っています。彼女は不正採用を知らなかったようで、復帰初日には担当クラスの生徒の前で『私は母親に憧れて教師になりました』と言ったきり、泣き崩れてしまいました。

生徒相手なら泣き落とせば同情を買えると思っているのでしょうか?汚い人間です。反省しているなら何故自ら辞職しないのでしょう?全く理解できません。

両親の逮捕から1週間は休んでいた矢野の長女も職場に復帰。しかし、授業参観やPTAの会合などで無断欠席を繰り返して、保護者とトラブルになったという。もうすぐ、夏休み。2学期が始まれば、ほとぼりが冷めているとでも思っているのか。

もう無責任そのものですね。社会人としてあるまじき態度であり、教師の資格を問う以前ですね。

3人とも、教師の資格以前に、人として色々足りないようですね。
被害者ぶっていますが、貴方達は明らかに加害者です。
社会人なら最低限持っているべきの『責任感』や『モラル』さえも持っていないようです。
処分より前に、自ら辞職してケジメをつけて、やっと少しは『反省した態度』であると言えるのではないでしょうか?

合格者が既に決まっている偽りの試験を、そうとは知らずに何度も受験し不合格にされた、本来教師になるはずだった人の人生を狂わせた罪をどう考えているのでしょうか?
そして大人の汚いやり方をまざまざと見せ付け、子供達の心に傷を与えた事をどう考えているのですか?

まだ教師に未練があるのなら、一度きちんと辞めて、不正のペナルティを受けて、改めて正々堂々と受験しなおしたらどうでしょう?
そこまでやったとしても、『インチキ教師』の烙印は一生付いたままかもしれませんけどね。


それにしても、小学生の学力調査で大分を下回った大阪、北海道、沖縄の3道府県でも、まさか「口利き」が横行してはいないだろうな。


学力検査で大分県を下回ったのは、教師による組合活動が盛んで、教組が強い『大阪、北海道、沖縄』ですか。
さすが偏向サヨク教師の多さで有名な土地ばかり。あまりの見事な一致で笑えますね。
教師の質も低いのでは?と個人的に思っていましたが、データが裏付けしてくれました。これからは堂々と『大阪、北海道、沖縄』の教師は組合活動は盛んだけどレベルは低い!と書きます。
組合活動、思想の押し付けばかり優先し、生徒の学力など二の次なのでしょう。
大分県でも教組に特別枠が用意され、サヨク教師は縁故枠で優先合格していました。
この3道府県はかなり怪しいですね。調査が必要でしょう。


関連エントリー
大分県教員採用試験を巡る汚職事件 不正合格者は採用取り消し
北教組、スト処分の不当訴え国際労働機関(ILO)に提訴『スト権よこせ』
北海道網走『ダメ…でもひかれてしまった』教え子と関係、女性教諭免職
『手取り34.5万円は薄給、知事は大阪の事考えろ』大阪府職員の甘え
担任「クラスで一番嫌われている人」公開→いじめ受け転校…児童提訴
小学校運動会 1人余った男児、騎馬戦に参加出来ず。学校謝罪
堺市中学女性教諭『落書き犯』決めつけ、生徒は登校拒否のまま卒業
北海道札幌 小6男児生徒に対し男性教諭『自分で死ねよ』と暴言
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/542-f9312291
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。