NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛いニュース(ノ∀`)「親友がいる」は75パーセント 現代人は親友に恵まれている?
親友がいる…は75パーセント!現代日本人は親友に恵まれている? - シネマトゥデイ

 パトリス・ルコント監督の最新作映画『ぼくの大切なともだち』の日本公開を記念して、オフィシャルサイトと試写会来場者300人を対象に、親友に関する意識調査を実施したところ、現代人は親友に困っていないという結果が出た。

 本作は人生の半ばを過ぎた敏腕美術商の主人公フランソワ(ダニエル・オートゥイユ)が親友を作るべく、偶然出会ったタクシー運転手(ダニー・ブーン)と不器用な友情を繰り広げていく心温まるストーリー。劇中ではフランソワがどうすれば親友を作れるのだろうかと思い悩む姿が、とてもコミカルに描かれている。しかし、この調査で、親友がいないと答えたのはたったの10パーセント。75パーセントが親友と呼べる人物がおり、さらに57パーセントが少なくとも3人の親友がいると答えた。

 またこの調査から浮かび上がってきたものは、“親友は1日にしてならず”ということ。親友がいると答えた人の中で、付き合った年数が最も多かったのは全体の37パーセントを占めた10年から20年。3年から5年という年数は全体の5パーセントしかなく、まさに長く付き合ってこその親友ということだろう。

 しかし親友といえども赤の他人。その関係はちょっとしたことで崩れてしまうこともある。だが79パーセントが「親友との関係は一生だ!」と答え、さらに56パーセントが「相思相愛である!」と確信を持って答えている。核家族化や個人主義が叫ばれている現代において、本作の主人公・フランソワとは違い、現代日本人は意外にも親友に恵まれているという調査結果となった。

 最後に親友のいなさそうな芸能人は誰かという質問に、14票を集めた沢尻エリカや8票のつぶやきシローを抑え、ふかわりょうが28票を集めて堂々の第1位に輝いた。なお、ふかわは偶然にも本作の応援隊長を務めており「まるで自分の10年後を覗き見ているようでした。ひとりでも多くの大人に観てもらいたい作品です」とコメントを寄せている。

映画『ぼくの大切なともだち』はBunkamuraル・シネマほかにて全国公開中


これはそのまま受け取って良い数字なのか疑問です。
アンケートに対し、実際はどうであれ『親友なんか居ない!』と、堂々と答えられるツワモノはそれ程居ないのではないでしょうかね?
『愛など要らぬ!』と声に出して堂々と叫ぶのは『あの方』だけですよw

まずは相手がどう思ってくれているのかが気になる所。自分が一方的に『親友』と思っていても、相手がそう思ってくれていなければ、果たして『親友』と呼べるのか?疑問です。

友達と親友の違いってなんでしょうね?明確な線引きってあるのでしょうかね?
『なんでも相談出来る相手』などと良く言いますね。
私は人に悩みを打ち明けるのが苦手です。状況説明の為に話すのでさえ本当は嫌です。でも後で『水臭い』と言われたくないから話しますが。
私は笑顔を見せて冗談を言う事で人と壁を作って防御するタイプです。幼い頃にそうする事が必要になり、以来そうやって生きてきました。

他人から悩みを相談される事は多いのです。その事については『頼りにしてくれているのかな?』と思いチョッと嬉しくなります。しかしそれを自分に置き換える事は出来ません。
私は人に迷惑をかけたくないのです。

こうやって余計な事を考えるのも私の悪い所。
過去ばかり見て、過去に縛られ、雁字搦めになっているのです。
営業用の私は『親友?いっぱい居るよ!』と笑って即答しますけどね。

付き合いの年数が長い友達は親友と言って良いでしょう。しかし短いからといって親友になれないとは思いません。私はグチャグチャ考えるタイプの割には直感に頼って動く事も多いです。
付き合いの浅い人相手でも『この人は信用出来る』と決定したら、根拠無く信じます。

皆さんはこのアンケートに心から即答出来ますか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/529-7909c87d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。