NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヌコニュース 【竹島問題・社説】産経・読売は日本政府の「(韓国への)配慮」に反発←→朝日は韓国側に深い理解示す…日経・毎日は冷静な対応求める
J-CASTニュース 朝日VS産経・読売 竹島「解説書」問題で立場分かれる

日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名: 独島)の問題が再燃している。文部科学省が中学社会科の新学習指導要領の解説書に竹島問題を初めて登場させることになり、竹島を実効支配している韓国側が猛反発しているのだ。一方、「固有の領土」という表現を避けるなど、外交的配慮も見られた。この対応に、産経・読売は反発しているが、朝日新聞は「島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱」と、立ち位置が少々異なるようだ。

【朝日新聞は韓国ナショナリズムに理解】
 各紙の主張は分かれている 文部科学省は2008年7月14日、08年3月に改訂された学習指導要領の解説書を公表した。中学社会科向けの解説書には、これまでにも北方領土問題についての記述はあったが、「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」などと初めて竹島問題についての記述が登場。一方、「固有の領土」との表現は避け、韓国側への配慮も見せた。

それでも韓国側は猛反発しており、李明博大統領が「深い失望と遺憾の意を表明せざるを得ない」とのコメントを発表し、駐日大使の一時帰国を決めた。ソウルの日本大使館前では抗議デモも行われている。

こんな状況に対して、各紙の社説(08年7月15日)を見ると、大きく評価が割れている。日本側の「配慮」に反発したのが、産経・読売の両紙。

読売新聞は「『竹島』明記は遅いぐらいだ」と題して、竹島問題が解説書に登場したことは妥当との見方を示しながらも、「外交的配慮」については、「外交上の配慮と、主権国家として歴史や領土を次世代に正しく伝えていくこととは、次元が異なる
と批判的だ。

産経新聞は、さらにラディカルで、1面に「禍根残す『外交配慮』」と題して編集長の署名入りのコラムを掲載。社説で「竹島が日本固有の領土であることがはっきりと書かれておらず、大いに不満が残る」とした上で、「外交的配慮」については、「日本の公教育の将来に禍根を残したといえる」と改めて批判した。

立ち位置が大幅に異なるのが、朝日新聞だ。結論こそ「互いに主張し、違いがあればあることを認め合ったうえで、冷静に打開を図る。それ以外にない」と結ばれているものの、
日本が竹島を島根県に編入した1905年は、日本が韓国から外交権を奪い、併合への道筋を開いた年だ。竹島は、日本による植民地支配の象徴とされている。韓国の人たちは『独島』と呼び、『独島、われらが土地』という唱歌で子どもの頃から愛国心を培ってきた。島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱なのだ
と、韓国側の事情や心情に理解を示している

一方、毎日・日経は、「冷静な対応を」との主張を前面に押し出している。
(以下略)


読売・産経は『当たり前』な内容の記事なのですが、その『当たり前』さえ出来ない新聞が多いので出来た2誌を誉めておきましょう。要らぬ『配慮』をする弱腰な政府をちゃんと批判しているあたりは読売・産経はさすがですね。
毎日・日経は相変わらずサヨク偏向していますね。新聞は事実を伝える物であって、偏向した思想を布教する物では有りません。
記事の信頼性にも関わる事ですので新聞を名乗るなら止めて下さい。そういうのは新聞以外でやって下さい。

読売新聞
 竹島は、遅くとも江戸時代初期の17世紀半ば以降、日本が領有権を確立し、1905年、閣議決定を経て島根県に編入された。
 ところが、サンフランシスコ講和条約が発効する直前の52年、当時の李承晩大統領が突然、日本海に「李承晩ライン」を設け、竹島を韓国領域内に入れて以降、不法占拠を続けている。

産経新聞
 竹島は江戸時代から日本の中継基地として利用され、明治38(1905)年の閣議決定と島根県告示で日本領に編入された。戦後の昭和27(1952)年、韓国の当時の李承晩政権が一方的に竹島を韓国領とする「李ライン」を設定した。
 サンフランシスコ講和条約の起草過程で、韓国は日本が放棄すべき領土に含めるよう要請したが、米国は竹島が日本の管轄下にあるとして拒否した。

東京新聞
 日本は一九〇五年に閣議決定で島根県への編入を決めた。国際法上の有効な領有権の根拠である。一方の韓国は五二年に沿岸水域の主権を示す「李承晩ライン」を設定し、五四年から警備隊を常駐させ実効支配をしている。

毎日新聞
 竹島の領有権問題は1965年の日韓基本条約締結時にも結論を出せなかった未解決の案件である。

朝日新聞
 日本が竹島を島根県に編入した1905年は、日本が韓国から外交権を奪い、併合への道筋を開いた年だ。



さて、一番の問題だらけ新聞が1誌残っていますね。日本の新聞の中に韓国のモノが混ざっていたようですねw


未定なブログ 【竹島問題】「だが、ここは冷静になりたい」…朝日新聞社説
asahi.com(朝日新聞社):社説

 竹島が日本の領土であることについて理解を深めさせる。中学校の新しい学習指導要領の解説書にそうした趣旨が初めて書きこまれたことで、韓国側が激しく反発している。

 日本海にあるこの孤島をめぐっては、日韓双方が領有権を主張し、たびたび外交摩擦の火種となってきた。

 韓国政府はさっそく日本大使を呼び出して抗議した。国会議員の代表団がヘリコプターでわざわざ島に乗り込んで示威行動にも及んだ。

 韓国にとって、竹島は単なる小さな島の問題ではない。日本が竹島を島根県に編入した1905年は、日本が韓国から外交権を奪い、併合への道筋を開いた年だ。竹島は、日本による植民地支配の象徴とされている。

 韓国の人たちは「独島」と呼び、「独島、われらが土地」という唱歌で子どもの頃から愛国心を培ってきた。島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱なのだ。

 3年前、島根県が編入100周年で「竹島の日」条例を制定し、韓国側が猛反発したことも記憶に新しい。

 日本政府はそうした韓国側の事情もくんで、竹島問題には抑制的だった。だが今回、様々な事情が重なって問題が先鋭化している。

 学習指導要領はほぼ10年ごとに改訂され、それに伴って解説書も見直される。それが今年に当たった。

 そこに向けて、自民党の一部などに、北方領土とともに竹島の領有権問題をもっと学校で教えるべきだ、とする声が強まっていた。

 一方で韓国では李明博政権が出発したばかりだ。北朝鮮の核や拉致問題で韓国との協力も欠かせないなか、福田首相としては、そうした外交への配慮から韓国を刺激するのは避けたい。

 それもあって3月告示の指導要領の改訂で竹島への言及を見送ったが、代わりに解説書では何らかの形で触れざるを得なかった。政権基盤の弱い首相の苦しい党内配慮も見える。

 韓国の事情も苦しい。米牛肉の輸入再開を機に、国民の不満が爆発している。李政権としても、ここで国民に弱腰を見せるわけにはいかないのだ。

 だが、ここは冷静になりたい。

 今回の解説書はあくまで日本政府の従来の見解に沿ったものに過ぎない。4社の教科書はすでに竹島を取り上げている。大多数の日本国民は良好な日韓関係を維持したいと望んでいる。日本政府はあらゆる機会にそのことを韓国に丁寧に説明すべきだ。

 韓国側の怒りも分からぬではないが、解説書では竹島の領有権をめぐって日韓の間の主張に相違があることを客観的に明記している。

 互いに主張し、違いがあればあることを認め合ったうえで、冷静に打開を図る。それ以外にない。


日本人は冷静ですよ?朝日新聞は何を言ってるんでしょうか?
『竹島は日本の固有の領土です』と冷静に事実を述べるだけです。
竹島を不法占拠する無法者国家から領土を取り返すべきだと思っています。冷静にね。

冷静じゃないのは韓国側と、何故かそれを応援する日本の新聞社です。
落ち着きましょうね朝日新聞さん。


日本にとって大事な領土である竹島です。
『単なる小さな島の問題』などと、重要でないような記事の書き方は止めて下さい。非常に不愉快な記事です。
領土問題、慰安婦問題などで常に韓国側の代弁者である朝日新聞には、領土を不当に奪われる日本人の気持ちは理解出来ないのでしょうね。

【日韓】「竹島を韓国に譲歩して友情の島にしよう」…朝日新聞若宮氏の「夢想」★2
竹島放棄論が公で初めて提起されたのは朝日新聞若宮氏の2005年3月27日のコラムです。
asahi.com:竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想

朝日新聞の常に韓国寄りの反日誘導捏造記事が韓国側を増長させ、今の険悪な状態を作り出したのです。朝日新聞の罪は重いです。

韓国の利益誘導ばかりの朝日新聞に国家反逆罪は適応できないのでしょうか?無責任な記事を書き日本に不利益を与え続ける朝日新聞社員に対し、その責任を問いたいのです。


関連エントリー
竹島『日本固有の領土』明記を決めてたけど外務省もうるさいし止めるわ
『知ってますか?独島は韓国固有の領土です』米NYタイムズに全面広告
竹島明記問題、結局『固有の領土』表現見送り 事実上の領土放棄へ
竹島問題『日本政府の戦争宣言と見なす』韓国各団体が次々声明発表
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/525-a6d69281
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    竹島問題について、リンクを貼らせて頂いているブログ「柔らかNEWS」様が 分かりやすくまとめられているので、私はグチくらいしか書くことがありませんw 竹島問題『日本政府の戦争宣言と見なす』韓国各団体が次々声明発表 ↑だ~か~ら~韓国に配慮しても...
    2008/07/16(水) | アニ妻ぶろぐ。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。