NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
越えられない壁( ゚д゚)アントニオ猪木が、死刑制度で朝日新聞を猛烈批判
【雑誌ネット】アントニオ猪木の闘言 秋葉原通り魔事件
ecc6828c-s.jpg

 これは簡単な話だよ。ズバリ言うけど、この犯人は即刻死刑にすべき。裁判なんかして時間をかけて、国民の血税を使うことはない。そうじゃなくても年金問題や税金の無駄使いがこれだけ叫ばれているんだから、そんな人間にいつまでもメシを食わせておくことはねぇよ。

 最近、『朝日新聞』(6月18日付)が、鳩山邦夫法相が昨年9月の再任以来、9カ月で計13人の死刑を執行したことを「死に神」なんて書いて犯罪被害者や遺族から反感を買ってたけど、法律に則って刑を執行しただけじゃないのかよ。名前は忘れたけど、どこかの国じゃ死刑判決が出た翌日に執行されたはずだぜ。死刑と判決が下ったものをいつまでも生かしておいたら、法律の存在自体が疑われてしまう。

 もちろんなぜそんな事件が起きてしまったのかという検証なり、その事件の裏側にあるものを専門家は解明していかなきゃいけないと思う。ただ、こういった異常な事件が起きると決まって犯人の責任能力を鑑定するけど、今回の場合は言語道断で、そんなことを言ってること自体絶対におかしいよ。精神鑑定を理由に、こういう事件をいたずらに長引かせて弁護するようなヤツこそが、次の事件を生む元凶なんじゃないかとすら思うぜ。

 これが例えば、憎しみや怨念がある相手を殺したのなら、聞くべき動機もあるんだろうけど、今回の場合は相手を殺す動機の存在しない、単なる無差別殺人(死者7名、負傷者10名)でしかない。そんな行為を冒したヤツに下すものはひとつしかない。

 聞くところによると、「もしかしたら自分もひとつ間違えば、同じことをしていたかもしれない」なんて考えるヤツが日本にはいるらしいけど、そんな甘えた考えでいられる環境はやっぱりおかしい。だからこそ俺は、こういうことを起こしても大した罪にならないんだなって世間に思わせないためにも、遅くとも1年以内に極刑を下す判断をしていかないといけないと思うよ。

 最近はウナギの産地偽装が世間を騒がせて、食に対する安全性が問われてるけど、連日報道機関によって見せしめ的な制裁が行なわれているだろう。それと同じで、こういった事件に対しても、見せしめとして制裁を下していかないと。人を殺したら極刑は免れないよ、という認識を国民が意識下に持たずに、いつも「精神状態が・・・・・・」なんてモタモタやってたら、また同じような事件が起きてしまうかもしれない。それこそ「ふざけたこと言ってんじゃねぇよ!」って国民は怒るべきだよ。

 以前「裁判員制度」に関する見解を話したときにも触れたけど、例えばイスラムの世界では、殺人を冒したら死刑、泥棒なら腕を斬られるとか、見方によっては残酷かもしれないけど、そういう部分は厳格だもんな。

 いくら「時代が変わった」といったって、ダメなものはダメ、そういう当たり前のことを実践していかないと世の中が病んでしまう。かつて俺は「世の中が乱れ混乱したときに」という言葉を使ったことがあるけど、これからはこれに「病んだときに」という言葉を加えなきゃいけない。まぁ、俺たちの世界にケビン・ランデルマンって選手がいるけど、病んでるマンってのはどうにもいただけねぇよ、ンムフフフ。


死刑反対派は『冤罪の可能性』を言う。
しかしそれは死刑制度と関係が無いだろう。
冤罪を生み出す司法制度の問題である。死刑が有ろうと無かろうと、冤罪は駄目だ。その理論だと全ての判決が出せなくなってしまう。
死刑反対派は最初に『死刑廃止』があって、それに持って行く為の理由を後から強引に付けているだけである。

『死刑にしてしまえば冤罪だった時に取り返しが付かない』と、死刑反対の理由にするが、死刑になっるような犯罪で犯人扱いされて全国に実名報道され、気が遠くなるような長い懲役を喰らっている冤罪は取り返しがつくと思っているのだろうか?
冤罪を理由にするなら懲役刑だって出せない。
無実の人を犯人呼ばわりする事の全てが『有ってはならない事』であり、死刑の存廃とは全く関係が無い。

逆に、冤罪の可能性が無い事件は『死刑でOK』って事なのだろうか?具体的に言えばこの『秋葉原無差別殺傷事件』や『大阪池田小児童殺傷事件』等の話なのだが。


死刑反対派は『死刑のメリットが無い』と言う。
メリットが無いから死刑は有ってもしょうがないとか言い出す。

凶悪犯罪者がまた社会に出て再犯する可能性をゼロに出来る。
遺族への報復行為の可能性をゼロに出来る。
遺族の犯人に対する憎しみが少しだけ減る。


充分なメリットだ。
死刑をメリットが有るか無いかで存廃を決める事自体が間違っている。死刑は殺人という重大犯罪に対する罰なのだから。
罪を犯したら罰を受ける。当たり前の話。


死刑反対派は自分の大事な家族が殺された人の気持ちを全く理解していない。被害者や家族の事は全く無視した『他人事』で成り立っている。
実際に妻を殺されて死刑廃止から死刑存続になった弁護士さんも居るが、人間として当たり前の姿である。
死刑廃止論など机の上で考えられた人権擁護派の理論武装の1つに過ぎない。最初から加害者の人権を過剰に保護する事が目的であり、その為ならば犯罪被害者の気持ちは軽んじ踏み躙る事も良しとする。
自分の大事な家族が殺された時の事さえ想像出来ない想像力不足の集団だ。


死刑存続による犯罪抑止効果も無視できない。
死刑反対派は自分達の都合の良いデータのみで抑止効果は無いと結論付けているけどね。

589 名前: ケニス・ルナー(秋田県)[] 投稿日:2008/07/13(日) 19:16:00.64 ID:cu+eKd4H0
死刑があるか  犯罪率  殺人件数(件/10万人)

○日本      2.3%   1.10件
○シンガポール   0.7%   0.8件
▲アメリカ    4.16%   5.61件

×英国      9.34%   18.51件
×ドイツ     7.96%   3.08件
×フランス    6.67%   3.64件

×イタリア    3.75%   3.75件
△ロシア     1.75%   22.43件
×カナダ     8.57%   4.10件




死刑廃止と死刑存置の考察■各国の死刑存廃状況■カナダ

カナダの死刑廃止と殺人発生件数(人)
canada01.jpg


カナダの死刑廃止と殺人発生率(/10万人)
canada02.jpg

死刑廃止論者であるアムネスティが自らに都合の良いデータを捏造しようとしている様も読み取れる。
詳しくはソース

私は殺人の少ない安全な国、日本に住み続けたいです。殺人の多い、安全でない国を真似る必要は無いと思います。


サヨクは耳障りが良くて反対の声を挙げづらい『お題目』を並べるのが得意だからねぇ。死刑制度には『冤罪』を武器にするんでしょう。普段、痴漢やDVで冤罪を大量生産している人達のセリフとは思えないんですがねぇ。政党党首による冤罪容認発言もありましたよね。
『戦争反対』『差別反対』『子供を守れ』『女性を守れ』『地球を守れ』等、サヨクの耳障りが良いお題目ですね。反対し辛いお題目を出して、導かれる結論を強引に捻じ曲げ利権を貪るのがサヨクの常套手段です。

『戦争反対』が何故非武装という結論になるのでしょう?私は戦争が嫌だからセキュリティを高くするべきだと考えます。変なヤツが入ってこないように塀を作り鍵をかけ家を守ります。
『差別反対』と『捏造してまで金をばら撒く過剰な保護』は違います。高下駄を履かせて高さを無理にそろえる意味があるのでしょうか?お金が動くと儲かるからですか?
エコと経済活動は相容れない部分が多いので無理な押し付けは止めましょう。気にする人は自身が生活ランクを下げて実践すれば良いのです。エコの名の元に嘘を広めるのも止めてください。

偏った思想丸出しで紙面を固め埋め尽くす、革命戦士のリーダー気取りの新聞は気持ち悪いです。
それはもう『カルトの広報誌』であり、新聞と呼べるモノではありません。
新聞を名乗るなら、もっと客観性を大切にして下さい。
本来の新聞の『あるべき姿』に戻って下さい。
まあ、私がいくら書いた所で朝日新聞は聞く耳を持たないでしょうけどねぇ。
選民意識の強いサヨク共通の『俺の主張が常に正しい。理解されないのは一般人が馬鹿で理解する能力が無いからだ』で片付けられてしまうのでしょう。

黒マッチョニュース 【死に神報道】鳩山法相、国民にウソを垂れ流す朝日新聞の舌を抜いてやったらいかがでしょう?-産経新聞
【語誌ップ拾遺帳】死に神(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 拝啓 鳩山邦夫法務大臣

 あなたは法相として13人の死刑囚に刑を執行されました。このことについて朝日新聞は「またの名を死に神という」と書き、あなたを「死に神」呼ばわりしました。朝日の無知蒙昧(もうまい)にあきれるとともに、大臣が心を痛められたことに深く同情申し上げます。

 そもそも法務大臣が死刑を執行するのは法の定めであり、鳩山大臣ご自身も恐らくは、強い自責と葛藤(かっとう)の中で忠実に職務を遂行されたことと思います。あの宮崎勤死刑囚の刑執行も「死刑確定から2年余、異例の早さ」などと伝えられていますが、これとて遅かったくらいで、刑事訴訟法では確定から6カ月以内に執行するよう定められています。歴代法相の中には宗教上の理由から死刑を執行しなかった者がおりますが、これらの者こそ法律違反者であり、それを責めるのが新聞の正しい姿勢であると信じています。

 法を順守する大臣を中傷した朝日新聞はそれとも、「法務大臣は法を守るな」とでも言いたいのでしょうか。自己の主張の矛盾に気づかないようでは、朝日の記事はもはや、すべてがうそということになってしまいます。

 話は飛躍しますが、人類で最初に生まれ、同時に最初に死んだ人の名を「ヤマ」といいます。インドの神話によれば、ヤマは死者の国(天界)への道を最初に見つけたことによって天界の王となります。が、時代が下るとヤマは、かわいそうなことに「死に神」とみられるようになりますが、一方ではヤマは、死者の生前の行為を審判する思想とも結びついていきます。

 このインドの神、ヤマが中国を経由し日本に伝わってきたのが、誰あろう、閻魔(えんま)大王なのです。閻魔はヤマの音写語です。ご存じの通り閻魔さまは、死者の生前の行為を正しく審判し、善行を積んだ者は天国へ、悪事を重ねた者は地獄へと、行き先を分ける“執行責任者”となったのです。もちろんうそをついた人間の舌を抜くという大事な役目も負っていることと思います。

 この閻魔さまの由来を朝日新聞が知っていたかどうかはともかく、刑執行の責任者である法務大臣を「死に神」と呼ぶのは、ちょうど閻魔さまを「死に神」呼ばわりするのと同じで、善良な日本国民なら実に罰当たりなことと思うはずです。そこで鳩山大臣に提案します。「死に神」呼ばわりされたのを逆手にとっていっそ開き直り、閻魔さまよろしく、国民にうそを垂れ流す朝日新聞の舌を抜いてやったらいかがでしょう。ただし、朝日の舌が何枚あるのかは承知していませんが。(東京校閲部長 清湖口敏)


この産経の記事は上手いね。こういうのを『風刺』って言うんだよね。

ただし、朝日の舌が何枚あるのかは承知していませんが。


ちゃんとオチまで付けている。
朝日の『死に神』記事は、風刺と言い訳しているけど単なる中傷。
朝日の記者は『中傷』と『風刺』の差を勉強しなおすべきですね。それも区別出来ずに新聞記者をやれるのが凄いw


本来の記事に戻って、猪木さんなのに正論を言っているのでビックリしました。最近はトンデモ発言ばかりで『僕等のアントニオ猪木は何処かへ行ってしまったのだなぁ』と思っていたのでチョッと安心しました。
最後の駄洒落は余計だが猪木さんらしいw


関連エントリー
朝日新聞の『死に神』報道に鳩山法相激怒、朝日の報道姿勢を批判
『死に神』報道に対する抗議に朝日新聞『中傷する意図は全くない』
『死に神』報道に朝日が回答 犯罪被害者の会は納得せず再抗議へ
【宮崎勤死刑】『死刑、抑止力ない』死刑廃止議連、法相宛に抗議書
タクシー運転手殴る 朝日新聞東京本社グループ戦略本部長補佐を逮捕
光市母子殺害、朝日記者が『死刑判決のハードル下がった』と質問

関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:とうのたった姫 #- | 2008/07/14(月) 21:23 | URL[ 編集]
    凶悪殺人犯に対して、よっぽどの情状酌量される事情(心神喪失は無し)がない限り遺族側に「殺してもいい報復権」を与えてくれたらなって思う。
    もちろん、加害者側は更にその仕返しはしちゃダメってのが前提で。
    ハムラビ法典、あだ討ち、結構だと思うの。(それだと司法の意味がないんだけどね・・・。)

    愛する者が凶悪な奴に理不尽に殺されたら自分の手でなぶり殺してやりたい。そうしたら結局は殺人を犯すわけだから後々心の傷になるかもしれないけど、そんな事はどうでもいいくらい憎いから全然余裕で出来る。
    殺さないでも自殺してくれるまで苦痛を与え続ける事も可能だし。
    死神・悪魔と誰から言われようが、別に痛くも痒くもないしね。

    でもでも、正義とはいえ他人事で人を殺すのは絶対無理!!
    だから死刑を執行しなくちゃいけない人が仕事のうちだとしても、かなり気の毒だなって思う。(動物を殺さなくちゃいけない保健所の人もそうなんだけどね)

    殺人事件の被害者遺族でも死刑を望まない人はいる。
    加害者に更生を望む人は、それはそれでいいんじゃない?再犯が起こらないように終身刑にしてくれれば。その場合の費用は加害者家族と心優しい被害者側が持つってことで。

    更に報復権があれば「自動的に死刑が執行されたらいい」と非人道的な発言をしながら死に神呼ばわりされて「死刑囚にも人権がある」と言ってのけた某ポッポ山って人の手を煩わせずに済むしね。
    (この人は判を押す自分可愛さだけの主張はあっても、死刑を執行する人の事は微塵も思いやってない。その他諸々の発言にしても、こんなのが大臣って本当に日本は・・・)

    長くなって申し訳ありませんが、おバカな私がこうだったらいいなっていう思いでした。

  2. 名前:にくきゅう@管理人 #6nHvXW6U | 2008/07/14(月) 23:32 | URL[ 編集]
    被害者側が選べるシステムにすると駄目駄目なのです。
    情状酌量を選択した被害者は『優しい良い人』になり、残酷な刑を望んだ被害者は『残酷なヤツ』呼ばわりされてしまうのです。

    人権サヨクはそういう心象操作が得意なのです。意にそぐわない件では中傷しまくり圧力かけまくりになります。

    姫さん自身でもお書きになっている通り、司法と言うものは第三者的立場である裁判官が量刑を決めるから成立するのです。

    と、マジレスしましたが1つ気になる事が…『心象操作』と『心証操作』、どっちが正解?
    どちらも使われているみたいなのですが?

  3. 名前:とうのたった姫 #- | 2008/07/15(火) 08:39 | URL[ 編集]
    人の言動によっての操作だから「心証」の方じゃないかと思うけど、どうだろう?

  4. 名前:にくきゅう@管理人 #- | 2008/07/17(木) 03:25 | URL[ 編集]
    どうなんでしょう?分からない時は、もうその言葉を使わないのが正解ですねw

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/514-0b6243ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。