NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヌコニュース 【北京五輪】これがテロ対策部隊の“必殺ツール”だ!…とても本気とは思えない?!(写真あり)
ああ、昔にもどりたい 中国のテロ対策クソワロタwwwwwwww
痛いニュース(ノ∀`)【北京五輪】 テロ対策部隊の必殺ツール「対テロ攻撃車両」登場!…中国
Wheel scary Chinese anti-terror police practise killing drills on scooters Mail Online
bc5c9fb8.jpgeef7da49.jpg

中国警察のテロ対策特殊部隊は、来月の北京オリンピックに向けて「セグウェイ」を使った実践演習を開始した。

中国武装警察に所属する精鋭部隊が東部の山東州で「対テロ攻撃車両」と命名されたセグウェイ車で演習を行った。
警察はセグウェイ100台を購入し、そのうちの一部は大会期間中に空港とスポーツ会場をパトロールするために迷彩塗装を施している。

米国人ディーン・カーメン氏が発明したセグウェイは、2001年の発売当時は過密都市では
もはや車は時代遅れだと豪語していたものだ。しかし、その後は物笑いの種になってきた。
電動モーターで駆動し自動安定機能を備えた2輪車で、最速19km/hだ。(一部略)


こんな所でセグウェイにお目にかかれるとは予想外。
最高時速19km/hじゃ普通に犯人の方が速いだろう。
とっさに物陰に隠れたり伏せたり出来る機敏さも無い。

軍用と考えて、もう少しスピードが出るだろうと好意的に考えたとしても…ねぇ…。
いくら防弾チョッキ等で装備するとは言え、銃を持った犯人からは『良い的』になってしまうだろう。セグウェイに載って立っていようと中腰だろうと的としては狙いも大きくあまり変わらない。
せめて前面に透明の樹脂でも良いから装甲が欲しい。

正直、パトロール用ならともかく、『対テロ』としては『使えない』だろう。
実戦配備するつもりなのか、それとも単なる近代兵器の装備をアピールしたいだけなのか?何処まで本気なのかが正直分からん。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/475-71ffb580
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。