NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はサヨク新聞社の事件が目立ちますね。
この一連の事件を『新聞脳』と名付け、新聞と事件の因果関係を追求していこうと思います。

中国新聞ニュース 東京新聞立川支局長を逮捕 通行人に暴行の現行犯

 警視庁立川署は二十九日までに、暴行の現行犯で中日新聞東京本社(東京新聞)立川支局長の中里宏(なかざと・ひろし)容疑者(47)を逮捕した。

 調べでは、二十八日午前三時ごろ、東京都立川市曙町二の路上で、すれ違った飲食店経営の男性(34)の腹をけるなどした疑い。容疑を認め、すでに釈放された。

 男性は転倒し、足の小指を骨折。立川署は傷害容疑で書類送検する方針。

 中里支局長は飲酒後に帰宅する途中で「なぜ暴行したか覚えていない」と供述したという。

 河津市三かわづ・いちぞう・同社編集局次長は「立川支局長は多摩地区で社を代表する立場にあり、極めて遺憾だ。事実関係を早急に調べ、厳正に対処したい」とコメントを出した。


すれ違った人の腹をいきなり蹴っ飛ばしてる!
すげぇ!マトモな人間の行動とは思えない!!
正に『ペンは剣よりも強し』?しかも既に釈放されてる。さすがサヨクは仕事が早い。

中里宏支局長と言えば、2006年8月7日東京新聞のこの記事で有名。
人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2 こわすぎる積水ハウス
顧客を「差別ニダ!」と訴えた積水ハウスに法則発動(ツェねずみの崇り)

 先月三十一日、大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人二世の徐(ソ)文平(ムンピョン)さん(45)が、差別的な発言をされて精神的苦痛を受けたとして、大阪府内の顧客男性に慰謝料三百万円と謝罪広告掲載を求めて大阪地裁に提訴した。
社員が 顧客を訴える裁判に対し、会社が裁判費用を負担したり裁判出席を勤務時間と認めるなど、ほぼ全面的に支援することがクローズアップされ、反響が広がっている。 (中里 宏)


東京新聞らしい徹底した在日擁護キャンペーンを繰り広げ、その記事は当時ネットでも相当話題になりました。だから今でもググれば幾つも出てきます。

左巻き人間の性根の乱暴さが表れた事件ですね。
いきなり蹴られ負傷した被害者男性がとても気の毒でなりません。


関連エントリー
東京新聞歴史捏造の瞬間!『沖縄集団自決』が『日本軍による大虐殺』に
タクシー運転手殴る 朝日新聞東京本社グループ戦略本部長補佐を逮捕
朝日新聞の『死に神』報道に鳩山法相激怒、朝日の報道姿勢を批判
『死に神』報道に対する抗議に朝日新聞『中傷する意図は全くない』
毎日新聞英語版サイト『変態ニュース』を世界に発信→批判受け削除
【毎日新聞・変態報道】 担当者の処分決定!担当記者は休職3ヶ月
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/457-f70c4333
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。