NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これでもう北京オリンピックは安全!メイン会場付近に設置された地対空ミサイルが空をにらむアルファルファモザイク
いんざすかい 【中国】北京五輪会場周辺に対空ミサイルを配備
特定アジアニュース 北京オリンピックのメイン競技場近くに「地対空ミサイル」を配置したアル!
五輪=中国政府、会場警備のためミサイル発射装置を配備 スポーツ Reuters
HEAVEN これで対テロの準備も万全? オリンピック会場の空をにらむ地対空ミサイル
80623k.jpgr.jpg20080625104413_322_0.jpg

こちらの画像は、北京オリンピックメイン会場の鳥巣スタジアム附近に設営された地対空ミサイル、紅旗7型。

新加坡《聯合早報》によると、この画像は北京在住のネットユーザがアップしたもので、遠くに鳥巣スタジアムをのぞむ金網のなかには2基の紅旗7型、おそらくはFM-90が最近になって設置されたとのことです。
この防空ミサイルは赤外線やレーダーなどにより複合誘導され、射程は500-1万2000メートル。命中率は80-90%に達するそうです。対テロに対しても着々と準備が整ってきているようです。



中国が五輪警備強化、メーン会場近くにミサイル配備 写真4枚 AFPBB News

中国当局は北京五輪のメーン会場となる北京市内の国家体育場(National Stadium)近くに、地対空ミサイル発射台を配備した。上空からのテロ攻撃への対応策とみられる。

 現地AFP記者によると25日、北京市の北部、国家体育場から南に1キロほどのオリンピック公園近くの軍用地に、地対空ミサイル発射台が1組、カモフラージュネット(偽装網)に覆われ配備されているのが確認された。

 軍用地は、高さ2メートルを超す警備フェンスで囲まれ、レーダー装置も配備されていた。また、ミサイルの照準は、国家体育場のある北方向に合わせられていたという。

「鳥の巣(Bird's Nest)」の愛称を持つ国家体育場では、8月8-24日の五輪開催期間中、開会式と閉会式など重要なイベントが行われる。


平和の祭典(笑)
いやいや物騒な話ですね。
しかしこれでテロ対策を理由にミサイル配備を堂々と出来ましたね。
憲法9条信者を始めとするサヨクの皆さん、貴方達の主である中国様が『平和を維持する為には武力が必要』と丁寧に教えてくれましたよ。分かりましたか?

果たしてオリンピック終了後に撤収するのでしょうかね?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/448-f2f0e04f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。