NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「漫画原稿紛失、著者が小学館を提訴」 News i
金色のガッシュ!の雷句、小学館を提訴・330万円の損害賠償アルファルファモザイク
痛いニュース(ノ∀`)「美術的価値ある原稿を失った」 “金色のガッシュ!”作者、小学館に330万円損賠求め提訴…原稿紛失で

4e5bcec6.jpg

 「少年サンデー」に連載していた漫画の原稿を紛失したとして、著者が発行元の小学館を相手取り、330万円の損害賠償を求めて提訴しました。

 「何よりマンガに対する情念がこもっている、とても大切な原稿です」(「金色のガッシュ!!」著者 雷句 誠 さん)

 訴えをおこしたのは、「少年サンデー」に去年12月まで連載されていた漫画「金色のガッシュ!!」の著者・雷句誠さん(33)です。

 雷句さんは「金色のガッシュ!!」の連載終了に伴い、小学館側から原稿の返却を受けましたが、カラー原稿数枚がなくなっていたことが分かりました。このため「美術的価値のある原稿を失った」として、小学館に対し、330万円の損害賠償を求めています。

 小学館は、「訴状が届き次第、きちんと対応させていただきます」としています。



関連ニュース
小学館と決別?「金色のガッシュ!!」作者にオファー殺到(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 「小学館のお仕事を受ける事はありません」-。週刊少年サンデーで長期連載していた人気漫画「金色のガッシュ!!」で知られる漫画家、雷句誠さんに、ほかの出版社や漫画雑誌の編集者から多数の仕事依頼が届いていることがわかった。自身のブログで明かしたもので「とてもありがたい事です」とコメントしている。

 「サンデーで連載される機会はありますか?」とのファンの質問に対し、「漫画は描き続けますが、週刊少年サンデーで仕事をする事はありません。小学館のお仕事を受ける事はありません」と明言。小学館との決別を示唆するコメントを残したことでオファーが殺到したようだ。



最近、週間少年サンデーについては、いろいろ悪い噂が流れていた。
その中で『金色のガッシュ!!』の作者の雷句誠さんの『小学館のお仕事を受ける事はありません』発言は、いろいろ憶測を呼んだのだが、やっとその内容が解って、個人的にはチョッとすっきり。

まあ、大事な原稿を紛失した小学館は当然責められるべきである。
この手のトラブルの場合、編集サイドの原稿の扱いの悪さがいつも問題になる。
中には作家に黙って勝手に横流ししてしまった編集者もいる。
今回も無くしてしまった以上、横流しを疑われても仕方が無い状況だ。
カラー原稿のみを選んで紛失しているのも、疑わしい状況の1つですね。

本件をきっかけに、漫画家さんの立場や原稿の管理が少しでも改善されれば良いと思う。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/356-6975e854
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。