NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
J-CASTニュース 日本電産社長 「休みたいなら辞めろ」発言を否定
越えられない壁( ゚д゚)「朝日新聞が書いた『休みたいなら辞めろ』発言などしてない!」・・日本電産社長が反論

元の発言、朝日の記事は別エントリー『休みたいなら辞めればいい』急成長の日本電産社長を参照して下さい。

 もし日本電産社長が、このような発言をしていないなら、朝日新聞の記事によって、社長も会社自体もかなり大きなダメージを負っている。損害額を計算すればかなりのものになる。
日本電産社長は利益ばかりを追求し、法律を無視し社員の権利を蔑ろにしている、と書かれたのだから。
事実私は、そう受け取ってしまった。報道の暴力である。
今回の日本電産社長の発言により、朝日新聞は『インタビュー内容を改竄し、根拠も無く嘘の報道をし、社長個人と会社に不利益を齎したインチキ新聞』と言う事になる。

 朝日新聞の記事が正しいのなら、今回の日本電産社長の発言により、『嘘つき新聞』呼ばわりされた事で不名誉なレッテルを貼られ、不利益を齎された事になる。
新聞とは事件事故を正しく客観的な立場で報道する公共性で成り立っており、その信頼性が財産である。損害額を計算すればやはりかなりのものになる。


果たしてどちらの主張が正しいのか?疑問を投げられた朝日新聞の返答を待つ。
どちらかが嘘を言って相手にかなりの損害を与えている。
損害の大きさから考えて、嘘を言っている方が正式に謝罪をしなければならないし、謝罪が無いなら裁判で争うべき事例だ。うやむやに出来る事ではない。

私もこの件については出来るだけ後追いしていきたいと思う。
関連記事

関連タグ : 朝日新聞, 日本電産, マスコミ,

コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/212-9a79d397
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。