NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光市母子殺害事件の判決、主文を後回しに・広島高裁 - 日経ネット
光市母子殺害、当時18歳の男に死刑判決…広島高裁 - YOMIURI ONLINE

結論から先に言えば、妥当であり当然の判決だ。

 山口県光市で1999年4月、会社員本村洋さん(32)の妻弥生さん(当時23歳)と長女夕夏(ゆうか)ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人、強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた元会社員(27)(犯行時18歳)の差し戻し控訴審判決が22日、広島高裁であった。
 楢崎康英裁判長は無期懲役の1審・山口地裁判決を破棄、求刑通り死刑を言い渡した。少年による重大事件への厳罰化の流れに沿う判決になった。弁護側は上告した。

●事件概要

 1999年4月14日午後2時半ごろ、山口県光市の本村洋さんの自宅アパートにおいて、本村さんの妻の主婦、本村弥生さん(当時23)を強姦しようと企て、排水検査を装って、アパートに上がり込み、居間にいた弥生さんの背後から抱き付き、仰向けに引き倒して馬乗りになるなどの暴行を加えた。
 弥生さんが大声を出して激しく抵抗したため、殺害してから強姦しようと決意、馬乗りになった状態で首を両手で強く絞め、窒息死させて殺害。その後、遺体を陵辱した。
 長女夕夏ちゃん(当時11カ月)が激しく泣き続けたため、付近の住民が駆けつけるなどして犯行が発覚することを恐れ、泣きやまない夕夏ちゃんに腹を立てて殺害を決意、居間で夕夏ちゃんを床にたたきつけるなどしたうえ、首にひもを巻いて強く引っ張って絞め付け、窒息死させて殺害した。
その後、事件発覚を恐れ、2人の遺体を押し入れに隠し、金品をを窃取し逃走した。


救いようの無い事件だ。犯人に対する同情の余地など全く無い。


●21人の不愉快な弁護士たち
21人もの弁護団が結成された。しかも報酬無しで。
彼らは『死刑廃止論者』だ。
弁護団による死刑回避の為の『不思議な主張』も一般の人を怒らせた。

『排水検査を装ったのではなく、ロールプレイングゲーム感覚だった』
『趣味のピンポンダッシュをやったのが、たまたま本村さんのアパートだった』
『甘えるように抱きついただけで殺意はなかった』
『死んだ後で服を脱がしたのは、女性だったら恥ずかしくて反応するかと思って』
『屍姦したのは、精子を体内に入れたら死者が甦ると本で読んだから』
『夕夏ちゃんを床に叩きつけたのも、ベビーベッドと間違えただけ。殺意はなかった』
『首にひもを巻き付けたのは絞め殺すつもりではなく、蝶々結びで可愛く飾るつもりだった』
『遺体を押入れに入れたのは、ドラえもんになんとかして欲しかったから』


コレに関してはコメントしません。悪口しか出てこないから。
怒りに任せて書いたら、彼らの『不思議な主張』で訴えられかねません。
私が何を言いたいのか、伝わっていると思いますし。


最後に
●検察側が「不謹慎な内容で反省がみられない」とし、証拠採用された、犯人の獄中書簡の一部

『誰が許し、誰が私を裁くのか・・・。そんな人物はこの世にはいないのだ。神に成り代わりし、法廷の守護者達・・・裁判官、サツ、弁護士、検事達・・・。私を裁ける物は、この世にはおらず・・・。二人は帰ってこないのだから・・・。法廷に出てきてほしいものだ・・・何が神だろう・・・サタン!ミカエル!ベリアル!ガブリエル!ただの馬鹿の集まりよ!』


ドストエフスキー『罪と罰』を引用し、

『選ばれし人間は人類のため社会道徳を踏み外し、悪さをする権利がある』



(死刑判決を免れ無期懲役判決が下ったとき)

『勝ったと言うべきか負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き・・・。イヤね、つい相手のことを考えてしまってね・・・昔から傷をつけては逃げ勝っている・・・。まあ兎に角だ。二週間後に検事のほうが控訴しなければ終わるよ。長かったな・・・友と別れ、また出会い、またわかれ・・・(中略)心はブルー、外見はハッピー、しかも今はロン毛もハゲチャビン!マジよ!』



(本村氏に対して)

『ま、しゃーないですね今更。被害者さんのことですやろ?知ってます。ありゃー調子付いてると僕もね、思うとりました。・・・でも記事にして、ちーとでも、気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし』


『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』


『オイラは、一人の弁ちゃんで、最後まで罪が重くて「死」が近くても「信じる」心をもって、行く。そして、勝って修行、出て頭を下げる。そして晴れて「人間」さ。オレの野望は小説家。へへ』


『犬がある日かわいい犬と出合った。・・・そのまま「やっちゃった」、・・・これは罪でしょうか』


『五年+仮で8年は行くよ。どっちにしてもオレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』



(面会に来た友人に対して、カミュの『異邦人』の主人公・ムルソーの事を)

『もろ俺ジャン!』とうれしげに語った。


(註:カミュの小説「異邦人」の主人公・ムルソーは殺人犯。殺人の動機について「太陽がまぶしかったから」と答える。小説の中でムルソーは死刑になる。)

本村弥生さん、夕夏ちゃんのご冥福をお祈りします。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:月光 #LcBSDKVA | 2010/11/26(金) 21:54 | URL[ 編集]
     日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

     弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任でありましょう。

     表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
     
     組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もない様です。

     国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な行為・国民をたぶらかし、見下す事実を知るべきです。

     国民が誠意と苦悩をもって、裁判員としての重大な役割を果たそうとしている中、「虚偽は正当な弁護士業務だ」として、私利私欲だけで行動する.巨大な権力を手にした者たちがいることを知って下さい。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/185-fbf3fd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。