NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニダー速報 【韓国】「対馬島(テマド)はウリの領土」… 与党ハンナラ党の許泰烈最高委員が国会内で討論会開催
ADON-K@戯れ言 【韓国】「対馬島(テマド)はウリの領土」… 与党ハンナラ党の許泰烈(ホ・テヨル)最高委員が国会内で討論会開催
許泰烈、「対馬島(テマド)はウリの領土」討論会を開催

 ハンナラ党の許泰烈(ホ・テヨル)最高委員は10日、国会議員会館で「対馬島(テマド)/私たちにとって何なのか」をテーマに討論会を開き、対馬に対する再照明に乗り出した。

 許最高委員は、「対馬島が歴史的に我が国の領土の一部だったという歴史的文献が多数存在しており、地理的・血統的・文化的に見ても我が国と近いということは明らかな事実だ」として、「にもかかわらず、対馬島がウリの領土であることを強力に主張しないならば、子孫に顔向けできない」と表明した。

 許最高委員はまた、「国境は可変性を持っているだけに、歴史の大きな転換点で韓日間に国境問題が台頭する時に備えて、対馬島に関する研究と主張を持続的に行なわねばならない」と付け加えた。

 釜山外語大の金文吉(キム・ムンギル)教授は、16世紀の朝鮮王の玉璽が捺された官職任命状、18世紀に日本で製作された朝鮮八道地図、対馬島固有言語のハイル文字の表記がハングル起源だという研究結果等を通じて、対馬島が朝鮮の一部だったと主張した。

 許最高委員は50人余りの与野党議員と共同で、対馬島返還に関する対策機構の設置等を盛り込んだ「対馬島の大韓民国領土確認・返還要求決議案」を国会に提出している状態だ。


日本の領土を次々奪おうと企む韓国。
こうした行動は侵略そのもので、日本に対する明らかな敵対行動です。

当然、16世紀に韓国は存在しませんので完全に捏造・妄言の類です。
歴史の浅い国であり、ずっと大国の支配下に置かれていた事に強いコンプレックスを持つ韓国は、他国の文化を韓国起源であると主張し奪い、ウソの歴史を改竄・捏造し、韓国が昔から栄えていた大国であるかのように偽装することでそのプライドを保とうとします。

当然、全て事実無根のウソですから他国から見れば笑いの種でしかないのですが、『嘘も100回言えば本当になる』が基本で『嘘をつくことを恥とは思わない』韓国では本気で信じている人も多いです。
何も知らない子供達に反日教育と共に嘘の歴史を教え洗脳し続けていますので、『放置しておけばいずれは沈静化する』などという考え方は甘く、今後はさらにこうした反日・侵略行動がエスカレートする事が確実です。

日本人の物差しで考えるのは非常に危険です。相手は有りもしない4000年の歴史を捏造してしまうファンタジー世界の住民です。
既に日本人への敵意を剥き出しにして、日本に対するライバル意識を強く持ちながら、自国の経済が弱ると日本の資金援助を当然かのように強気に要求してきます。非常に矛盾した話ですが、韓国人は矛盾しているとは思っていません。それが韓国人の考え方なのです。

敵対国からの不法入国者に選挙権を与え、日本侵略のお手伝いをする理由はありませんよね。
早く不法入国者を法に従い強制退去させ、不法占拠された竹島を取り戻すべきです。

放置したところで時が解決してくれる事はありえません。少しでも譲歩してしまえば要求はさらにエスカレートして手におえなくなります。
情けをかけ援助すれば恩を感じ相手を尊重するのが日本人。『貰って当然』『もっとよこせ』と要求をエスカレートさせ、要求が全て通らなければ相手を『ケチ』と罵るのが韓国人です。

決して日本人の常識で考えてはいけません。それが韓国人です。
韓国ブームをでっち上げて韓国への利益誘導を必死に行うマスコミの言うことを鵜呑みにすると、痛い目に合います。当然、その時にマスコミは責任など取ってはくれません。


関連記事
韓国国会、日本に対馬返還要求
日本に帰化した韓国人男性 対馬の海上自衛隊施設で不可解行動
小型漁船で密入国か、韓国人の女ら9人を拘束…対馬海上保安部

関連カテゴリー
韓国・北朝鮮

関連タグ
韓国
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1313-4258764e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。