NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「民主党の牧議員に依頼」と供述 郵便料金割引悪用の被告 - 山陽新聞ニュース

 障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、大阪地検特捜部に逮捕された障害者支援団体「白山会」(東京都文京区)の会長守田義国容疑者(69)が「民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=に『競合している団体の活動を抑えてほしい』と頼んだ」との供述をしていることが1日、捜査関係者への取材で分かった。

 牧議員は昨年5月、衆院経済産業委員会で、制度悪用したダイレクトメール(DM)発送に関する質問をしており、特捜部は関連を慎重に調べている。

 牧議員はこれまでの取材に「依頼を受けて質問したわけではなく、違法性はないと思っている」と話している。

 関係者によると、守田容疑者は調べに、「牧議員と昨春面会した際に、兵庫県尼崎市などの3団体が制度を使いアダルト広告を送っていることを批判した」と供述。さらに「競合する団体なので動きを抑えたかった」と話している。

 3団体は、白山会とは別の広告代理店と提携して制度を利用したDMを格安発送。牧議員の質問後、3団体の刊行物は郵便事業会社(日本郵便)の調査を受け、承認取り消しや廃刊となった。
(5月1日12時9分)



民主・牧議員の秘書関与…障害者団体向け郵便割引制度を悪用、郵便法違反事件
の続報です。
新聞やネットではマスコミ各社かなり大きく扱っているニュースなのですが、TVでは殆ど報じない不自然な状態になっています。

障害者団体としての実体がない『白山会』が、障害者団体に適用される郵便料金の割引制度『低料第三種郵便』を悪用し不当な利益をあげていました。

企業が普通にダイレクトメールを各家庭に発送すれば多額の発送料金を郵便局に支払わなければなりません。
しかしニセ障害者団体である『白山会』の定期刊行物を同封し『白山会』名義でダイレクトメールを発送すれば安価に送る事が可能です。

『低料第三種郵便を利用すれば郵便料金を低額に抑えられます。その上、福祉団体を支援している企業としてイメージアップも狙えます』
広告代理店『新生企業』はこのような宣伝文句で障害者団体の定期刊行物を同封したダイレクトメール発送のメリットを強調していました。
白山会はそうした『企業へのダイレクトメール名義貸し』で不正に利益を得ていたのです。

障害者団体としての実体がない『白山会』は、前身団体である『凛(りん)の会』時代に割引制度適用の為に日本郵政公社(現・郵便事業会社)に厚生労働省発行の障害者団体証明書を提出しています。
しかしこの障害者団体証明書の発行は通常は全国的な組織に限られ、『白山会』『凛(りん)の会』のような小規模な組織に発行した例はありません。
障害者団体証明書発行記録は厚生労働省に全て保管されていますが、『凛(りん)の会』への発行記録は存在していません。
『凛(りん)の会』が日本郵政公社(現・郵便事業会社)に提出した厚生労働省発行の障害者団体証明書自体が偽造されたものである可能性が高いようです。

書類の偽造でニセ障害者団体である『白山会』はまんまと割引制度適用をゲットする事に成功しました。
しかし強引な不正行為の中で、大量の郵便物の持ち込みを不審に思った日本郵政公社側がダイレクトメール発送を断ったケースが存在していました。
結果的に言えば日本郵政公社側の対応は正しいものでした。

しかしそうした日本郵政公社側の判断に政治的圧力をかけた疑いのある人物がいるのです。

黒マッチョニュース 【政治】 民主・牧議員「自分は知らない」…牧議員の秘書、郵便割引不正事件でDM発送に関与
民主・牧衆院議員秘書、DM発送に関与 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度が悪用された郵便法違反事件で、民主党の牧義夫・衆院議員(51)(愛知4区)の秘書が、障害者団体「白山会」(東京都文京区)会長(69)から、大口郵便の発送について陳情を受けていたことがわかった。

 秘書が日本郵政公社(現・郵便事業会社)側に問い合わせた頃に、新東京郵便局(東京都江東区、現・郵便事業会社新東京支店)から最終的に発送できたという。

 牧議員は「秘書が相談を受け、郵政側に問い合わせたが、割引制度に絡む発送とは認識していなかった。自分は取材を受けるまで全く知らなかった」と話している。

 関係者によると、ベスト電器から2007年2月の販売会に向けたDM業務を受注した広告会社「新生企業」は、白山会発行の定期刊行物を同封したDMを発送するため、埼玉県内の二つの郵便局に持ち込んだ。だが、両郵便局は、DMの名義は白山会になっているのに、あて先が不明だった場合などに返送する先がベスト電器になっていたため、不審に思って発送を断った。

 新生企業から経緯を聞いた白山会会長は牧議員の事務所に相談。秘書が会長に同行し、日本郵政公社支社に問い合わせをした。その頃、新生企業が新東京郵便局にDMを持ち込んだところ、発送できたという。

 白山会会長は自ら経営する信用調査会社名義で、牧議員側に24万円を献金していたことが発覚している。

(2009年4月16日14時37分 読売新聞)



asahi.com(朝日新聞社):支援者の競合団体を国会で批判 郵便不正で民主・牧議員 - 社会
20090416_1272_02.jpg

 民主党の牧義夫・衆院議員(51)=愛知4区=が、障害者団体向けの郵便割引制度が悪用された事件で捜索を受けた「福祉事業支援組織・白山会」(東京都文京区)のライバル団体を批判する質問を国会でしていたことが分かった。白山会の会長は牧議員の長年の支援者で、会長側は議員側に政治献金もしていた。

 批判された団体は、郵便事業会社(JP日本郵便)の調査を受けて、ダイレクトメール(DM)広告に悪用していた刊行物を廃刊。一方で白山会側は業務を継続。関係者によると、DM広告の「顧客」を増やしていたという。

 国会質問があったのは、08年5月23日の衆院経済産業委員会。牧議員は、兵庫県尼崎市内などの三つの障害者団体が制度利用の承認を受けて発行していた定期刊行物を掲げながら、精力剤やアダルトグッズの広告が載っていることなどを指摘。「悪徳商法の温床になっている」などと批判し、日本郵便の対応を求めた。

 批判された団体は、尼崎市内の広告会社と提携する形で、制度を悪用したDM広告を取り扱っていたが、広告の受注をめぐって、白山会や白山会と提携していた大阪市西区の「新生企業」=大阪地検特捜部が郵便法違反容疑で社長らを逮捕・起訴=と、激しい価格競争をしていたという。

 白山会は昨年末、制度を悪用していたとして日本郵便から利用の承認を取り消され、免れた数億円の郵便料金を請求されているほか、今年2月には特捜部から、新生企業の容疑の関係先として捜索されている。

 一方、複数の関係者によると、白山会の会長は牧議員の長年の支援者で、97年から02年にかけて複数の会社の役員として共に名を連ねていたほか、白山会の運営に関係している男性が牧議員の秘書を名乗っていた時期もあったという。

 また、白山会の会長は自ら社長をしている興信所名で、牧議員が代表を務める「民主党愛知県第4区総支部」に07年2月に12万円を寄付している。

 牧議員は、国会議員の秘書などを経て00年に衆院議員に当選。現在3期目。昨年10月には、マルチ商法業界の政治団体から資金提供を受けていた問題が発覚している。

     ◇

 牧議員の事務所は取材に対し、「白山会の会長とは議員に当選する以前からの付き合いであることは事実です。しかし、白山会との関係は現在も過去もありません」などと回答。白山会の会長は、牧議員について「牧さんは長年の知り合いで、応援のために献金した。違法なことは何もない」と言っている。



郵便不正:議員事務所で伝授 白山会創設者が会長に手口 - 毎日jp(毎日新聞)
20090420_1272.jpg

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便法違反事件で、障害者団体「白山会」会長の守田義国容疑者(69)が、支援する国会議員の事務所などで同会創設者の倉沢邦夫容疑者(73)と出会い、制度悪用の手口を伝授されていたことが分かった。倉沢容疑者はかつて別の国会議員の秘書を務めたことがあり、大阪地検特捜部は、守田容疑者が違法ビジネスを拡大させていった背景には、こうした政治家人脈があったとみて経緯を聞くとみられる。

 伝授の場所となったのは、民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=の事務所。関係者によると、守田容疑者とは牧議員が鳩山邦夫総務相の秘書時代(87年8月~98年12月)に知り合った。今でも2、3カ月に1度は会う関係という。一方、倉沢容疑者は元々、石井一二・元参院議員の秘書で、事務所で一緒だった後輩秘書が牧議員の下に転属して以降、牧議員の東京都内の事務所を頻繁に訪問するようになった。

 両容疑者は05~06年ごろ、牧議員の関係者を通じて紹介され、牧議員の東京都内の事務所で初めて面会。後援会の集まりでもよく会うようになった。倉沢容疑者は当時、白山会の前身「凜(りん)の会」代表で、04年から割引制度を悪用してダイレクトメール(DM)を発送していたが、手間がかかり、会の運営に支障が出始めていた。牧議員の関係者は守田容疑者を「経営のプロ」として紹介し、守田容疑者が「白山会」として倉沢容疑者の事業を継承。事務所での会話で手口なども伝えられ、守田容疑者は違法DMビジネスに傾倒していったという。

 一方、守田容疑者はこうした交流を機に、牧議員の秘書との距離も縮めたとみられる。この秘書は07年1月ごろ、違法DMの発送が埼玉県内の郵便窓口で拒否された後、守田容疑者の陳情を受けて、日本郵便に同行。その後、新東京支店で発送が認められた。また守田容疑者が経営する経営コンサルタント会社は07~08年、牧議員が代表の民主党支部に計24万円を献金している。【林田七恵、久保聡】
2009年4月20日 2時30分(最終更新 4月20日 10時34分)


要は民主党・牧義夫衆院議員は『秘書がやったことで全く知らねぇ』と言っていた訳です。
『国会でライバル団体への追及はしたけど今回の障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件とは全く関係無い』と主張しているのですね。
『以前からの知り合いで、献金等もあるけどそれも今回の事件とは関係無い』という主張でした。

また随分都合の良い主張で、疑わしい話ではありますが、疑わしいというだけですぐさま逮捕起訴という訳にはいきません。

そこへ今回のニュースです。
「白山会」会長である守田義国容疑者の
「民主党の牧義夫議員に『競合している団体の活動を抑えてほしい』と頼んだ」
との供述の裏付けが取れれば事件解明に向けて大きく前進することになります。

「白山会」による名義貸しは20社以上、会長である守田義国容疑者個人が得た報酬は数千万円、本来支払うべき金額と実際に支払われた額の差=不正な利益は200億円と報じられています。
こうした福祉の名を語った卑劣な犯罪は許しがたい行為です。
不正行為を後押しし私腹を肥やした悪徳政治家がもし存在するならば、きちんと処罰してほしいものです。
捜査している皆さん、事件解明に向けて頑張って下さい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1291-2b636393
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。