NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚肉に赤身増加の禁止添加薬 中国紙が報道、広東で中毒も - MSN産経ニュース
2009.4.23 19:36

 23日付の中国紙、南方週末は、中国内の養豚場で、使用が禁止されている動物成長促進薬クレンブテロールやラクトパミンが飼料に混入されていると報じた。2つの薬物は中国で「痩肉精」と呼ばれ、脂身を抑え、赤身を増やす効果がある。

 今年2月に広東省広州市でクレンブテロールが残留した豚肉を食べた70人が食中毒となる事件が発生したが、同紙は一般の養豚場でも広く使用されていると示唆。有害物質メラミン混入で健康被害を起こした粉ミルクと同様に社会問題となる可能性もある。

 小規模の養豚農家ではクレンブテロールを、大規模養豚場ではラクトパミンを飼料に混入させているという。ある養豚業者は同紙の取材に「(痩肉精の使用は)業界の隠れた常識」と語った。(共同)



中国で豚肉に禁止添加薬 赤身増加、広東で食中毒 - 47NEWS(よんななニュース)

 【北京23日共同】23日付の中国紙南方週末は、中国内の養豚場で使用が禁止されている動物成長促進薬クレンブテロールやラクトパミンが飼料に混入されていると報じた。2つの薬物は脂身を抑え、赤身を増やす効果がある。

 今年2月に広東省広州市でクレンブテロールが残留した豚肉を食べた70人が食中毒となる事件が発生したが、同紙は一般の養豚場でも広く使用されていると示唆。有害物質メラミン混入で健康被害を起こした粉ミルクと同様に社会問題となる可能性もある。

 小規模の養豚農家ではクレンブテロールを、大規模養豚場ではラクトパミンを飼料に混入させているという。ある養豚業者は同紙の取材に、添加薬の使用は「業界の隠れた常識」と語った。

 ラクトパミンは大手の化学薬品企業3社で年間計30万トン程度生産し、養豚場と直接取引。化学工場で生産されているため食品部門の監視の目が届きにくい上、豚肉の残留薬物検査では、別の添加剤を加えることによりラクトパミンが検出されなくなるという。


やっと日本でも報じられましたか。
共同通信社配信のニュースですが、はっきり言えば報道があまりにも遅すぎます。

喘息・慢性気管支炎などの治療に使われる気管支拡張剤『クレンブテロール』は筋肉増強剤としても有効とされています。
『クレンブテロール』はスポーツの世界でも禁止薬物に指定されており、使用すればドーピングとして扱われます。

中国水泳 薬物違反7選手を永久追放(競泳) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

 中国水連は4日、2008年に実施した1566件のドーピング検査で男子6人、女子1人の計7人の水泳選手が禁止薬物のクレンブテロールに陽性反応を示したと発表した。7人とも同水連の規定により永久追放処分となった。 (新華社=共同)
[ 2009年04月04日 23:33 ]



競馬でも2008年1月から『クレンブテロール』は禁止薬物に指定されています。
岩手競馬の薬物検出 調教師ら3人を処分(競馬) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

 岩手競馬で4月、競走馬から禁止薬物クレンブテロール(気管支拡張剤)が検出された問題で、岩手県競馬組合は14日、競走馬が所属する厩舎(同県奥州市)の調教師と厩務員をそれぞれ戒告、賞典停止50~30日間の処分にした。(以下略)



共同通信社の記事では『脂肪を落とす』『痩肉精』と書かれ、まるで投薬で『体重を落とす』事が狙いであるかのように誤解してしまう人も多いでしょう。
動物成長促進薬として『クレンブテロール』や『ラクトパミン』を豚に与えると、与えずに育てた豚に比べ、赤み肉部分が段違いに増えるのです。
『ムキムキマッチョにして肉を増やす』という感じが正解に近いでしょうか。
筋肉増強剤としての使用に近いイメージです。
豚の飼育期間を大幅に短縮させる効果があり、通常の飼育法に比べ豚を商品として早く出荷する事が可能になるのです。手っ取り早いコストダウンです。

しかし豚の体内に蓄積しやすく、通常の調理法では分解しない熱に強い物質であり、大量に摂取すると重度な健康被害おそれも高い大変危険な薬品であり、使用は禁止されています。

中国では養豚農家・養豚場で『クレンブテロール』『ラクトパミン』を餌に混ぜ豚に与える『低モラルで危険な行為』は日常的に行われています。


大紀元時報では昨年11月の時点で既に報じられています。
昨年11月にも同様の集団食中毒が発生しているのです。

メラミンより毒性が強いクレンブテロール食中毒が発生=中国浙江省 大紀元時報-日本

 【大紀元日本11月17日】中国浙江嘉興でこのほど、メラニンより毒性が強いとされる「クレンブテロール」による集団食中毒が発生した。10日昼から嘉興中茂会社の従業員が食堂で食事してから、体に異常を感じ、計70人病院で診察を受けた、診断の結果「クレンブテロール」を混じった角煮による食中毒と分かった。

  診察を担当した医師によると、中毒患者は70人で、心拍が加速、吐き気に嘔吐、眩暈、息苦しくて全身が震える、手足がだるく立ち上がれないという。そのうち、症状の重い者は20人。

  担当医師によると、他の病院で治療を受けた患者もいるが、その大部分はすでに退院し、中毒症状が重い者も命に別状はないが、後遺症が残るかどうかは現段階ではわからないという。

 「クレンブテロール」は喘息の治療用医薬品である。豚にクレンブテロールを混入した飼料を食べさせると、赤身が三倍も増やす。
 分解は172度の高温が必要であり、通常の調理法では毒性を消すことはできない。長時間にわたり、大量に豚の飼料に投入していた上に、代謝が遅いため豚の体内に多く残留する。

 このような豚肉を人間が食べ、人体に摂取すると、長期の場合、悪性腫瘍を誘発し、高血圧、糖尿病などの患者には危険であるという。一度大量に摂取してしまうと、中毒或いは死に至るという。

 豚の成長期を短縮させるために、「クレンブテロール」のほか、数多くの化学添加物を飼料に混ぜることは中国の業界では暗黙の了解であるという。

 1998年以来、「クレンブテロール」による食品中毒は18件もあり、被害は1700件以上に上り、少なくとも1人の死者が出ている。

 乳製品にメラミン、豚肉にクレンブテロール、それ以外に毒米、過酸化水素水で軟化したフカヒレ、工業用アルコールでできた毒酒、農薬が標準値を越えた毒野菜、スーダンレッドを添加した味卵、工業用化学原料で作られた黒酢、及び偽薬と毒薬が中国で氾濫している。(編集翻訳・侍傑)
(08/11/17 07:39)



サーチナでさえ既に『クレンブテロール』に関するニュースは報じられています。
【韓国】中国産「肉を煮出したスープ」からクレンブテロール検出 2009-04-18(土) 123400 [サーチナ]


市民の生命安全に関わる、周知徹底させるべき問題を『中国様に不利益になる』と隠蔽し報道しない他紙に比べれば、今回報じた産経新聞の対応は褒めるべきなのでしょう。

普段、中国とのつながりの強さを自慢している朝日新聞社が、こういう大事な事を全く報じていないのが腹立たしいです。
朝日新聞では、中国での豚への『クレンブテロール』投与に関する記事は、北京オリンピック時に参加選手の食事の安全性についてのロイター配信の記事しかありません

朝日新聞社が今回の一連の中国産豚肉による健康被害のニュースを報じずに切り捨てた理由を説明して貰いたいものです。
それが『中国様に都合の悪いニュースは出来るだけ隠蔽する』という理由ならば、情けないかぎりです。


【中国】結婚式に「カップめん」、食中毒疑いで突然の調理禁止で[09/30]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1222794282/
【中国】結婚披露宴で食中毒が相次ぐ[10/22]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1224684678/
【中国】食中毒「次から次」、甘粛・新疆・広西・重慶・福建……[11/07]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1226081971/
【中国】設立記念日に学生に食事、少なくとも81人が体調不良 学校で集団食中毒か・・・陝西省[11/10]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1226337106/
【中国】猛毒混入、工業用着色料使った正月料理で4人逮捕・・・湖北省武漢[01/25]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1232994108/
【中国】“ニセ白酒”中毒事件相次ぐ、犠牲者3人に・・・湖北省[03/28]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1238338854/


関連記事
【マスコミ】中国共産党No,5・李長春氏『良好な世論を作れ!』 日本メディア14社首脳と初懇談
『天洋食品』毒ギョーザ、中国での殺虫剤混入がほぼ確定…中国で中毒
【毒餃子】ギョーザ中毒事件に関わった中国の食品監督局長が自殺
天洋食品毒ギョーザ、回収品を河北省が横流し指示…配布で新たな中毒発生
【中国】『五輪セーリング会場の藻はアオノリだった』→韓国に輸出へ
“中国のミルクは安全!”英閣僚が飲んでアピール→腎臓結石で入院
アメリカで『コアラのマーチ』回収
中国産ウナギから殺虫剤、千葉県が回収命令…東京・埼玉・千葉で1500キロ流通
ガス圧昇降タイプのパソコンチェアが爆発、14歳少年が出血多量で死亡
弁当の中国産冷凍食品ロールキャベツからカッターの刃
【韓国】化粧品からもアスベスト検出…原料の滑石に混入

関連タグ
中国
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2009/04/30(木) 19:32 | URL[ 編集]
    しっかりと記事に載せてくれてよかった。
    でも、どうせこれもあまり知られることは無いんだろね

  2. 名前:名無しさん #- | 2009/04/30(木) 22:14 | URL[ 編集]
    知らなかった・・・
    すっかり情報弱者になるところだった。
    情報ありがとうございます。

  3. 名前:愛信 #EBUSheBA | 2009/04/30(木) 23:19 | URL[ 編集]
    IT認証制度を1年延期 中国、対象は政府調達

    中国がセキュリティー関係の情報技術(IT)製品に関する新たな強制認証制度の導入を検討
    している問題で、中国国家認証認可監督管理委員会は29日、実施を来年5月1日に1年延期
    し、適用範囲を政府調達に絞ると発表した。

    <歴史問題>
    <食の安全>
    <東シナ海ガス田>

    【経済・政治の掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

    【動画ニュース掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi


  4. 名前:愛信 #EBUSheBA | 2009/05/01(金) 11:16 | URL[ 編集]
    河野太郎は国籍法改悪の推進者であり、子供の人身売買が危惧された国籍法改悪は臓器移植、
    臓器販売へと繋がってきた。公明党案では12才の子供が本人の書面同意を出せる道理が無
    く、騙しの手口で中国人体展で取り上げている臓器販売闇市場の設立を目論む意図が明白。

    貴方はどの案に賛成ですか?
    「現行の臓器移植法と改正案の比較」をご覧になりお答え下さい。
    【経済・政治の掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

  5. 名前:愛信 #GdFAQc32 | 2009/05/01(金) 22:27 | URL[ 編集]
    早期解散見送りのサイン?。

    日中首脳会談麻生総理大臣記者会見中継 04/30-18:30 1~3

    【動画ニュース掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1281-db2ed57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。