NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おくりびと」技術指導の葬祭会社、廃棄物処理法違反で書類送検へ - MSN産経ニュース
2009.4.21 20:32

 映画「おくりびと」の技術指導などをしていた札幌市の葬祭会社「札幌納棺協会」が、無許可で仏壇や神棚を集め、ごみ焼却施設に運んだとして、宮城県警は21日、廃棄物処理法違反の疑いで、同社と同社の複数の社員を近く書類送検する方針を固めた。

 県警によると、同社は平成19年夏から秋にかけ、仙台市から一般廃棄物の収集・運搬の許可を受けずに、「お炊き上げ」を名目に市内の複数の葬儀社から不要になった仏壇や神棚などを有料で収集し、同市青葉区のごみ焼却施設に運んだ疑いが持たれている。

 昨年4月に同市が泉署に告発。県警は同月24日、同容疑で札幌市の同社本店や仙台市泉区の仙台支店など3カ所を家宅捜索していた。

 同社は、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画「おくりびと」で、主演の本木雅弘さんらに納棺技術の指導などをしたことで知られている。


ぱっと見の印象では『無許可での廃棄物回収が問題なだけの事件かな?』と思ったのですが…


asahi.com(朝日新聞社):「おくりびと」演技指導の業者、廃棄物処理法違反の疑い - 社会
2009年4月22日19時50分

 無許可で遺品を収集したなどとして宮城県警は22日、葬儀関連会社「札幌納棺協会」(札幌市白石区)と、同社の仙台支店長(43)ら4人を廃棄物処理法違反(無許可収集運搬・処分)の疑いで仙台地検に書類送検した。同社は米アカデミー賞を受賞した映画「おくりびと」で、納棺師を演じた本木雅弘さんに演技指導をしたことで注目された。

 生活環境課によると、同社の仙台支店と石巻営業所は06年4月~07年11月、仙台・石巻の両市から許可を受けていないのに葬祭業者や病院から仏壇や布団などの遺品計5.3トンを収集運搬し、一部焼却などした疑いがある。

 収集に際して約111万円を受け取っており、4人とも「事業としてやっていた」と話しているという。遺品は「供養する」と言って集めていたが、同課は、実際はしていなかったとみている。



「おくりびと」指導の葬祭会社と「徳洲会」を書類送検 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 宮城県警は22日、米アカデミー賞・外国語映画賞を受賞した「おくりびと」の技術指導をした葬祭会社「札幌納棺協会」(本社・札幌市)と仙台支店長(43)ら幹部4人を廃棄物処理法違反(無許可収集など)容疑で、医療法人「徳洲会」(大阪市)と同会職員ら2人を同法違反(委託)容疑で仙台地検に書類送検した。

 発表では、同社仙台支店などは2006年4月~08年4月、仙台市の許可を受けずに市内の葬儀社などから、「おたきあげ」として仏壇など計5310キロを約110万円で回収し、焼却施設などに運んだ疑い。

 徳洲会職員らは06年4月~7月、保存していた臓器計1340キロの処分を約55万円で、許可を持たない同社に委託した疑い。

 同社は「おくりびと」の主人公の納棺師を指導するなど制作に協力した。

(2009年4月22日19時46分 読売新聞)



「おくりびと」で納棺指導 葬祭会社を書類送検 廃棄物処理法違反 - MSN産経ニュース
2009.4.22 16:48

 不要な仏壇などを許可なく収集運搬、処分したとして、宮城県警生活環境課などは22日、廃棄物処理法違反の疑いで、葬祭会社「札幌納棺協会」(札幌市)と、同社常務で仙台支店長の男性(43)ら社員、元社員計4人を書類送検した。

 同社は、米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」に主演した本木雅弘さんに、遺体を湯で清めるなどの納棺技術を指導したことで知られる。

 県警の調べによると、仙台支店長らは、平成19年1月下旬から同年11月下旬にかけて、仙台市などの葬祭業者から、不要となった仏壇や神棚など計約4トンの廃棄物を有料で引き受け、同市の許可を受けずに自社倉庫などに運搬した疑いが持たれている。仙台支店長らは「業務としてやっていた」などと容疑を認めているという。

 これとは別に、平成18年4月初旬から平成20年4月中旬にかけて、2医療法人から、プラスチック容器に入った内臓標本などの感染性廃棄物、産業廃棄物の処理を有料で請け負い、許可なく野焼きした疑いも持たれており、無許可業者と知りながら処理を委託したとして、医療法人「徳洲会」(大阪市)なども書類送検された。

 札幌納棺協会は、業務の改善を求めたが従わなかったとして昨年4月、仙台市から同法違反罪で刑事告発されていた。


●発覚後も自治体による業務改善指導を無視して、長期間廃品回収を継続していた。
●『きちんと供養する』と言って個人から引き受けた遺品等を供養せずそのまま処分。
●内臓標本など感染性廃棄物等を回収し許可無く野焼き処理。

調べが進むにしたがって、『札幌納棺協会』が結構悪質な行為を繰り返していた事実が判明しました。
『きちんと供養する』との言葉に騙されて費用を支払ってしまった人達は、『札幌納棺協会』の実態を知ってショックでしょうねぇ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1279-41875489
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。