NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上場企業役員ら10人を一斉逮捕へ…郵便割引悪用事件 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度が悪用された郵便法違反事件で、広告会社「新生企業」(大阪市西区)の違法なダイレクトメール(DM)の大量発送に、東証1部上場の大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)や東証2部上場の印刷・通販会社「ウイルコ」(石川県白山市)などが関与していた疑いが強まり、大阪地検特捜部は16日にも、ウイルコの若林和芳会長(57)やベスト電器の担当者ら約10人を同法違反容疑で取り調べる。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 取り調べるのは、ベスト電器やウイルコ、大手広告会社「博報堂」(東京都)の子会社「博報堂エルグ」(福岡市)の各担当者と東京都文京区の障害者団体「白山会」会長(69)ら。

 捜査関係者によると、ベスト電器は2007年2月頃、新生企業やウイルコ、博報堂エルグなどを通じ、家電製品の広告付きDMに、制度の適用を受けた白山会などが発行する定期刊行物を同封し、6~7回に分けて計約200万通を郵送。正規料金との差額計約2億4000万円を不正に免れた疑いが持たれている。

(2009年4月16日03時06分 読売新聞)


ウイルコ会長ら逮捕へ ベスト電器DM、不正発送 - MSN産経ニュース


郵便割引不正、ベスト電器元部長ら10人を逮捕 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

  障害者団体に適用される郵便料金の割引制度を悪用した郵便法違反事件で、大阪地検特捜部は16日、正規料金との差額計約2億4300万円を不正に免れたとして、東証2部上場の印刷・通販会社「ウイルコ」(石川県白山市)元会長・若林和芳(57)、東証1部上場の大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)元販売促進部長・久保俊晴(51)両容疑者ら10人を同法違反容疑で逮捕した。

 久保容疑者は「違法性の認識はなかった」と容疑を否認し、若林容疑者ら他の9人は「争うつもりはない」などと認めているという。

 特捜部は同日、ウイルコ東京営業部やベスト電器本社のほか、ダイレクトメール(DM)発送を受け付けた郵便事業会社(JP日本郵便)新東京支店(東京都江東区)などを捜索、不正が見逃された経緯などを調べる。

 他に逮捕されたのは、ウイルコ執行役員・松谷昭(64)、大手広告会社「博報堂」の子会社「博報堂エルグ」(福岡市)執行役員・板垣信行(47)、自称障害者団体「白山会」(東京都文京区)会長・守田義国(69)、同会代表・倉沢邦夫(73)、同会職員・宍戸正明(58)、自称障害者団体「健康フォーラム」(同港区)代表・菊田利雄(61)の6容疑者。広告会社「新生企業」(大阪市西区、現・伸正)社長・宇田敏代(53)、元取締役・阿部徹(55)両被告(起訴)は再逮捕された。

 捜査関係者によると、若林、久保両容疑者らは、2007年2月、ベスト電器の家電製品のDMに白山会と健康フォーラムが発行する定期刊行物を同封、障害者団体のために郵便料金が割り引かれる「心身障害者用低料第3種郵便物制度」を悪用し、計約200万通を発送。正規料金は計約2億5700万円だったのに、計約1400万円しか支払わなかった疑い。

 ウイルコはこの日、若林容疑者が15日付で代表取締役会長を辞任したと発表。同社は昨年11月、違法性の認識を否定した外部調査報告書を公表しており、同社社長室は「報告書通りと認識しているが、捜査の過程を見守りたい」としている。ベスト電器と博報堂は「法令違反との認識はなかった」とコメントした。

(2009年4月16日22時00分 読売新聞)



1通8円格安郵便、うまみに群がるベスト電器や博報堂子会社 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
20090416_1272.jpg

 取引に関与した企業・団体が「うまみ」を分け合っていた――。

 16日、大阪地検特捜部が、広告主だった大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)などの強制捜査に乗り出した郵便法違反事件。約1190万通発送されたダイレクトメール(DM)で同社などが不正に免れた郵便料金は約13億円に上ったという。印刷・通販会社「ウイルコ」(石川県白山市)が広告会社「新生企業」(現・伸正)との間で問題の取引を始めたのは、創業者の若林和芳会長(57)の意向だったとされる。不正全体の構図が暴かれようとしている。

 「格安で郵送できるDMがある。上場企業が何社も利用し、障害者にも役立つ」

 2005年5月、大手広告会社「博報堂」の九州支社(福岡市)にウイルコの担当者が営業に訪れた。ウイルコはすでに新生企業と組んで自社商品のDMを大量発送しており、障害者団体のための割引制度による差益の大きさを知り尽くしていた。

 “格安”の取引話は博報堂の子会社「博報堂エルグ」が翌月、博報堂側が「超お得意様」とするベスト電器に提案した。2か月後には、ベスト電器の広告付きDMに障害者団体発行の定期刊行物が同封されて、顧客に届けられた。

 広告業界の関係者によると、ベスト電器は、顧客一人ひとりにアピールできるよう、テレビや新聞よりDMによる販促を重視していた。広告関係者は「業界内で勝ち残るため、広告経費の圧縮も魅力だったはず」と指摘する。

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度を利用すると、通常1通120円のところを8円前後で発送でき、差益が出る。ベスト電器のDMは08年2月頃までに計約1190万通が発送された。正規料金との差額は約13億円に上った。ウイルコと新生企業がそれぞれ1通4~5円の手数料、障害者団体が1通3円の報酬を得るなどしていたが、ベスト電器にとっても大きな経費削減になったとみられる。

 新生企業との取引で自社商品のDM約210万通を送っていた大手通販会社は「広告主の節減割合が最も多く、経費はかなり低く抑えられたはず」と証言する。

 郵便事業会社から差額分の返還を請求されている障害者団体の幹部は「もうかるから、みんなが食いついた。でも、一番得していた広告主の責任を追及しなければ、事件の本質は見えない」と話した。

(2009年4月16日15時05分 読売新聞)



「障害者団体に実態ない」郵便割引不正で白山会代表が供述 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度が悪用された郵便法違反事件で、自称障害者団体「白山会」(東京都文京区)が、前身の「凛(りん)の会」当時、制度適用のため日本郵政公社(現・郵便事業会社)に提出した厚生労働省発行の障害者団体証明書が偽造だった疑いのあることがわかった。

 同省に発行の形跡がないという。白山会代表の倉沢邦夫容疑者(73)は大阪地検特捜部の調べに対し、「障害者団体としての活動実態はなかった」と供述しており、特捜部は証明書発行の経緯を調べている。

 制度の適用を受けるには障害者団体を示す国や都道府県などの証明書が必要。

 関係者によると、白山会は2004年春、倉沢容疑者が「凛の会」として設立し、同年5月下旬には同省発行とする証明書を同公社に提出して適用を受けた。その後、定期刊行物を発行してダイレクトメール(DM)に同封し、制度を悪用していたという。

 06年ごろ、現会長の守田義国容疑者(69)に引き継がれ、団体名を白山会に改名。新たに刊行物「BRIDGE TO THE NEXT」を発行し、広告会社「新生企業」(大阪市、現・伸正)に名義を貸して1通1~3円の媒体手数料を得ていたが、障害者団体としての実体はなかったとされる。

 今回の問題が発覚した昨秋以降、郵便事業会社が、提出された証明書について厚労省に照会したところ、同省に発行の記録はなかった。同省では過去の申請書類すべてを保管しているが凛の会のものはなかった。

 厚労省が証明書を発行するのは障害者連盟などの全国的な組織に限られ、「凛の会」のような小規模団体に発行した例はなく、同省の当時の担当者も「申請を受けた記憶がない」と説明。証明書を確認した同省担当者も「当時の企画課長の役職名と公印が押され、一見して本物そのものだった」とするが、発行した形跡がないことから「本来の手続きを踏んだものとは考えられない」と話している。

 一方、自称障害者団体「健康フォーラム」は05年2月、菊田利雄容疑者(61)が設立。東京都港区社会福祉協議会にボランティア登録し、同年6月に東京都港区が障害者団体としての証明書を発行した。活動実態はほとんどなかったが、港区障害者福祉課は「ボランティア登録していたので活動実態を詳しく調べなかった。審査に問題がなかったか検証したい」としている。

 両団体とも設立間もなく証明書を提出して制度適用を申請しており、特捜部は制度悪用のための団体だった可能性が高いとみている。

(2009年4月17日03時02分 読売新聞)


郵便法違反:白山会、障害者団体の実態なく割引利用 - 毎日jp(毎日新聞)
郵便悪用、障害者団体「実態ない」──ベスト電器元部長ら容疑で逮捕 日経ネット関西版

障害者団体としての実体がない『白山会』が、障害者団体に適用される郵便料金の割引制度『低料第三種郵便』を悪用し不当な利益をあげていた事が発覚しました。

企業が普通にダイレクトメールを各家庭に発送すれば多額の発送料金を郵便局に支払わなければなりません。
しかしニセ障害者団体である『白山会』の定期刊行物を同封し『白山会』名義でダイレクトメールを発送すれば安価に送る事が可能。
白山会はそうした『企業へのダイレクトメール名義貸し』で不正に利益を得ていたのです。

『低料第三種郵便を利用すれば郵便料金を低額に抑えられます。その上、福祉団体を支援している企業としてイメージアップも狙えます』
広告代理店『新生企業』はこのような宣伝文句で障害者団体の定期刊行物を同封したダイレクトメール発送のメリットを強調していました。


一番の問題は、障害者団体としての実体がない『白山会』が、なぜ障害者団体のみに適用される郵便料金の割引制度適用を受ける事が出来たのか?という点です。

割引制度適用の為に『白山会』の前身団体である『凛(りん)の会』は割引制度適用の為に日本郵政公社(現・郵便事業会社)に厚生労働省発行の障害者団体証明書を提出しています。

厚生労働省が障害者団体証明書を発行するのは通常は全国的な組織に限られます。
『白山会』『凛(りん)の会』のような小規模な組織に発行した例は存在していません。
厚生労働省には過去の障害者団体証明書発行記録が全て残されていますが、『凛(りん)の会』への障害者団体証明書発行記録は存在していません。
『凛(りん)の会』が日本郵政公社(現・郵便事業会社)に提出した厚生労働省発行の障害者団体証明書自体が偽造されたものである可能性が高いようです。

一連の郵便法違反事件、どうやらある政治家も関与していた疑いもあるようです。書類の偽造でニセ障害者団体である『白山会』はまんまと『成りすまし』割引制度適用を受ける事に成功しました。
しかし強引な不正行為の中で、不審に思った日本郵政公社側がダイレクトメール発送を断ったケースが存在していました。
そうした際に日本郵政公社側に政治的圧力をかけ、不正行為を後押しした疑いがもたれる政治家は一体誰なのでしょう?

黒マッチョニュース 【政治】 民主・牧議員「自分は知らない」…牧議員の秘書、郵便割引不正事件でDM発送に関与
民主・牧衆院議員秘書、DM発送に関与 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 障害者団体に適用される郵便料金の割引制度が悪用された郵便法違反事件で、民主党の牧義夫・衆院議員(51)(愛知4区)の秘書が、障害者団体「白山会」(東京都文京区)会長(69)から、大口郵便の発送について陳情を受けていたことがわかった。

 秘書が日本郵政公社(現・郵便事業会社)側に問い合わせた頃に、新東京郵便局(東京都江東区、現・郵便事業会社新東京支店)から最終的に発送できたという。

 牧議員は「秘書が相談を受け、郵政側に問い合わせたが、割引制度に絡む発送とは認識していなかった。自分は取材を受けるまで全く知らなかった」と話している。

 関係者によると、ベスト電器から2007年2月の販売会に向けたDM業務を受注した広告会社「新生企業」は、白山会発行の定期刊行物を同封したDMを発送するため、埼玉県内の二つの郵便局に持ち込んだ。だが、両郵便局は、DMの名義は白山会になっているのに、あて先が不明だった場合などに返送する先がベスト電器になっていたため、不審に思って発送を断った。

 新生企業から経緯を聞いた白山会会長は牧議員の事務所に相談。秘書が会長に同行し、日本郵政公社支社に問い合わせをした。その頃、新生企業が新東京郵便局にDMを持ち込んだところ、発送できたという。

 白山会会長は自ら経営する信用調査会社名義で、牧議員側に24万円を献金していたことが発覚している。

(2009年4月16日14時37分 読売新聞)



asahi.com(朝日新聞社):支援者の競合団体を国会で批判 郵便不正で民主・牧議員 - 社会
20090416_1272_02.jpg

 民主党の牧義夫・衆院議員(51)=愛知4区=が、障害者団体向けの郵便割引制度が悪用された事件で捜索を受けた「福祉事業支援組織・白山会」(東京都文京区)のライバル団体を批判する質問を国会でしていたことが分かった。白山会の会長は牧議員の長年の支援者で、会長側は議員側に政治献金もしていた。

 批判された団体は、郵便事業会社(JP日本郵便)の調査を受けて、ダイレクトメール(DM)広告に悪用していた刊行物を廃刊。一方で白山会側は業務を継続。関係者によると、DM広告の「顧客」を増やしていたという。

 国会質問があったのは、08年5月23日の衆院経済産業委員会。牧議員は、兵庫県尼崎市内などの三つの障害者団体が制度利用の承認を受けて発行していた定期刊行物を掲げながら、精力剤やアダルトグッズの広告が載っていることなどを指摘。「悪徳商法の温床になっている」などと批判し、日本郵便の対応を求めた。

 批判された団体は、尼崎市内の広告会社と提携する形で、制度を悪用したDM広告を取り扱っていたが、広告の受注をめぐって、白山会や白山会と提携していた大阪市西区の「新生企業」=大阪地検特捜部が郵便法違反容疑で社長らを逮捕・起訴=と、激しい価格競争をしていたという。

 白山会は昨年末、制度を悪用していたとして日本郵便から利用の承認を取り消され、免れた数億円の郵便料金を請求されているほか、今年2月には特捜部から、新生企業の容疑の関係先として捜索されている。

 一方、複数の関係者によると、白山会の会長は牧議員の長年の支援者で、97年から02年にかけて複数の会社の役員として共に名を連ねていたほか、白山会の運営に関係している男性が牧議員の秘書を名乗っていた時期もあったという。

 また、白山会の会長は自ら社長をしている興信所名で、牧議員が代表を務める「民主党愛知県第4区総支部」に07年2月に12万円を寄付している。

 牧議員は、国会議員の秘書などを経て00年に衆院議員に当選。現在3期目。昨年10月には、マルチ商法業界の政治団体から資金提供を受けていた問題が発覚している。

     ◇

 牧議員の事務所は取材に対し、「白山会の会長とは議員に当選する以前からの付き合いであることは事実です。しかし、白山会との関係は現在も過去もありません」などと回答。白山会の会長は、牧議員について「牧さんは長年の知り合いで、応援のために献金した。違法なことは何もない」と言っている。


また『自分は知らなかった』『秘書がやった事』ですかw
自ら国会質問で同業のライバル団体を批判・追及する事で『白山会』をアシストし、政治献金まで受けているようですが?
それでも『自分は知らなかった』ですか?
また随分都合の良い話です。

記事にもある通り、民主党の牧義夫・衆院議員は『民主党マルチ業界癒着』問題でもマルチ商法業界の政治団体から政治献金を受けていた1人です


「白山会」名義貸しは20社以上、会長の報酬は数千万円 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)が障害者団体の定期刊行物に適用される割引制度を悪用したとされる郵便法違反事件で、自称障害者団体「白山会」(東京都文京区)が2004年の設立以降、ベスト電器以外にも、通販会社など20社以上に名義を貸していたことがわかった。

 会長の守田義国容疑者(69)が得た報酬は数千万円に上るという。

 捜査関係者らによると、白山会は04年春、代表の倉沢邦夫容疑者(73)が「凛(りん)の会」として設立。間もなく制度の適用を受け、広告会社「新生企業」(現・伸正)などと提携して、定期刊行物を違法ダイレクトメール(DM)に同封して発送。新生企業からは寄付金名目でDM1通につき1~3円程度の名義料を受け取っていた。

 06年頃、守田容疑者が倉沢容疑者に「顧問料」として毎月10万円を支払って、実質的な運営を引き継ぎ、凛の会を白山会に改名した。

 逮捕前、取材に応じた守田容疑者によると、白山会がこれまでに名義を貸した広告主は、ベスト電器や大手通販会社、紳士服チェーン、健康食品会社などで20社を超えるという。

 郵便事業会社(日本郵便)は問題発覚後の昨年12月、正規料金との差額分として、白山会に約6億5000万円の返還を求めている。

(2009年4月19日03時06分 読売新聞)



郵便不正:議員事務所で伝授 白山会創設者が会長に手口 - 毎日jp(毎日新聞)
20090420_1272.jpg

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便法違反事件で、障害者団体「白山会」会長の守田義国容疑者(69)が、支援する国会議員の事務所などで同会創設者の倉沢邦夫容疑者(73)と出会い、制度悪用の手口を伝授されていたことが分かった。倉沢容疑者はかつて別の国会議員の秘書を務めたことがあり、大阪地検特捜部は、守田容疑者が違法ビジネスを拡大させていった背景には、こうした政治家人脈があったとみて経緯を聞くとみられる。

 伝授の場所となったのは、民主党の牧義夫衆院議員(51)=愛知4区=の事務所。関係者によると、守田容疑者とは牧議員が鳩山邦夫総務相の秘書時代(87年8月~98年12月)に知り合った。今でも2、3カ月に1度は会う関係という。一方、倉沢容疑者は元々、石井一二・元参院議員の秘書で、事務所で一緒だった後輩秘書が牧議員の下に転属して以降、牧議員の東京都内の事務所を頻繁に訪問するようになった。

 両容疑者は05~06年ごろ、牧議員の関係者を通じて紹介され、牧議員の東京都内の事務所で初めて面会。後援会の集まりでもよく会うようになった。倉沢容疑者は当時、白山会の前身「凜(りん)の会」代表で、04年から割引制度を悪用してダイレクトメール(DM)を発送していたが、手間がかかり、会の運営に支障が出始めていた。牧議員の関係者は守田容疑者を「経営のプロ」として紹介し、守田容疑者が「白山会」として倉沢容疑者の事業を継承。事務所での会話で手口なども伝えられ、守田容疑者は違法DMビジネスに傾倒していったという。

 一方、守田容疑者はこうした交流を機に、牧議員の秘書との距離も縮めたとみられる。この秘書は07年1月ごろ、違法DMの発送が埼玉県内の郵便窓口で拒否された後、守田容疑者の陳情を受けて、日本郵便に同行。その後、新東京支店で発送が認められた。また守田容疑者が経営する経営コンサルタント会社は07~08年、牧議員が代表の民主党支部に計24万円を献金している。【林田七恵、久保聡】
2009年4月20日 2時30分(最終更新 4月20日 10時34分)


毎日新聞の記事では倉沢容疑者は元々、石井一二・元参院議員の秘書とされていますが、同容疑者は、民主党の石井一副代表・参院議員の元私設秘書でもありました。

こうした福祉の名を語った卑劣な犯罪は許しがたい行為です。
犯罪に関わった政治家がいるならば、ぜひとも炙り出して欲しいものです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:愛信 #NN.duJvQ | 2009/04/26(日) 17:48 | URL[ 編集]
    これは正に対日宣戦布告。

    裸フルチン騒ぎはこれを隠すための演出かも知れない。

    【動画ニュース掲示板】
    http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

  2. 名前:  #- | 2009/04/26(日) 21:32 | URL[ 編集]
    >米1
    むしろ、鳩隠しでは?

    国会議員の権威を後ろ盾に変な商売を応援するのやめて欲しい。

    当時民主党国会対策委員長の山岡賢次衆院議員が当時会長を務めていた
    マルチ商法業界支援の議員連盟が、悪徳商法への注意を呼びかける広報誌を出した三重県内の社会福祉協議会へ脅迫めいた意見書を送ったそうです。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1272-45ef2032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
郵便はかり改定版 郵便料金表示機能付きデジタルスケール DS2005アスカ商品価格:15,540円レビュー平均:4.67 郵便料金郵便料金封書で少し重く思うので差し出し郵便局で計ってもらったらぎりぎり80円でいいといいます。これを80円切手貼って出したら受け取りの郵便局で...
2009/04/26(日) | 大人のためのアイドル芸能ネタ&ニュース
you sayゆうパックの伝票の郵便料金の欄について? you sayゆうパックの伝票の郵便料金の欄について?本日初めてYou Sayゆうパックを利用したところ、局員の方が料金の所に割引前の料金を記載されたのですが(割引後の金額を書かれても請求額と違うので困るのですが…)
2009/04/27(月) | 今日の笑っちゃう超オモシロニュース
郵便不正事件が暴く郵政民営化の混迷(ニュースを斬る)[News]<プライム>郵便料金割引制度不正で400万通発送 民主・牧議員の秘書関与…障害者団体向け郵便割引制度を悪用、郵便法違反事件
2009/04/27(月) | 小林優美 画像掲示板 ブログ 公式
民主党の牧義夫衆院議員事務所で 『郵便不正』伝授 毎日新聞 2009年4月20日 2時30分 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便法違反事件で、障害者団体「白山会」会長の守田義国容疑者(69)が、支援する国会議員の事務所などで同会創設者の倉沢邦夫容疑者(73)と出会...
2009/06/01(月) | ちょっとニッチなニュースダイジェスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。