NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A6ニュース(゚Д゚) 「戦争ゲームに興じる大人の姿は子どもたちに悪影響」 サバイバルゲーム場設置計画に住民らが懸念
asahi.com住民、子への影響懸念 八王子-マイタウン多摩

 八王子市の住宅地近くに空気銃で模擬弾を撃ち合うサバイバルゲーム場設置計画が持ち上がり、「戦争を連想させ、子どもたちの心への影響が心配」と住民らが懸念している。開発許可の権限がある都では「過去に例が無く、今は法がどう適用されるか分からない」と困惑している。(岩城興)

 サバイバルゲームは敵味方に分かれ、プラスチック製などの模擬弾(BB弾)を撃ち合う競技。迷彩服を着て遊ぶ人が多い。ゲーム場が計画されているのは市中心部から南東約5キロの中山地区で、山林の一部約1.6ヘクタール。愛好家でもある市内の元会社員の男性(33)が3月、運営会社を設立。地権者らから山林を借り、今夏の開設を目指している。周囲には北野台、絹ケ丘など計約5千世帯の大規模な住宅地が広がる。約300メートル南側には保育園や小中学校もある。

 このため、3月上旬の初の説明会後、地元住民から「戦争ゲームに興じる大人の姿は子どもたちに悪影響」との声があがった。同月下旬には、住民や各学校長らでつくる青少年対策中山地区委員会が反対の署名活動を開始。1週間で約1万人の署名を集めた。9日に同市の黒須隆一市長に提出する。

 運営会社の男性は「ここまで反発されるとは」と戸惑いつつ、ゲームを「あくまで陣地を取り合うスポーツ」と説明する。計画では、周囲に模擬弾が飛び出ないよう森林の内側に高さ3~4メートルのネットを設置。外部から見えづらいよう配慮するという。使用するBB弾は、微生物に分解されるバイオ玉だけを許可。山が荒れないよう下草刈りなどをし、山菜採りなど地元開放も考えているという。男性は「河川敷などで無秩序に競技する人も多い。一般にゲーム場に来る人のマナーはよく、こちらもきちんと管理したい」と理解を求める。

 しかし同委員会会長の篠原由紀子さん(55)は「ゲーム自体を否定はしない。しかし付近は通学路や園児の散歩コースにもなっており、ゲーム場が出来て住環境が良くなることはない」と指摘。「なぜ文教地区の隣でやらなくてはいけないのか」と話す。

 都などによると、計画地は「市街化調整区域」にあたり、原則として建物設置や土地造成など開発行為が制限される。ただしゲーム場は自然の中でエアガンを楽しむので、山林自体は残る。ネットを張ることにも問題はないという。運営会社と開発の事前協議をしている市開発指導課は「まだ情報収集の段階。事業計画を詳しく検討していきたい」と話している。


『サバイバルゲーム場運営会社』と『朝日新聞&自称地元住民』の対決ですね。
『朝日新聞&自称地元住民』という組み合わせがまた『怪しさ万点』なのですが、『サバイバルゲーム』というものに無知である人が不安に思うのはまあ分かります。

朝日新聞はまた勝手に『軍靴の足音が聞こえる!』と、勝手に脳内でいろんなものを聞いちゃって、問題化しようと必死に煽っているのでしょう。
しかし『住民』の方はそれほどヒステリックな論調でもないようです。
きちんと手続きし具体的に安全面にも環境面にも配慮している市内に住む男性が設立した『サバイバルゲーム場運営会社』との話し合いで相互理解が進む可能性もあり、『今後の展開次第だなぁ』と少し様子を見るつもりだったのですが…


ああ、昔にもどりたい 「サバイバルゲーム場計画で、小学生の娘が号泣した!」 住民ら次々に猛反発→会社側、当面事業凍結の覚書交わす…東京
痛いニュース(ノ∀`)「小学生の娘が計画を知って号泣」 サバイバルゲーム場計画説明会で住民猛反発
asahi.com(朝日新聞社):サバイバルゲーム場「怖い」 計画説明会で住民猛反発 - 社会

 八王子市中山地区のサバイバルゲーム場設置計画に住民らが反対している問題で、地元住民らでつくる青少年対策中山地区委員会(篠原由紀子会長)は11日、地元の市立中山中学校体育館で経営会社側を呼んで住民説明会を開いた。経営会社側から社長の男性(33)ら3人が出席。住民300人超が詰めかけた。

 まず計画内容などについて同委員会が事前に出していた公開質問状への回答を紹介。その後、住民らが質問や意見を述べた。「小学生の娘が計画を知って号泣した。怖がっている」「山林の脇は園児が散歩するコース。事故があってからでは遅い」「目の前に住んでいる。恐怖感で暮らすのは嫌」などと口々に反発の声をあげた。

 計画地の南約300メートルには、同中学や小学校、保育園が並ぶ。住民から文教地区の近くにゲーム場をあえて設ける理由や、細かい事業計画の内容について問われ、経営会社側が答えに窮する場面が再三あった。このため住民側からの要請で再度の説明会開催が決定。それまでは会社側が事業を凍結する内容の覚書を、会場で取り交わした。


あっという間に反対している自称『住民』の主張が一気にヒステリックな胡散臭い論調になってしまいました。

『小学生の娘が計画を知って号泣した。怖がっている』って…
小学生の娘がサバイバルゲームの詳細を知っているとは思えません。
サバイバルゲームに好意的な考えで興味を持っている小学生の娘ならば、詳しく知っているケースもあるでしょう。
ですが、『批判的な女子小学生』が、『計画を知っただけ』で、『号泣』はさすがに無理がありすぎます。
ありえるとしたら誰かがサバイバルゲームに対して事実と異なる大袈裟な批判的危険情報をこの『小学生の娘』に吹き込んだのでしょう。
ヒステリックな反対運動をして騒いでいる大人達に怯えた子供が号泣したのならば自然です。

プロ市民の子供はサバイバルゲームと言う言葉で号泣するらしい件 生方書房ニュース文庫

反対派に『軍靴の足音』が聞こえまくっている反日極左連中が大量に紛れ込んでいるようですね。
子供をダシに使った、おかしな批判が出てきた段階で、娘をを持つ私としてはもう反対派を一切擁護する事は出来ません。


反対派の皆さん、少し落ち着きましょう。
現在の『環境』を残したいのならば、地権者の合意を得て正当な対価を払い、サバイバルゲーム運営会社に対しても合意を得て同条件以上の代替地を用意し移転にかかる費用を負担すれば良いのです。
実に簡単な話ですよね?

地権者は貴方達の快適な環境を守るために土地の権利を保有し維持費を支払っているのではないのです。
怪しい主張ばかりしていないで、『環境』が欲しいのならば、その対価を住民協力で支払えば良いだけです。
環境は無料で手に入るものではないのです。

貴方達がそこに家を立て越してきた時にも、環境を破壊した『新参者』に対し『不安で目障り』と思っていた『先住者』は居たのです。

サバイバルゲーム場運営会社が法に従い正当な手続きを行い、地権者にも正当な対価を支払っている以上、自分勝手な妄想・偏見でヒステリックな根拠のない仮定ばかり並べても何も解決しないと思います。
偏見のみで根拠も無く大声をあげている姿を見せる事の方が、遥かに『子供達に悪影響』ではないでしょうか?
サバイバルゲーム場運営会社を設立した男性も市内に住む『地元住民』であり、手続きを無視して勝手に入り込みやりたい放題している『無法者』ではないのですから。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2009/04/18(土) 04:01 | URL[ 編集]
    反対運動を呼びかけているのは「八王子・生活者ネットワーク」
    ttp://hachiouji.seikatsusha.net/back/item/all/1239178355.html

    親団体の「東京・生活者ネットワーク」のリンク
    国際・平和
    ■アジア女性資料センター
    ■環境保護団体グリーンピース・ジャパン
    ■国際環境NGO地球の友ジャパン
    ■日本ネグロス・キャンペーン委員会(JCNC)
    ■NPO法人日本国際ボランティアセンター
    ■WORLD PEACE NOW
    ■シェア=国際保健協力市民の会
    ■PEACEBOAT
    ■WE21ジャパン
    ■江戸川NGO大学
    ■ヒバクシャ世界の終わりに
    ■スナーダイクマエ孤児院
    ■マガジン9条
    ■NPO法人地球の木


    どうみても反日左翼です。

  2. 名前:名無しさん #- | 2009/04/18(土) 04:08 | URL[ 編集]
    反対派の反日プロ市民のほうがよほど不健全だろ
    主義主張のために子供を泣かせ利用する奴らには同意できない

  3. 名前:サダヲ #- | 2009/04/19(日) 20:17 | URL[ 編集]
    子供をダシに使っている時点で、向こうの負け。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1257-daab939f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。