NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
常識的に考えた 【宇宙】スペースデブリ接近で、国際宇宙ステーション(ISS)の軌道を一時変更 デブリは中国ロケットの破片で直径約10センチ
宇宙基地の軌道を変更=中国ロケットの破片接近で(時事通信) - Yahoo!ニュース
3月23日6時55分配信

 【ヒューストン(米テキサス州)22日時事】米航空宇宙局(NASA)は米中部時間22日午後(日本時間23日朝)、若田光一さん(45)が滞在中の国際宇宙ステーション(ISS)に、宇宙ごみ(デブリ)が接近したため、ISSの軌道を変更した。

 NASAによると、デブリは中国が1999年に打ち上げたロケットの破片で、直径約10センチ。ISSの軌道と交差し、23日の船外活動に危険が生じる恐れがあるため、同日午後3時(同23日午前5時)ごろから、ISSの高度を下げて、デブリを回避する措置を取った。

 ISSには若田さんら長期滞在要員3人のほか、ドッキング中のスペースシャトル「ディスカバリー」の乗員7人がいるが、避難などはせず、通常の作業を続けている。


【宇宙】スペースデブリ接近で、国際宇宙ステーション(ISS)の軌道を一時変更 デブリは中国ロケットの破片で直径約10センチ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1237759975/
宇宙ゴミ、スペースデブリ関連のニュースが続きますね。
『柔らかNEWS』が『宇宙ゴミNEWS』にならないように気をつけながら書きましょうw

しかし宇宙ゴミの深刻化が散々言われていましたが、確かにこう頻繁に危険が迫るようだと対策が急がれるでしょうね。
例の『道連れロボット衛星』しか現在のところは現実的な対策はないのでしょうね。

前回の宇宙ゴミはたった8.5ミリというサイズで一時避難していましたからねぇ。
10cmものサイズになればその破壊力は相当なものでしょう。


関連記事
国際宇宙ステーションに『宇宙ゴミ』急接近、乗組員は脱出装置に一時避難
『宇宙ごみ』をロボット衛星で取り除く技術を開発、2011年度に実験着手
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1205-08e8ff0d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。