NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特定アジアニュース 脱北「日本人妻」が中国人4人を身内と偽り不法入国させていた!
NHKニュース “日本人妻家族”不法入国か (キャッシュ

 北朝鮮を脱出して帰国した、いわゆる日本人妻の女が、自分と関係ない中国人とみられる男女4人を家族と偽って不法入国させていた疑いが強まり、大阪府警察本部は日本人妻の家族の入国を認めている制度を悪用したものとみて、出入国管理法違反の疑いで女らを逮捕して詳しい経緯を調べることにしています。

 出入国管理法違反の疑いが持たれているのは、東京に住む60代の日本人妻の女と関東地方に住む中国人とみられる男女4人のあわせて5人です。

 警察の調べによりますと、日本人の女は昭和30年代に夫とともに北朝鮮に渡ったあと、数年前に北朝鮮を脱出して日本に戻りましたが、その後、女の娘や息子などを名のる男女4人が女の家族として来日したということです。
 しかし、女と4人の関係を警察が詳しく調べたところ、女の家族は今も北朝鮮で暮らすなどしていて、入国した4人は女と関係のない中国人とみられることがわかったということです。

 女は、これまでに警察が行った任意の事情聴取に対して、入国審査の際にうその説明をして4人の不法入国に協力したことを認めているということです。
 警察は日本人妻の家族の入国を認めている制度を悪用したものとみて、女らを逮捕して詳しい経緯を調べることにしています。
NHK 3月8日 7時33分



脱北家族装い不法入国=日本人妻と中国人4人逮捕-大阪府警など(時事通信) - Yahoo!ニュース

 北朝鮮から脱出し帰国した日本人妻が、家族に成り済ました中国人を不法に入国させていたとして、大阪、千葉両府県警は8日、入管難民法違反(不法入国など)の疑いで東京都板橋区相生町、無職斎藤博子容疑者(67)と中国人の男女4人を逮捕した。

 府警外事課によると、斎藤容疑者は「脱北の時お世話になった中国人に言われるままやった」と容疑を認めているという。脱北者の家族を装った不法入国事件の摘発は全国で初めて。
 逮捕容疑では、斎藤容疑者は2006年7月、めいに成り済ました自称金孝月容疑者(47)の受け入れ先になり、不法入国を手助けしたとされる。

 同課によると、斎藤容疑者は1961年、在日朝鮮人の夫(死亡)や長女と帰還事業で北朝鮮に渡り、子供5人を産んだ。01年2月に脱北し、朝鮮人ブローカーの案内で中国・延吉市に到着。かくまってくれた中国人夫婦から偽装入国を持ち掛けられたという。

 夫婦のうち女は斎藤容疑者の「長女」として同年8月、一緒に日本に帰国。続いて自称金哲権(38)、孝月両容疑者が「次男」「めい」に成り済まして入国し、「長女」の夫の池青松容疑者(46)も来日。4人は風俗店などで働いていた。本物の長女とめいは既に死亡、次男は北朝鮮にいるという。長女を名乗る女は「わたしは日本人」と容疑を否認している。



不法入国:日本人妻ら5人逮捕 脱北帰国者の親族と偽装 - 毎日jp(毎日新聞)

 北朝鮮を脱出して帰国した「日本人妻」が中国人男女を親族と偽装して不法入国させたなどとして大阪、千葉両府県警合同捜査本部は8日、日本人妻で無職、斎藤博子容疑者(67)=東京都板橋区=と中国人男女ら4人の計5人を出入国管理法違反(不法入国など)容疑で逮捕した。日本国籍を持つ脱北帰国者の配偶者や子らの入国を認める入管制度を悪用した手口で、府警によると脱北帰国者の親族を装った不法入国の摘発は初めて。

 他の逮捕者は▽中国人で無職、自称金孝月(47)=同=▽同、池青松(46)=同=の両容疑者と30~40代の中国人男女。斎藤容疑者は「脱北の際、世話になった中国人に言われるままにやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑では斎藤容疑者は06年7月、金容疑者がめいになりすまし不法入国する手助けをしたとされる。金容疑者ら中国人男女4人は06~09年、斎藤容疑者の親族名などを自分の名と偽って入国するなどしたという。

 捜査本部によると斎藤容疑者は61年「帰還事業」で在日朝鮮人の夫や長女と北朝鮮に渡った後、子ども5人を出産。01年2月に脱北し8月、長女になりすました中国人の女と帰国した。その後、この女は出入国を繰り返していたという。

 斎藤容疑者は北朝鮮人ブローカーの手助けで脱北し、中国人の女とその夫の池容疑者に紹介され、かくまわれた。その際、池容疑者らから斎藤容疑者の親族を偽装し日本に入国することを持ちかけられた。本当の長女とめいは既に死亡、次男は北朝鮮にいるという。

 日本国内で金容疑者が飲食店従業員をしていたほか、池容疑者らは風俗関係の仕事などに就いていた。捜査本部は、ブローカーの役割や脱北から不法入国までの金銭授受などについて解明を進める。事件は08年12月初旬、府警に匿名の通報があり発覚。同月中旬、斎藤容疑者も支援者と府警を訪れ事態を話していた。

◇脱北帰国者170人、親族確認は口頭

 北朝鮮への帰還事業は、日朝の赤十字が祖国建設などを目的に1959~84年実施、在日朝鮮人ら計約9万3000人が北朝鮮に渡った。うち日本人妻は約1800人。経済状況悪化などで90年代後半から脱北者が急増、日本帰国は約170人に上るとされる。

 日本政府は、脱北者のうち日本国籍を持つ日本人には無条件で帰国を認め、配偶者や子らについても在留資格を与えている。支援団体によると、帰国者が残してきた親族を呼び寄せるケースが多い。その際、北朝鮮から身元証明を取り寄せることは難しく、外務省が北朝鮮での生活や家族構成を口頭で確認する程度。専門家からは「なりすまし」を懸念する声も出ていた。



asahi.com(朝日新聞社):脱北家族偽り不法入国容疑 日本人妻と中国人4人逮捕 - 社会
OSK200903070090.jpg

 北朝鮮への「帰還事業」で渡航し、脱北して01年に日本に帰国した日本人妻(67)=東京都板橋区=が、自分の親族と偽って中国人の男女を不法に入国させた疑いが強まったとして、大阪府警は8日、この日本人妻と中国人4人の計5人について出入国管理法違反(不法入国など)容疑で逮捕した。府警は、背後に中国人ブローカーら「脱北ビジネス」を請け負う組織があるとみて調べる。

 府警によると、脱北者の家族を装った不法入国の疑いでの摘発は全国で初めて。日本は国外からの難民や亡命者については、審査が厳しく受け入れ数が少ないとされるが、脱北した日本国籍がある人物とその家族は邦人保護の観点で受け入れている。身元を照会できる北朝鮮側の資料の入手は難しく、審査は口頭での確認が中心となっており、中国人らがこうした死角を利用したと府警はみている。

 府警や関係者によると、逮捕された日本人妻は、斉藤博子容疑者。在日朝鮮人の夫(死亡)と日本で結婚し、1961年に夫と当時1歳の長女と帰還事業で北朝鮮に入国。北朝鮮でさらに5人の子どもを産んだという。

 斉藤容疑者は00年ごろ、中国に脱北。01年8月、脱北の際に支援を受けた中国人ブローカーの指示で、長女になりすました中国人の女とともに日本に帰国した。さらに06年7月までに、次男、めい、長女の夫を北朝鮮から呼び寄せたと偽って中国人男女の不法入国を助けた疑いが持たれている。

 不法入国したとされる中国人男女の本名や年齢は不詳だが、その後東京や千葉、埼玉で日本人妻とは別々に暮らしている。斉藤容疑者の実際の長女とめいは北朝鮮ですでに死亡。次男は現在も北朝鮮にいるという。

 斉藤容疑者が昨年末、自ら不法入国にかかわったことを府警に告白し、事件が発覚した。府警の任意の調べに、「中国人ブローカーの指示で不法入国にかかわった。断れなかった」と供述したという。

 脱北者支援民団センター(東京)などによると、外務省は脱北者受け入れの際、帰還事業で出国する際に記録した名簿をもとに本人かどうかを確認する。家族については家族構成や北朝鮮での生活実態を本人と家族に面談などで確認し、矛盾がなければ渡航証明書を発給して、入国が認められる。府警は、逮捕状が出ている中国人男女は、斉藤容疑者と口裏を合わせて入国したとみている。

 外務省は朝日新聞の取材に対し、「脱北者を受け入れる際には、本人確認を行うが、確認方法については、事柄の性質上、詳細は差し控える」とコメントした。(板橋洋佳)



不法入国:脱北日本人妻ら、容疑で逮捕 中国人、親族と偽る - 毎日jp(毎日新聞)

 北朝鮮を脱出して帰国した「日本人妻」が中国人男女を親族と偽装して不法入国させたなどとして大阪、千葉両府県警合同捜査本部は8日、日本人妻で無職、斎藤博子容疑者(67)=東京都板橋区=と中国人男女ら4人の計5人を出入国管理法違反(不法入国など)容疑で逮捕した。

 日本国籍を持つ脱北帰国者の配偶者や子らの入国を認める入管制度を悪用した手口で、府警によると脱北帰国者の親族を装った不法入国の摘発は初めて。

 他の逮捕者は▽中国人で無職、自称金孝月(47)=同▽同、池青松(46)=同=の両容疑者と30~40代の中国人男女。斎藤容疑者は「脱北の際、世話になった中国人に言われるままにやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑では斎藤容疑者は06年7月、金容疑者がめいになりすまし不法入国する手助けをしたとされる。

 金容疑者ら中国人男女4人は06~09年、斎藤容疑者の親族名などを自分の名と偽って入国するなどしたという。

 捜査本部によると斎藤容疑者は61年「帰還事業」で在日朝鮮人の夫や長女と北朝鮮に渡った後、子ども5人を出産。01年2月に脱北し8月、長女になりすました中国人の女と帰国した。その後、この女は出入国を繰り返していたという。

 斎藤容疑者は北朝鮮人ブローカーの手助けで脱北し、中国人の女とその夫の池容疑者に紹介され、かくまわれた。その際、池容疑者らから斎藤容疑者の親族を偽装し日本に入国することを持ちかけられた。本当の長女とめいは既に死亡、次男は北朝鮮にいるという。

 日本国内で金容疑者が飲食店従業員をしていたほか、池容疑者らは風俗関係の仕事などに就いていた。捜査本部は、ブローカーの役割や脱北から不法入国までの金銭授受などについて解明を進める。事件は08年12月初旬、府警に匿名の通報があり発覚した。

 ◇ブローカーが手助け 昨年、本紙取材に斎藤容疑者
 斎藤博子容疑者は08年10月、東京都内の自宅で毎日新聞の取材に応じ、脱北の経緯を証言していた。その際、中国人がなりすましたとされる長女について「日本から戸籍を取り寄せ、長女も連れて帰った」などと話すとともに、中国国内でのブローカーの存在も示唆していた。斎藤容疑者は福井県出身で19歳の時、在日朝鮮人の夫と結婚。北朝鮮には、帰国事業に応じた夫と当時1歳の長女の計3人で61年に渡った。夫は93年に病気で亡くなったという。

 斎藤容疑者によると98年に「中国に行って(日本の)家族に電話してみないか」と声をかけてきた男性がいた。誘いに乗り、中朝国境の川を渡って越境。中国・長春に行き電話した。その際、男性に「ここまでの旅費はどうするんだ」と要求され、実家から代金代わりに背広などを送ってもらったという。

 その後、斎藤容疑者は北朝鮮に戻ったが、01年、再び男性がやって来て同様に誘われ、中国国内から電話したところ、つながらなかったという。男性は「では、日本に行ってみないか」と持ちかけてきた。家族を残すことになるが「日本に帰れるなんて考えたこともなかったが、迷った末、帰ることに決めた」という。

 脱北の経緯について「中国で商売をしている日本人を紹介され、日本から戸籍を取り寄せてもらった。そこに長女も載っていたので、男性に北朝鮮から連れて来てもらった」などと説明していた。

 ◇脱北帰国者170人 親族確認は口頭
 北朝鮮への帰還事業は、日朝の赤十字が1959~84年実施、在日朝鮮人ら計約9万3000人が北朝鮮に渡った。うち日本人妻は約1800人。経済状況悪化などで90年代後半から脱北者が急増、日本帰国は約170人に上るとされる。

 日本政府は、脱北者のうち日本国籍を持つ日本人には無条件で帰国を認め、配偶者らについても在留資格を与えている。支援団体によると、帰国者が親族を呼び寄せるケースが多い。その際、北朝鮮から身元証明を取り寄せることは難しく、外務省が北朝鮮での生活や家族構成を口頭で確認する程度だった。



asahi.com(朝日新聞社):脱北家族偽装 中国人容疑者、母国に1500万円送金 - 社会
OSK200903080042.jpg

 北朝鮮から脱北して帰国した日本人妻が、自分の親族と偽って中国人を不法に入国させたとされる事件で、中国人が日本から1500万円以上を中国に送金していたことが大阪府警などへの取材でわかった。府警は、中国人らが出稼ぎ目的で偽装入国を図ったとみている。府警は8日、日本人妻の無職、斎藤博子容疑者(67)=東京都板橋区相生町=と、中国人4人を出入国管理法違反(不法入国など)の疑いで逮捕した。

 外事課によると、逮捕された中国人は、40代とみられる氏名不詳の女=同区東坂下1丁目▽池青松(チー・チンソン、46)=同▽自称、金孝月(キム・ヒョウォル、47)=同▽自称、金哲権(キム・チョルグォン、38)=住所不定=の4容疑者。氏名不詳の女と池容疑者は斎藤容疑者の長女夫婦、孝月容疑者はめい、哲権容疑者は次男になりすまして01年8月~06年7月に入国。その後も日本と中国を行き来していたという。

 斎藤容疑者は、06年7月に孝月容疑者の不法入国を手助けした疑いがある。氏名不詳の女と孝月、哲権の各容疑者は06年7月~今年2月に不法入国して在留した疑い。池容疑者は孝月容疑者を不法入国と知りながら自宅でかくまった疑いが持たれている。

 府警によると、斎藤容疑者は調べに「北朝鮮から中国に渡ってから、(逮捕された)氏名不詳の女の家に半年間ほどかくまってもらった。脱北で世話になったので言われるままにやった」と供述し、孝月、哲権両容疑者とともに容疑を認めているという。氏名不詳の女は「私は日本人」と供述するなど、池容疑者とともに否認している。府警は中国人4人が親族で、池容疑者と氏名不詳の女が一連の偽装入国を主導したとみている。

 捜査関係者によると、氏名不詳の女は池容疑者とともに千葉県柏市を拠点に風俗店で働いていた。これまでの捜査で、01年以降に11回、計約1200万円を中国に送金していたことが確認されたという。

 また関係者によると、孝月容疑者も約2年半前から東京都新宿区の韓国料理店で勤務し、計約300万円を中国に送金したという。同店の経営者(38)によると、孝月容疑者は「脱北してきて兄弟がまだ北朝鮮に残っている」と周囲に話しており、中国に金を送る理由について「兄弟を呼び寄せるために1人あたり300万円ほどかかる。中国に送金すると、そこから仲間が北朝鮮に送ってくれる」と話していたという。



親族偽装の中国人「恩知らずには必ず報復」、日本人妻脅す 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 北朝鮮から脱出した日本人妻の親族を偽装した中国人の不法入国事件で、大阪府警が内偵捜査中の今年1月、日本人妻の斉藤博子容疑者(67)の「長女」になりすました氏名不詳の女の夫で、中国籍の池青松容疑者(46)が、斉藤容疑者に「恩知らずには必ず報復する」と告げて脅していたことが、関係者の証言でわかった。

 大阪府警は、不正入国を主導したとみられる池容疑者夫婦が捜査の動きを察知し、口止め工作をしていたとみて経緯を詳しく調べる。

 府警によると、池容疑者は中国人として正規の手続きで来日後、先に「長女」になりすまし不法入国していた女と結婚、就労可能な「日本人の配偶者等」の在留資格を取得。夫婦で風俗関係の仕事をし、これまでに千数百万円を中国に送金していたという。

 関係者によると、今年1月上旬、池容疑者から斉藤容疑者に突然、「恩を忘れたのか」「仕返ししてやる」と罵倒(ばとう)する電話がかかってきたという。

 すでに昨年12月に府警に「不法入国を手助けした」と打ち明けていた斉藤容疑者は、電話を受けた後、恐れて自宅のある東京を離れ、大阪に逃れたという。府警は、池容疑者が周辺に捜査が迫っていることを知り、斉藤容疑者が秘密を漏らしたと疑っていたとみている。
(2009年3月9日14時31分 読売新聞)



asahi.com(朝日新聞社):脱北日本人妻、中国の総領事館で偽証 「監視役」強要か - 社会
2009年3月10日8時1分

 北朝鮮を脱出して帰国した日本人妻の親族と偽って中国人4人が不法入国したとされる事件で、日本人妻の斎藤博子容疑者(67)=出入国管理法違反容疑で任意捜査=が、中国の日本総領事館まで赴き、次男とめいになりすましたとされる中国人男女について、自分の家族だとウソの証言をしていたことが大阪府警や外務省への取材でわかった。渡航には長女になりすましたとされる中国人女らが同行しており、府警は中国人らが「監視役」となり偽証を強要した疑いがあるとみている。

 外務省関係者によると、日本人妻の総領事館での証言が、中国人男女を家族と認定し入国を受け入れる決め手になったという。

 府警や支援団体関係者によると、この中国人男女は、次男になりすましたとされる自称・金哲権(キム・チョルグォン、38)と、めいになりすましたとされる自称・金孝月(キム・ヒョウォル、47)の両容疑者=いずれも同法違反容疑で逮捕。金哲権容疑者は04年ごろ、金孝月容疑者は06年ごろ、いずれも斎藤容疑者の家族と偽って、中国の日本総領事館に保護を求めたという。

 外務省は本人確認の方法を明らかにしていないが、脱北者支援団体「北朝鮮難民救援基金」によると、脱北した日本人妻らが中国経由で呼び寄せられるのは、3親等以内の親族まで。脱北者はまず、総領事館や大使館に電話や嘆願書で保護を求め、総領事館はそれを外務省に報告し、同省が国内の親族に聞き取り調査をしたり、資料があれば確認したりするという。

 この際、斎藤容疑者は金容疑者らが家族とする虚偽の内容を同省に報告。さらに長女になりすましたとされる中国人女らとともに中国の日本総領事館まで赴き、いずれも家族であると偽証したとみられている。

 外務省関係者によると、同省はこの証言について「北朝鮮の様子などを聞き出すよりも有力な証拠」と判断し、それぞれ渡航証明書を発給したという。金哲権容疑者は04年11月、金孝月容疑者は06年7月にそれぞれ不法入国した。

 同基金理事は「家族が中国まで迎えに行くのは極めて珍しい」と指摘。府警は、中国人女らが同行したのは事前に口裏合わせをしたうえ、都合の悪いことを言わせないためだったとみている。

      ◇

 外務省の薮中三十二事務次官は9日、会見で今回の事件について、総領事館などでの本人確認方法を見直しするかどうかについては「捜査中で立ち入って話す時期ではない」と述べた。これまでの本人確認については「慎重にやってきた」と述べるにとどまった。



不法入国幇助容疑で逮捕の脱北日本人妻 「中国人の入国を手助けした」 (2-2ページ) - MSN産経ニュース
2009.3.8 20:47

 帰還事業で北朝鮮に渡り、その後脱北して帰国した日本人妻が、中国人を自分の親族と偽り不法に入国させたとされる事件で、入管難民法違反(不法入国幇助(ほうじよ)の疑いで逮捕された東京都板橋区、無職、斉藤博子容疑者(67)が、大阪府警などの調べに対し「中国人の入国を手助けした」と容疑を認める供述をしていることが8日、分かった。

 府警外事課によると、ほかに逮捕された中国人4人のうち、斉藤容疑者の長女になりすましたとして、不法入国などの容疑で逮捕された40代の女は「私は日本人です」と否認。女の夫も否認しているが、ほかの2人は「私は中国人です」と認めているという。

 斉藤容疑者は昭和36年、在日朝鮮人の夫と長女(ともに死亡)の3人で北朝鮮に渡ったが、平成13年2月に脱北、中国の日本総領事館に駆け込み、日本に帰国した。その後は実名を公表し、シンポジウムに出席して北朝鮮での生活ぶりを明らかにするなど、日本人妻の救出を訴える活動も行っていた。

 府警によると、斉藤容疑者は北朝鮮人ブローカーに連れられて脱北。中国で40代の女と夫に引き合わされ、数カ月間かくまってもらったという。斉藤容疑者は昨年末、支援団体関係者と大阪府警に出頭し、「2人に恩義を感じ、言われるままに不法入国を手助けした」と告白していた。ほかの2人は40代の女の親族とみられる。

 府警の調べでは、斉藤容疑者は平成13年8月、長女になりすました中国人の女と一緒に日本に帰国。さらに16年11月に次男、18年7月に姪と偽り、中国人男女3人の不法入国を幇助した疑いが持たれている。

 日本人妻ら日本国籍を持つ脱北者は無条件で帰国が認められ、その家族も保護の観点から在留資格が認められている。ただ、公的な書類による審査が事実上不可能なため、外務省は当事者の面談だけで渡航証明書を発給しているのが実情という。

 これまでに帰国した脱北者の数は正式に公表されていないが、支援団体などの推計では入国者は百数十人に上り、ほとんどが呼び寄せられた家族とみられることから、府警などは、このほかにも同じ手口による不法入国者がいないか慎重に捜査を進める。


産経新聞の記事のみで指摘されている通り、確かに斎藤博子容疑者の名で検索してみると、実名を公表し北朝鮮帰国者シンポジウム等で盛んに活動している様子が確認出来ます。
その中で北朝鮮による拉致被害者と盛んに絡めて話をしています。

北朝鮮によって家族・人世をメチャクチャにされた拉致被害者とその家族の皆さんは当然『経済制裁継続・強化』を求めています。
ですが多数の北朝鮮帰国者シンポジウムや関係団体の主張は全く逆で、『北朝鮮帰国者問題は国の責任!』『解決の為に北朝鮮への制裁解除を!』と声高に叫んでいるようです。

しかしおかしな話です。本人の希望で日本を捨てる事を選んだ人達です。それが何故『日本の責任』になってしまうのでしょう?
何故その北朝鮮帰国者シンポジウムは北朝鮮拉致被害者と絡めて利用しながら、拉致被害者の足を引っ張るような真逆の主張をするのでしょう?

これでは国家主導での日本人拉致やミサイルで恫喝し金を要求し続ける日本人の安全を脅かし続けるテロ国家北朝鮮への利益誘導にしかなりません。
北朝鮮の望み通りに資金を与える事になってしまいます。
一度経済制裁を解除して活動資金を与えて国力を回復させてしまえば全ては台無しになり、テロ国家による新たな被害者を生み、拉致問題解決はますます先延ばしになってしまいます。

今回の事件といい、なにやらきな臭い匂いがしますね。
『北朝鮮による拉致問題は捏造』と主張し北朝鮮側を擁護し解決の為に動いていた日本政府の足を引っ張っていた恥知らずな政治家や左巻き団体が、北の将軍様が認めた事で拉致問題が『事実確定』した途端にすっとぼけて、今度は『早期解決の為に経済制裁解除を!』と北朝鮮側に有利な主張を展開しているのと、何かとても良く似ていますねぇ。

それを意識しながら各新聞社の記事を読むと答えが見えてくる気がします。
新聞社によってこの事件で『誰が“悪”なのか』の結論がかなり違うようです。

まあその話は置いといて…やはりDNA鑑定は必用ですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2009/03/13(金) 02:00 | URL[ 編集]
    なるほど・・・
    左に寄るほど「早期解決」=「制裁解除」=「北チョン擁護」になると。
    産経だけがきちんと斉藤博子容疑者の「日本人妻」政治活動に触れている。
    朝日・毎日は悪いのは全て国であるかのような心象操作をしているな。
    指摘されなきゃ気付かなかった。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1175-45a78509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。