NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【政治】 「尖閣諸島が侵攻されたら、日米安保条約適用」…米国務省が公式見解 まめのぐ 第二幕
「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解 政治 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】日本が攻撃された場合に米国が日本を防衛する義務などを定めた日米安全保障条約が尖閣諸島に適用されるかどうかの米側解釈の問題を巡り、米国務省は4日、適用されるとの公式見解を示した。

 読売新聞社の質問に答えたもので、当局者は「尖閣諸島は沖縄返還以来、日本政府の施政下にある。日米安保条約は日本の施政下にある領域に適用される」と述べた。このオバマ政権としての見解は日本政府にも伝えられた。

 これは、クリントン政権時の1996年と、ブッシュ政権時の2004年に、米政府高官が示した見解と同じだ。昨年12月の中国海洋調査船による尖閣諸島近海の領海侵犯以降、日本側は再確認を求めたが、米側が明言を避けてきた経緯がある。2日の国務省の記者会見でも、ドゥーグッド副報道官代理はこの問題に関する質問に、「持ち帰る」として、回答しなかった。

 日本政府筋によると、先月26日の衆院予算委員会で麻生首相が尖閣諸島への安保条約適用を米側に確認する考えを示したことを受けて、外務省が改めて、米側に再確認を求めていた。

(2009年3月5日14時52分 読売新聞)



MBSニュース 尖閣攻撃は安保条約の対象、米に確認

 河村官房長官は中国も領有権を主張している尖閣諸島が攻撃された場合の対応について、アメリカから日米安保条約の対象になるという確認をとったことを明らかにしました。

 「尖閣諸島は1972年の沖縄返還の一環として返還されて以来、日本国政府の施政権のもとにある。1960年の日米安保条約第5条においては日本の施政のもとにある領域に適用される」(河村建夫 官房長官)

 河村長官は尖閣諸島が日米安保条約の対象だというアメリカ側の従来からの見解に変更がないことを確認したと述べました。

 この問題で麻生総理大臣は国会答弁でアメリカ側に確認したいという意向を示していましたが、これによりオバマ政権になってからのアメリカ側の見解が初めて確認されたことになります。(06日00:15)



全方位土下座外交を続けていた日本が変わり始めましたねぇ。
麻生太郎首相の外交手腕は素晴らしいですね。
尖閣諸島の事は当事者同士で、知らね』とのアメリカ国防総省高官の発言をあっさりと訂正させ公式見解を出させました。

つい先日もロシアのメドベージェフ大統領との会談で北方領土問題解決をせまる強硬姿勢を見せてくれました。
麻生首相、露大統領に強硬姿勢 「具体的進展なければ関係つくれぬ」 - MSN産経ニュース
【北方領土】麻生首相、露大統領に強硬姿勢 「具体的進展なければ関係つくれぬ」[03-04]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1236177441/

まあでもどうせTVではまともに報じないでしょうから、相変わらず『自民党&麻生首相は何もやってない』事になってしまうのでしょうけどね。
ネガティブな情報ばかり大きく取り上げて流し続けるのでしょう。
そんなに麻生首相が憎いのでしょうか?
それとも余程都合が悪い『何か』があるのでしょうか?

そんな一方的な虐めレベルの誹謗中傷の中でも粛々と仕事を続ける麻生首相。
私には決して同じ事は出来ないでしょう。同じ立場ならば先に心が折れてしまいます。

出来るならば最後まで任期を全うして下さい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:名無しさん #- | 2010/05/11(火) 01:58 | URL[ 編集]
    妄想ソースを元に、自論に都合の良い嘘を流布している自称ジャーナリスト達がいます。

    普天間移設先はグアム、テニアンだと吹聴して回ったジャーナリスト達はどう言い訳するのか 週刊オブイェクト
    http://obiekt.seesaa.net/article/148857834.html
    有田芳生さんの言い訳は「ペンタゴンに聞いてごらん」でした。 週刊オブイェクト
    http://obiekt.seesaa.net/article/149080487.html

    にくきゅうさんのこの記事も、上記嘘吐きジャーナリストの三人(岩上安身氏、有田芳生氏、松田光世氏)にとって、とても都合の悪い記事になります。
    連中の作り上げた妄想嘘ストーリーと相容れない“真実”ですので、連中は無かった事にしようとするでしょう。

    非常に迷惑で困った連中です。
    ご注意を。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1164-6f4ceb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。