NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視力回復「レーシック手術」で67人が感染症…都内の眼科 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 東京都中央区の眼科診療所「銀座眼科」(溝口朝雄院長)で、レーザーを照射して視力を矯正する「レーシック手術」を受けた患者67人が、感染性の角膜炎や結膜炎を発症していたことが25日、わかった。

 厚生労働省医政局指導課によると、レーシック手術後にこれだけ多くの患者の感染症が発覚するのは異例。中央区保健所は同眼科を23日から休診にさせて、原因を詳しく調べている。

 区保健所などによると、67人は関東に住む17~66歳の男女。目の痛みやかすみなどの症状を訴え、2人が入院中という。

 25日に記者会見した溝口院長は、手術器具の滅菌が不十分だった可能性が高いと説明。「角膜移植が必要なケースが出る恐れがある。賠償なども誠意をもってしたい」と話した。

 レーシック手術は角膜にレーザーを当てて角膜の形を変え、視力を矯正する手術法。67人は2008年9月23日~09年1月17日に同眼科で手術を受けた639人の一部だった。

(2009年2月25日21時12分 読売新聞)


視力を良くする為の手術で感染症ですか。
しかしまた随分な人数ですねぇ。

まだ原因がはっきりと断定できている状態ではないようですが、速やかに原因を特定して再発防止を徹底して欲しいですね。

同時期に同診療所でレーシック手術を受けた人で、何かトラブルがある人は、医師等に相談してみた方が良いと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:小次郎(視力回復訓練中) #- | 2009/03/24(火) 16:13 | URL[ 編集]
    こんにちわ。小次郎です。

    銀座眼科の事件はひどいですね。
    視力をよくするはずが、
    失明の危険もあるっていう人もいるみたいだし。
    受けた人たちは災難だったと思います。
    また来ます

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1145-a95475b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。