NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高速鉄道に使う枕木15万本、すべて不良品ですた 特設ニュースちゃんねる - 最新ニュース、痛いニュース、ニュース速報の特設ニュースサイト
KTX欠陥工事:枕木15万本、すべて不良品 Chosun Online 朝鮮日報
20090217193736.jpg

 韓国高速鉄道(KTX)の第2期工事区間である大邱‐釜山間のレール敷設工事で、コンクリート製の枕木数百本に亀裂が入っていることが判明した問題で、工事に使われた枕木約15万3000本がすべて不良品だったことが確認された。これにより、工事費がさらに数十億ウォンかかり、工事期間にも遅れが生じることが避けられない見通しとなった。

 韓国鉄道施設公団と軌道の敷設を担当した「サムピョE&C」社、枕木を製造した「チョノン・レールワン」社などは16日、「2008年3月から現在までに、大邱‐慶州間の96.9キロの区間に設置された枕木は15万3394本だが、そのすべてで設計図に示された防水材ではなく、吸収材を使用していた」と発表した。このため、現在のところ亀裂が見つかっていない枕木も、雨水などがしみ込んで凍結すれば、すべて亀裂が入る可能性が高い。一方、同公団側はこの日、亀裂が入っていた枕木の数が、当初判明した222本よりも100本余り多い332本であることが分かった、と発表した。

大邱=チェ・スホ記者


コンクリート枕木自体ではなく、レールを枕木に固定するフックボルトに間違った充填剤を使用した事で、フックボルトが膨らんでコンクリート枕木を破壊しているのですね。
090220_1135.jpg

まあどちらにしてもコンクリート枕木は全部交換せざるをえないでしょうが。

既に設置してしまったレールを解体し、枕木を全て交換し元の状態に戻すのにたった『数十億ウォン』で済むとは思えませんが…
また新たなトラブルを呼びそうです。

KTX欠陥工事:欠陥品の枕木フックボルトは韓国製 Chosun Online 朝鮮日報

 韓国高速鉄道(KTX)の第2期工事区間である大邱-釜山間のレール敷設工事で発覚した枕木の亀裂は、専門性のないメーカーとずさんな現場監理による「共同作品」だった。軌道分野での経験者が一人もいない会社が不良品を生産し、現場監理業者は外国の技術を盲信するだけで十分な役割を果たせなかった。

 枕木を製造した慶尚北道尚州市化西面の「チョノン・レールワン」社は2006年12月、コンクリート製品メーカーの「チョノン工業」社と、ドイツの「レールワン」社の合弁で設立された。事実上、KTXの第2期工事のために設立された会社で、軌道分野での施工実績はまったくなかった。

 現在、約60人の社員が在籍しているが、軌道分野での経験を持つ社員は一人もいない。品質管理を担当する6-7人の管理職でさえ、建設現場でコンクリートやセメントを取り扱った経験はなかった、と会社側は話している。イ・ハンセ工場長は「社名を明かすことはできないが、全羅道のある業者が製造したフックボルト(枕木を固定する部材)の納品を受け、これを使って枕木を製造し、施工会社に納品しただけだ。亀裂が見つかっていなければ、今も(設計図に示された)防水材が使われているのか、吸収材が使われているのか分からなかっただろう」と釈明した。

 一方、工事現場の監理を担当した韓国鉄道技術公社は「枕木を製造した会社にはドイツの技術者たちが常駐しているため、製品の品質を疑うことはなかった」と語った。部材の監理を担当したチン・ヒョンムン課長(51)は「枕木の製造工程だけを監督していたため、枕木に使われるフックボルトに問題があるなどとは考えもしなかった。亀裂が見つかるまで、フックボルトはドイツで製造され、枕木に取り付けられたものとばかり思っていた」と述べた。

 これに対し、軌道関連の会社は「外国の技術にばかり依存し、専門性に欠けていたためにこうした事態になった」と指摘した。防水材として使われる半固形状の圧縮用潤滑油(50ミリリットル当たり250ウォン=約16円)は、吸収材に使われるスポンジ(1個当たり50ウォン=約3円未満)より5倍ほど高いが、単価が非常に安いことから、コスト削減のために不良品を生産したという可能性は低いという。軌道関連会社のある関係者は「この業者が、大邱から蔚山までの131キロ(上下線の合計)の区間(第4工区)で、枕木に吸収材を使うことによって節約できる金額は約4100万ウォン(約260万円)=差益200ウォン(約13円)×20万6514本=にすぎない。コスト削減よりも、経験不足がゆえに起こったトラブルだ」と話している。

 一方、監督官庁である国土海洋部は、枕木に亀裂が入っているのが見つかってから1カ月以上も報告を受けていなかった。同部とKTXを運行する韓国鉄道公社は「手抜き工事の実態について、専門家との合同調査団を派遣して調査を行っていく予定だ」と語った。



韓国高速鉄道 - Wikipedia

KTX開業前のトラブル集
【腰砕け】KTX開業後のトラブル集

韓国高速鉄道KTXに関しては、韓国が日本に無茶な要求をくり返しもめましたからねぇ。結局、日本の新幹線を採用せず、フランスのTGV車体を採用したのですが。
開業前は『KTXは純国産技術で作られた』と自慢げに公表していたのですが、トラブルが続出した途端に『車両を提供したフランスのせい』と責任逃れしたのはいつも通りの『お約束』です。
もし日本の新幹線を採用していたらまた『全部日本のせい』にされて大変な事になる所でした。

127 名前: すずめちゃん(関東地方)[] 投稿日:2009/02/17(火) 16:27:18.82 ID:9+nZQ5kC
・「買ってやるから新幹線の技術・権利を韓国に譲れ、事故の際には日本が補償しろ」と無茶な要求。
・結局は反日感情からフランス製を購入するが、案の定、事故多発。
・フランスの技術者が呼ばれたが、これは韓国側の責任と言ってさっさと帰国。
・困った韓国は日本に技術協力を要請。
・しかし、「今後事故が起こった場合は、技術協力した日本の責任」などとふざけた主張。
・日本側は当然協力を拒否。
・「フランス製を買ったのは、日本が韓国への新幹線輸出に熱心じゃなかったからだ」と責任転嫁。

・「すべて日本が悪い」と発狂。


まあ日本が全く絡んでいなくても『全て日本のせい』にされるのは変わらないんですけどね。それでも『日本には全く関係が無い』状態の方が、より韓国の主張が『単なる妄言』である事がはっきりするのでOKです。
日本がKTX絡んでいたら技術も奪われ事故やトラブルが起こる度に責任を全て押し付けられて、半永久的に『謝罪と賠償を(ry』となったでしょう。
危ない所でした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
  1. 名前:   #- | 2009/02/22(日) 12:38 | URL[ 編集]
    解決済みでない問題の原因は、全て日帝のせいニダ。

    日帝が関わった件は、日帝が悪い。
    日帝が関わらない件は、日帝熱心でない事が悪い。

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1135-b882b66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。