NEWSサイトです。解り易さを第一にユルく書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、昔にもどりたい グリーンピースの鯨肉窃盗 弁護側、「捕鯨船乗組員の横領行為を明らかにするのが目的だった」と無罪主張

 運送会社から鯨肉を盗んだとして、窃盗罪などで起訴された環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」メンバー、佐藤潤一(32)、鈴木徹(42)両被告の公判前整理手続きの第1回協議が13日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)で開かれ、弁護側は鯨肉の持ち出しについて改めて違法性を否定した。鯨肉の持ち出しが正当行為に当たるかなどが争点で、初公判は6月以降の見通し。

 弁護側は記者会見し、「捕鯨船乗組員の横領行為を明らかにするのが目的だった」と無罪を主張。佐藤被告も「鯨肉の横領があったかどうか、裁判で議論してほしい」と訴えた。

 起訴状などによると、2人は昨年4月、西濃運輸青森支店の配送所に侵入。調査捕鯨船乗組員が自宅などに宅配便で送った鯨肉約23キロ入りの段ボール箱1箱を盗んだとされる。



ヌコニュース 【青森】「鯨肉を盗んだのはジャーナリストに保障されている『表現の自由』なので逮捕は不当」 グリーンピース弁護側が無罪を主張
鯨肉窃盗:弁護側、無罪を主張--公判前整理手続き /青森 - 毎日jp(毎日新聞)

 国際環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」(GP)=東京都新宿区=のメンバーによる鯨肉窃盗事件で、窃盗と建造物侵入の罪に問われたGP海洋生態系問題担当部長、佐藤潤一(32)ら2被告の第1回公判前整理手続きが13日、青森地裁(渡辺英敬裁判長)であり、弁護側は無罪を主張した。次回手続きは3月23日。

 地裁によると、争点は
▽鯨肉を自分のものにしようとする不法領得の意思があったかどうか
▽持ち出した目的に照らし、行為に正当性があるかどうか
▽国際人権規約により保障されるか
--の3点。

 会見を開いた弁護側は、国際人権規約を根拠に「鯨肉を持ち出して横領の実態を告発した行為は、ジャーナリストに保障されている『表現の自由』と同等のもの」主張。逮捕、起訴は同規約に反するとした。

 起訴状によると、佐藤被告とGPメンバーの鈴木徹被告(42)は昨年4月16日、西濃運輸青森支店(青森市)に侵入し、宅配用段ボール箱に入った鯨肉23・1キロ(5万8905円相当)を盗んだとされる。【矢澤秀範】

毎日新聞 2009年2月14日 地方版



グリーンピース“鯨肉横領疑惑の証拠品”鯨肉を無断持ち出し、食す
グリーンピース幹部ら2人窃盗容疑で逮捕、即時釈放求める声明発表
【グリーンピース】鯨肉窃盗の佐藤容疑者『部下が持ち出した』と供述
の続報です。

捕鯨船乗組員の横領行為は無かったと結論は既に出ています。
というか例え横領だったとしても窃盗で建造物侵入です。
横領であろうが無かろうが窃盗で建造物侵入です。
まだそんな妄言を吐き続けているのですねぇ。往生際の悪い事で。
被告が無反省である事は明らかですね。

自分達の勝手な思い込みで運送会社配送所に侵入し調査捕鯨船乗組員の荷物を盗んだ行為を『正当なもので無罪だ』と言われても…
『証拠を得た』と誇らしげに会見を開いていましたが、それは横領の証拠でもなんでもなく、全て妄言でした。

この主張が通るならば、窃盗の容疑の濃厚なグリーンピース・ジャパンの事務所に私が取材・告発の為に無断侵入し『証拠の品だ』と勝手に物を持ち出しても無罪になってしまいますよ。
この件が無罪になった時の事を考えて、『柔らかNEWS』も今からウォームアップを始めますかw

警察でさえ裁判所の許可が無くては出来ない事を何の権限も無い民間団体がやって許されると思っているのがこういう極左団体の怖い所です。
こういうカルトな思想を持った犯罪を平気で行う組織には団体規制法なり破防法なりを適応しメンバーの動きを常にチェックする体制が必要です。

このグリーンピース・ジャパンの主張が通る可能性が低い無理筋であることは、法律の専門家である弁護士ならば当然承知しているはずです。
『雇われだから仕方が無い』と弁護士を擁護する意見も多いですが、私はこういう社会正義を乱す低モラルな主張を平然と行う弁護士を擁護出来ません。
社会正義に反すると思うならば弁護人を降りれば良いのですから。

果たして本件の弁護士は誰なのか?
その答えを探しにグリーンピース・ジャパンのHPに行ってみました。

Greenpeace 2009-02-13「表現の自由」の保障により2人は無罪――調査鯨肉裁判:第一回公判前整理手続きで弁護団が主張』 (Web魚拓

(前略)海渡雄一主任弁護人は「今回は環境NGO活動家の市民的自由、とりわけ表現の自由がどのような場合(以下略)


主任弁護人は海渡雄一さん…って元グリーンピースジャパン理事長の海渡雄一氏ですか!

『雇われ弁護士』じゃねぇ!思いっきり身内じゃないですか。

本件で妙に弁護士擁護意見が多いと思って逆に気になっていたのですが…なるほどそういう事ですか。
また騙されるところだったよ…

最近、何らかの誘導を目的とした怪しい書き込みが一気に増えましたね。
信頼出来る所以外は全て疑って自分で調べ直す必要があるようです。

グリーンピースのHPからは海渡雄一氏の名前が尽く消滅していますが過去の自己紹介ページ (Web魚拓)にはしっかりと残っていました。

海渡雄一氏の奥さん(事実婚)である福島瑞穂社民党党首はこの件についてどのような意見をお持ちなのでしょうか?ぜひともお聞きしたいですね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://yawanews.blog82.fc2.com/tb.php/1130-5a487977
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。